猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ:みーつけた > ゾウ みーつけた


    赤ちゃんゾウに甘えられちゃった!【動画】



    (出典 i.ytimg.com)


    赤ちゃんでも、重そうですが・・・(@_@)





    Baby Elephant Love - YouTube


    (出典 Youtube)




    ある観光客が台北動物園に行きましたが、帽子がゾウ舎の溝に吹き込まれました。子供たちはゾウに助けを求めたところ、意外にもゾウがさわやかに帽子を投げ返してくれました。

    ケリー・ツェンはフェイスブックで、2人の子供を連れて台北動物園に遊びに行きました。そこで、いきなり風が彼女の帽子をゾウ舎の溝に吹き込んだそうです。深い溝を見て、彼女は帽子を取り返せないと思いました。その時、4歳の息子と2歳の娘が垣のそばに立って、ゾウに向かって叫び続けました。「ゾウさん、帽子を落としてしまったの。助けて

    ケリー・ツェンは息子に言った、「ゾウがどうしてわかるの、理解できるはずがないでしょう!」

    しかし、続いて起きた出来事にケリー・ツェンはおどろきました。ゾウがゆっくりと歩いて来て、長い鼻を使って帽子を拾い、子供に体を向けたのです。

    2人の子供はずっと叫んでいました。「投げて!投げて!投げて」
    そうすると、ゾウは鼻をなめ、大いに叫びながら本当に彼らへ帽子を投げました。

    Pixabay / Sasin Tipchai

    この魔法のような光景で、現場の観光客も大声で叫びました。
    驚いたケリー・ツェンは、ゾウに「ありがとう」と叫びました。

    ネットユーザーは、ビデオをみて「感動の瞬間だよ」「本当に理解しているんだ」と言いました。

    動物園の管理員によると、帽子を拾ってくれたゾウは、千惠(チエンホゥイ)という37歳のアフリカの雌ゾウで、1986年に入園しました。ペディキュア、蹄ケア、採血、体重などの健康診断を常に飼育係と行っていたため、チエンホゥイは人間の言葉に馴染みました。

    Pixabay / Stefan Keller

    実は、ゾウだけでなく、犬を含む多くの動物は人の声を多かれ少なかれ理解できることは、近年の科学研究によって確認されています。

    カレンバイオロジー」誌の2016年11月号にこういう研究が掲載されました。サセックス大学(University of Sussex心理学研究科のビクトリア・ラトクリフ博士とデビッド・レビー博士は実験を行うために250匹以上の犬を用意しました。犬の左右から同時に音を鳴らし、犬が反応する方位を記録します。

    ラトクリフによると、人間は通常、左脳を使用して文の内容を理解する反面、右脳は音の特性、男性か女性か、および感情などを分析します。

    この研究では、左右で同じ内容の指示、例えば明確な言葉や、個人的な特徴がない時の「来て」などを聞かせた時、80%の犬は頭を右側に向けます。これは犬が右耳で聞いていて、左脳でメッセージを理解することを意味します。しかし、指示が外国語に変更されたり、音声が混雑されたりすると、頭はほとんど左に向けられます。これは左耳で聞き、右脳で処理していることを示します。

    これは、人間と同様に、犬も脳のさまざまな領域で相手の馴染みの文章や感情やイントネーションに反応し、大体の人の声を理解できることを示しています。

    動物のこんな能力は動物の飼いならしと関係しているかもしれませんが、チエンホゥイは子供たちの気持ちを感じたのかもしれません。すべてを科学研究で答えられるかどうかはともかく、チエンホゥイの賢さは本当に素晴らしいことです。

    大紀元日本ウェブ編集部)

    Pixabay / Jonny Lindner


    (出典 news.nicovideo.jp)

    近頃、ある観光客が台北動物園に行きましたが、帽子がゾウ舎の溝に吹き込まれました。子供たちはゾウ舎のゾウに助けを求めたら、意外にもゾウがさわやかに帽子を投げ返してくれました。 - 大紀元
    近頃、ある観光客が台北動物園に行きましたが、帽子がゾウ舎の溝に吹き込まれました。子供たちはゾウ舎のゾウに助けを求めたら、意外にもゾウがさわやかに帽子を投げ ...
    (出典:大紀元)



    (出典 tblg.k-img.com)


    賢いゾウさん、人間の言葉を理解しなくても、状況をみて理解したのでは?



