猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ:みーつけた > モルモット みーつけた


    rat1

    image credit:photo by youtube

     さかのぼること2014年イギリス・ウォリックシャーのワーウィックにある動物園「ハットン・カントリーワールド」で不可思議な出来事が起こった。

     突然、メスのモルモット100匹が妊娠したのである。もれなくすべてのメスが、である。

     こんなことってあるのか!?と動物園スタッフは驚愕した。その飼育ブースにはメスしかいないはずなのだ。

     メスのモルモットが聖母マリアのごとく、何もせずに受胎したなんてことはありえない。しかも全員が!そんなことはあってはならないはずだ。

     では一体なぜ?

    ―あわせて読みたい―

    モルモット姉妹の末妹になったのは保護犬のピットブル。仲良く3匹でお昼寝するよ(アメリカ)
    スイスの法律では金魚を1匹で飼うのは違法、モルモットもインコも同様。その理由とは?
    モルモット・イズ・ビューティホー!サラサラロングヘアが自慢のモルモットたち
    コスプレさせるところから始まり、おいしくいただいて終わる、ペルーのモルモットフェスティバル
    ぽかぽか陽気なので今日はモルモットのかわいさを堪能する日にしよう

    メス100匹といたしてしまったオスのモルモットを発見


    Randy the sex mad guinea pig who's left 100 females pregnant

     当時、「ハットン・カントリーワールド」ではオスとメスあわせて300匹のモルモットを飼育していたそうだ。オスとメスは別々のブースで暮らしており、行き来はできないはずだった。

     ところが、すべてのメスが妊娠していることが発覚した。スタッフが調べてみると、オスのモルモット1匹がなんと!メスのブースに紛れ込んでいた。

     施設ではモルモットとの触れ合いイベントなどを開催していたため、子どもが間違えて置いたのかもしれない。または、自らこっそりとオスのブースをプリズンブレイクして、メスのブースに忍び込んだ可能性もある。

     いずれにせよ、オスのモルモットは、メスのモルモット全員といたしてしまうという非常に豪胆な個体であり、さぞ楽しい時間を過ごしていたことでしょう。

    rat2

    image credit:photo by youtube

    数週間はハーレム状態だったと推測される好色モルモット!?


     このオスのモルモットは、イギリス英語で「好色な」などを意味するランディとのニックネームで呼ばれるようになった。

     どれだけの期間、メスのブースの中にいたのかは不明だが、メス100匹といたしたことを考えると数週間はハーレム状態だったと推測される。

     逆に考えれば、オスが1匹もいない状態での突入だ。メスたちだって色めきだって、我先に状態だったことも考えられる。

     ランディはオスのブースへ戻されることになったが、ハードにいたした影響でげっそりと疲れ切り、体重も減っていたとのこと。きっとほかのオスたちに語るべき武勇伝は多かっただろう。

    rat3

    image credit:photo by youtube

    空前のベビーブームで400匹が誕生!ランディ王国を築くことに


     その後、「ハットン・カントリーワールド」はモルモットベビーブームに沸き、なんと約400匹もの赤ちゃんが誕生。

     スタッフランディ王国のために、モルモットのブースの拡張に追われるなどしたという。

     このハプニングは最近、海外ネット民から再び注目を集めており次のような声があがっていた。


    ランディは本当にいい日を過ごしたなぁ~。

    ・↑しかも一日だけじゃなくて数週間だぜ?

    ランディ「私は大きな過ちを犯しました」

    ・↑400回の訴訟と、400匹分の養育費がのしかかる。

    ・数週間でメス100匹といたしたのか。一年間だと考えると人間もランディに交配されてしまうかもしれないな。

    ランディ様とほかのオスたちの会話を聞いてみたいな。

    ランディは養育費の支払いのために何らかの仕事をしなければだな。

    モルモットのための性教育プログラムを作るべき。

    ・これを人間で考えると女性100人の中に男性1人ってことになるのか。

    ・↑きっと隅っこのほうで丸まっているしかないと思う。


    References:reddit / YouTube / itvなど / written by usagi / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52273509.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    自然界の食物連鎖をもてあそぶ存在、それがカラス。ハクトウワシがカモメを狩ろうとしたその瞬間・・・集団が加勢に入った
    こんな組み合わせもアリ?仲が良いのか気にしてないのか、異種動物たちの触れ合いシーン総集編(爬虫類出演中)
    自撮りに偶然映り込んだゴリラギャルズたちのナイスポージング(コンゴ)
    コーギーたちは怒れる隣人を持っていた。仁王立ちで裏庭から出てきたのは・・・
    段ボールに入れられ捨てられていた瞳の大きな子猫のポーグ、すっかり元気に暮らしているよ

    ―知るの紹介記事―

    暗いニュースばかり見ていると更なる悲劇を求め不幸のサイクルにはまり込む(米研究)
    時は満ちた。中国が10年後を目処に月に研究施設を建設することを発表
    イギリスの不動産事情。人口にして約1%の貴族と企業が、イングランドの土地の約半分を所有していることが判明
    うつの人はなぜ悲しい音楽を聴きたがるのか?それには理由があった(米研究)
    オランダ海域で16世紀の難破船が偶然発見される。海洋船舶の発見としては最古のものである可能性
    メスの飼育ブースに侵入し100匹のメスをはらませた好色モルモット(イギリス)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    メスの飼育ブースに侵入し100匹のメスをはらませた好色モルモット(イギリス) - ニコニコニュース
    image credit:photo by youtube さかのぼること2014年、イギリス・ウォリックシャーのワーウィックにある動物園「ハットン・カントリー・ワールド」で不可思議な出来事が起こっ ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 i.dailymail.co.uk)


    ランディ君、よっぽどイケメン君なのね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【モルモットのランディ君、メスの飼育ブースに侵入しランディ王国を築きあげる(イギリス)】の続きを読む



    Twitterで話題『新入りモルモット、先輩たちのお尻を目標に一生懸命追いかける』【動画】


    先輩、待ってくださいよ~ モルモットの橋渡り、新人2頭が可愛すぎ - withnews(ウィズニュース) - withnews(ウィズニュース)
    細い橋の上を走り抜けていく10頭のモルモット。1頭目から8頭目までは順調ですが、残る2頭は少し遅れてやってきて――。そんな動画がツイッター投稿され、注目を集め ...
    (出典:withnews(ウィズニュース))



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    埼玉県こども動物自然公園
    1日3回実施している「ふれあい体験」終了後、モルモットたちは飼育小屋までつながる橋を渡って戻っていきます。
    モルモットは、外敵から身を守るために列をつくって移動する習性があるそうで、それを生かしたのがこの橋渡りです。

    【Twitterで話題『新入りモルモット、先輩たちのお尻を目標に一生懸命追いかける』【動画】】の続きを読む


    【世界中で「バズ」っている動画】『なんでそうなるの!?』コップから出ようとしないのは?


    なんでそうなるの!?萌え死ぬ人続出する中毒性高いあの動物映像が話題に - ニコニコニュース
    お家でペットを飼っている家庭は多いかと思いますが、彼らは家がもうこの世の世界そのものであり、特に小動物は、うちの外の世界があることすら知らないのかもしれません ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 i.ytimg.com)


    Guinea pig in a mug xD

    (出典 Youtube)


    コップの中にはなにやら白黒の生き物がいるようです。
    正体は恥ずかしがりやのモルモット。
    中国江蘇省徐州市で撮影されたこの映像、世界中で大反響です。

    【【世界中で「バズ」っている動画】『なんでそうなるの!?』コップから出ようとしないのは?】の続きを読む

    このページのトップヘ