top_e


 ネズミのような外見の野生動物でありながら、人なつっこい個体もいたりするオポッサム。

 中には甘えん坊過ぎて家族認定されるケースもあるようだが、海外にて猫と見まがうほど愛らしいオポッサムが反響を呼んでいる。

 このオポッサムの名前はキカ。幼い頃に母親を亡くしたキカは、ある女性に保護されて以来、飼い猫のような仕草で彼女に甘えているのだ。

―あわせて読みたい―

こりゃ野生では無理だわ。保護したオポッサム、甘えん坊が過ぎてついに家族の一員に(アメリカ)でファミリー化決定
孤児となったオポッサムの赤ちゃんたちを背中で育てる犬(ブラジル)
野生のオポッサムがあらわれた。猫の餌を食べ始めた。困り果てた猫、飼い主に「おまえがなんとかしろ」と訴え始める
祖母の猫たちに会いに行った。ん?猫にまじって1匹だけ別の動物が。祖母は数年間全く気づかず猫と思って世話してた。
「お母さんおもたい?」「へっちゃらよ!」オポッサムの赤ちゃんの面倒を見るジャーマンシェパード

母親を失った孤児のオポッサム

 キカは赤ちゃんの頃に保護された孤児のオポッサムだ。

1_e


 かつて彼女はたくさんの兄弟とともに母親と暮らしていたが、昨年のひどい嵐の日に母親が木から落下して亡くなってしまった。

長い鼻先を押さえつつ何か思案中?
6_e


 生き残った子どもたち9匹を保護したimgurユーザーoverlordzelliさんは、すぐに野生のオポッサムに詳しい専門家を探した。しかし近隣にそのような人物はいなかった。

キカの保護者であり飼い主でもあるoverlordzelliさん
2_e


 そこで彼女は遠方の専門家の指示を仰ぎながら最善を尽くすことにした。だが、その子たちはみな代謝性骨疾患を抱えていて、飼育はとても難しかった。

寿命が短いオポッサム

 その後、食中毒コヨーテに捕食されるなど、いくつかの悲しい出来事によって8匹が命を落とした。キカは唯一の生き残りだ。そのキカも深刻な関節炎で野生には戻れない。

お外で抱っこに思わずワクワク
4_e

 
 キカの年齢は1歳ぐらい。体の大きさの割に短命といわれるオポッサムの寿命は、野生下で2~3年、飼育下で4年ほどだ。

overlordzelliさんが好きな大あくびを披露
3_e


 たとえあと数年でも幸せに過ごしてほしい。そう願うoverlordzelliさんは、大好きなキカにできるだけ好きな食べ物をあげているそうだ。

大好きなoverlordzelliさんの腕にしっかりにつかまってみたり
10_e


オポッサムの魅力に目覚めるユーザーも


 まるで猫のように愛らしいオポッサムにユーザーは騒然。「オポッサムと戯れたい!」「あの前足がたまらん!」などの声が殺到している。

キツネ属性も感じる横顔
5_e


 野生動物の飼育は簡単なことではないが、小さな孤児たちを救うために頑張った優しいoverlordzelliさんと、キカとの仲睦まじい姿はたくさんの人にほほえみをもたらしている。

References: imgurなど /written by D/ edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52273407.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

ビール2ケースと引き換えに譲り受けたのは、なんとユニコーン羊!?(オーストラリア)
だからイヤやてゆうとるやん……顔で!表情が全てを物語っている動物たち(でんでんむし出演中)
フクロウ母さんとカモのヒナ赤ちゃんが、本物の親子のように仲良く1つの巣箱に!いったい何が起きている?(アメリカ)
巨大なグレートピレニーズ犬の子犬を抱く飼い主の写真に関する海外の反応
飼い主に置き去りにされた犬。以来10年間、再び飼い主が来るのを信じ、同じ場所で待ち続けている。

―知るの紹介記事―

ゆるかわ?ゆるこわ?中世で流行っていた怪物(モンスター)たちの姿
アメリカ陸軍兵士も取り入れている「2分で眠りに落ちる」テクニックとは
もはや災害レベル。見ている方を気まずくさせる、模様と文字に不具合が生じたファッションスナップ
フクロウ母さんとカモのヒナ赤ちゃんが、本物の親子のように仲良く1つの巣箱に!いったい何が起きている?(アメリカ)
人間の遺体を堆肥にし、自然に還す「有機還元葬」がアメリカ・ワシントン州で合法化される見込み
大きなネズミのようでもあり猫のようでもある。孤児となり、人間に保護されたオポッサムが甘えん坊でキュート


(出典 news.nicovideo.jp)

大きなネズミのようでもあり猫のようでもある。孤児となり、人間に保護されたオポッサムが甘えん坊でキュート - ニコニコニュース
image credit:imgur ネズミのような外見の野生動物でありながら、人なつっこい個体もいたりするオポッサム。 中には甘えん坊過ぎて家族認定されるケースもあるようだが、 ...
(出典:ニコニコニュース)



(出典 livedoor.blogimg.jp)


大きなネズミちゃんって感じかな(^-^)



【孤児のオポッサム 保護されて幸せに!!【画像】】の続きを読む