    【落ちた帽子を投げ返してくれたゾウ(台北動物園)】の続きを読む


    0_e0

     人間だけでなく、動物にも様々な感情はある。専門家によると特に動物は「悲しみ」を理解する能力があるとされており、仲間や家族を失った動物たちはその死を悼んだり、嘆いたりするような行動を示すことがあるという。

     野生動物の間では、特にゾウは仲間の死を悼む動物として知られている。今回、インドでゾウの“葬列”の瞬間が捉えられた。

     子ゾウを失くした仲間たちが、その亡骸を抱えながらゆっくりと道路を悲しげに横切っていく。その姿は見ている人々の涙を誘った。

    ―あわせて読みたい―

    象も大切な人を見捨てない。いつも自分をお世話してくれていた飼育員さんが襲われた時の象の反応
    「ねえあれ歌って」飼育員女性に子守唄を催促、それを聞きながらスヤスヤ眠るゾウの子ども
    密猟者に銃で撃たれた象、それでも人間に助けを求めにやってきた(ジンバブエ)
    馬も人類の親友である。飼い主の葬儀で棺に頭を押し当て涙を流す馬(ブラジル)
    動物は仲間の死を悲しむのか?それを科学的に解明することは可能なのか?


    死んだ子ゾウの亡骸を鼻で抱えて運ぶゾウ

     6月7日インド外務省の森林警備員として勤務するパーヴィーン・カスワンさんは、森の中から一頭のゾウが、子供のゾウの亡骸を鼻で抱えて出てくる場面に遭遇した。

     そのゾウは道路を横切ると、一旦道路脇に子ゾウの亡骸を横たえ、その先の森に進むのを止めた。

     しばらくすると、仲間のゾウたちが後ろの森から出てきて同じように道路を横切った。その群れの中には、死んだゾウと同じぐらいの大きさの子ゾウも何頭かいる。

    3_e0


     やがて、先頭にいたゾウが再び子ゾウの亡骸を抱え、群れは森の中へと去っていった。

    ツイッターに投稿された動画が反響を呼ぶ

     カスワンさんは、この涙ぐましい光景を動画に収めツイッターに投稿した。映像には、ゾウの葬列を路上で見守っている多くの人々の姿も捉えられており、厳粛な雰囲気が漂っている。

     この動画は大きな反響を呼び、ユーザーらからは次のようなコメントが寄せられた。

    ・これは胸が張り裂けられるシーンだ。たくさんの人が、動物から学ぶことができるといってもいいよね。

    ・こんな悲しい動画、初めて見た。心が揺さぶられた。

    ・とても切なく、悲しい。ゾウにも、悲しいという複雑な感情を表す能力があるのは明らかだね。

    仲間や愛する者の死を悼む動物は他にも存在する

     専門家によると、ゾウは仲間の死んだ骨に特別な関心を抱いたり、死を悼んだりして「悲しみ」を表すことができるという。

     専門家の記録では、死んだ仲間の亡骸の匂いを嗅いだり触れたりしながら、繰り返し死んだ仲間の周りをウロウロする姿も残されている。

    ・最後の別れを告げたい。亡くなった群れのリーダーを追悼するために集まってきた300頭ものゾウ(スリランカ) : カラパイア

     親しいものの死を悲しむのはゾウだけではない。去年、カナダの海で死んだ子供のシャチを背中に乗せて、2週間以上も泳ぎ続けていた母シャチの姿が話題になった。

    ・悲しむのは人間だけではない。生まれてすぐに死んだ我が子を頭に乗せて泳ぐシャチのお母さん : カラパイア

     他にも、ヘソイノシシチンパンジー、更にはカササギカラスといった多くの生物が死を悲しむような行動をすることが観察されている。

     しかし、こうした数々の事例があるにも関わらず、動物に人間と同様の「悲しみ」の感情があると解釈することに対して、疑問を投げかける科学者らが少なくないのもまた事実である。

