大型犬の頬をぷにっとつまんだ動画が、Twitterで反響を呼んだ。オオカミ犬やロットワイラーの飼育を手掛ける犬舎「wild-bullet」のアカウントである。オオカミ犬は成犬になると体重15キロを超え、鶏1羽を丸ごと食べ、1日2~3時間の運動が必要になるという。生半可な覚悟では飼えない犬種だが、wild-bulletの担当者・東又さんは「オオカミ犬のマイナスイメージを少しでも変えていきたい」とTwitterなどで情報を発信している。そんな東又さんに、オオカミ犬の魅力について聞いてみた。

【写真】ここまで大きくなる? もふもふのオオカミ犬、成長具合にビックリ

■体のどこに触れても大丈夫なように、普段からコミュニケーション

――東又さんはオオカミ犬やロットワイラーのブリーダーをされているそうですが、全部で何頭くらいの世話をなさっていますか?
【東又さん】全部で25頭います。過去には別の犬種も飼育したことがありますが、オオカミ犬とロットワイラーの性質に特に魅力を感じて、この2犬種を飼育しています。

――Twitterアップされたオオカミ犬の動画を拝見しました。されるがまま動じないオオカミ犬について「ちょっとくらい怒ってもええんやで……」とコメントされていましたね。
【東又さん】この子はティーガという名前のオスで、うちで生まれた子です。母犬の出産時にはへその緒を切ったりして介助し、一緒に子育てしてきました。

――動画投稿には「和みました」「ママさんのこと好きなんですね」「うちの犬でもここまでさせないので、うらやましくもある」など、たくさんの反響がありました。それを受けていかがですか?
【東又さん】「可愛い」「カッコイイ」という感想は、うちの子をほめられているようでとてもうれしかったです。でもなかには「かわいそう」というコメントもあって。私のなかではそれが印象に残っています。

――投稿には「ちょっとぐらい怒ってもええんやで…」とコメントされていましたね。
【東又さん】「もし嫌なんやったら、ちょっとぐらい怒ってもええんやで・・」という意味でしたが、「怒ってもいい=怒って当然の酷いことをされている」という受け取り方をした方もいらしたようです。実際には顔周りの皮はよく伸びるので、そんなに力も入れていないんです。

――自由に触らせてくれるオオカミ犬の動画投稿を見て、飼い主さんと犬の間には強い信頼関係が築かれていると感じました。こうした信頼関係を築くために、どんなことを心掛けていますか?
【東又さん】信頼されるためには、単に可愛がるだけでなく、警戒心の強いオオカミ犬の性質を知り、何をしたら嫌がったり怖がったりするのかを熟知した上で、そういう行動を取らないことが大事です。そして、怯えているときには寄り添い、安心感を与えてあげられるように努めています。ケガや病気をした際にはその部分を確認しなければいけないので、身体のどこを触っても犬が嫌がらないというのは大事なことなんです。じゃれあいの一環として、普段から身体のあちこちを触ってコミュニケーションを取っています。

■「犬よりも猫に似た性格」今後もオオカミ犬の魅力を伝えたい

 Twitterの投稿には、広い敷地でトテトテと駆け回る、あどけないオオカミ犬の子犬たちや、ニッコリ笑顔でどーんと寝転びお出迎えする成犬の姿も見られる。

――オオカミ犬は、その見た目から“怖い”印象をもつ人もいると思いますが、実際にはどんな特性がありますか? また、人間に対してどんなスタンスをとる子が多いですか?
【東又さん】オオカミ犬と聞くと「襲われるのではないか?」という印象を持たれがちですが、それは違います。警戒心が強い分、むやみやたらに(相手に)近づいて襲うようなことはなく、まず警戒対象からは距離を置いて観察します。その後、徐々に心を開きますが、その開き方は個体差が大きいです。飼い主にはとても懐きますが、媚びることはないので、見学に来られた方にも「犬よりも猫に似た性格です」と説明しています。

――大型の犬を飼育されて、大変だと思うことはありますか?
【東又さん】やはり大型犬は一緒に遊ぶときも、老犬になって介護が必要になったときも体力がいるので、飼う側の年齢や普段からの自分自身の健康には気を使います。それと、医療費や食費が小型犬に比べると2倍どころではすみません(笑)

――東又さんにとって、飼育されているワンちゃんたちはどんな存在ですか?
【東又さん】時に子供であり、時に信頼できる存在であり、最高のパートナーです。

――今後SNSでは、どのようなことを伝えていきたいですか?
【東又さん】狼犬もロットワイラーも街中であまり見かける存在ではない上に、どちらかというとマイナスイメージを持つ方が多いと思います。でも飼い方・育て方次第では、こんなに素晴らしい魅力を引き出せるということをこれからもお伝えできればと思います。
(文:水野幸則)

投稿には「ちょっとぐらい怒ってもええんやで…」とコメントが添えられた、オオカミ犬のティーガくん(画像提供:狼犬・ロットワイラー犬舎「WILD BULLET」)


(出典 news.nicovideo.jp)

「オオカミ犬のほほをプニっ」大型犬の飼い主が語る“覚悟と信頼関係” - ORICON NEWS
大型犬の頬をぷにっとつまんだ動画が、Twitterで反響を呼んだ。オオカミ犬やロットワイラーの飼育を手掛ける犬舎「wild-bullet」のアカウントである。オオカミ犬は成犬に ...
(出典:ORICON NEWS)



(出典 beauty-cdn.oricon.co.jp)


「狼犬もロットワイラーも街中であまり見かける存在ではない上に、どちらかというとマイナスイメージを持つ方が多いと思います。でも飼い方・育て方次第では、こんなに素晴らしい魅力を引き出せるのです」


<このニュースへのネットの反応>

【Twitterで話題「オオカミ犬のほほをプニっ」【動画】】の続きを読む