    References:Grieving elephants weep as they carry dead baby in 'funeral' procession - World News - Mirror Online/ written by Scarlet / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52275401.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    やっぱり賢い!ボーダーコリーの親犬が水路に落ちた子犬を助け出す知恵と工夫がすごかった!
    がっちり支えていますから。K9ドッグを抱えて運動する警官の姿に関する海外の反応
    ワニの上にワニがいる、だと?フロリダのプールで目撃した驚きの光景とは!?(アメリカ)
    今年もちょっと通りますよ。毎年恒例、マガモ親子御一行様が病院内を横断中(アメリカ)
    飼い主がストレスを感じると、犬も同様のストレスを感じていることが判明(スウェーデン研究)

    ―動画の紹介記事―

    やっぱり賢い!ボーダーコリーの親犬が水路に落ちた子犬を助け出す知恵と工夫がすごかった!
    なんというハングリーさ。サンショウウオもちゃんと消化できるもん!な肉食系食虫植物の実態が明らかに(カナダ)
    原発事故があったチェルノブイリに今、観光客が押し寄せている。アメリカのテレビ番組がきっかけで(ウクライナ)
    ワニの上にワニがいる、だと?フロリダのプールで目撃した驚きの光景とは!?(アメリカ)
    かゆいところに手が届かないじゃないか!モニターが邪魔して体が掻けない猫
    死んでしまった子象の死を悼み、亡骸を運びながら移動するゾウの群れの葬列(インド)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    死んでしまった子象の死を悼み、亡骸を運びながら移動するゾウの群れの葬列(インド) - ニコニコニュース
    人間だけでなく、動物にも様々な感情はある。専門家によると特に動物は「悲しみ」を理解する能力があるとされており、仲間や家族を失った動物たちはその死を悼んだり、嘆い ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 www.hindustantimes.com)


    死を悼むゾウ達の気持ちに寄り添いたいです。



    【涙( ノД`) 厳粛 子ゾウの葬送(インド)【動画】】の続きを読む


    ゾウさん街にお出かけ【動画】インド


    街中に野生のゾウ出現、市民ら騒然 インド 街中に野生のゾウ出現、市民ら騒然 インド
    …【AFP=時事】インド北東部アッサム(Assam)州グワハティ(Guwahati)で先月30日、野生の雄のゾウが街中に出現する騒動があった。ゾウは混雑した通りや、写真を撮る見物人らの間を徘徊した後、麻…
    (出典:科学(AFP=時事))



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)




    インド北東部アッサム(Assam)州グワハティ(Guwahati)で先月30日、野生の雄のゾウが街中に出現。
    付近の野生動物保護区から市内の幹線道路へと迷い込んだもの。
    ゾウは混雑した通りや、写真を撮る見物人らの間を徘徊した後、麻酔剤を使い捕獲され、野生動物保護区に戻された。

    インドではこのところ、都市部の拡大が進み、ゾウやヒョウなどの野生動物が市街地に入り込む危険な出来事が増えている。

    【ゾウさん街にお出かけ【動画】インド】の続きを読む


    「ねぇ遊んでー!」仕事の邪魔をしまくる赤ちゃんゾウ【動画】


    「ねぇ遊んでー!」仕事の邪魔をしまくる赤ちゃんゾウを無視していたら、可愛すぎる行動に出て話題に! - BIGLOBEニュース
    タイ・チェンマイの動物園で撮影された動画。1歳のゾウのKhunsukに背を向け、作の塗装をしていた飼育員のダンさん。するとKhunsukが鼻を使って「遊んでー!…(2019 ...
    (出典:BIGLOBEニュース)



    (出典 i.ytimg.com)


    タイ・チェンマイの動物園
    1歳のゾウのKhunsukが、ペンキ塗りをする飼育員さんに鼻で「遊んで―」。

    【「ねぇ遊んでー!」仕事の邪魔をしまくる赤ちゃんゾウ【動画】】の続きを読む

    このページのトップヘ