猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ:みーつけた > リス みーつけた


    インスタで人気 ハリケーンで負傷したリス、テディベアに癒されて【画像】ルイジアナ州



    (出典 3tubxmbofpt3bl9vq7q4yv12-wpengine.netdna-ssl.com)
     

    リスさんサイズのテディです(^-^)



    (出典 d1dd4ethwnlwo2.cloudfront.net) 


    (出典 d1dd4ethwnlwo2.cloudfront.net) 


    (出典 justsomething.co)


    (出典 pbs.twimg.com) 


    (出典 i.pinimg.com


    (出典 cdn1.img.jp.sputniknews.com) 


    (出典 petsreadings.com) 


    (出典 d1dd4ethwnlwo2.cloudfront.net) 


    (出典 d1dd4ethwnlwo2.cloudfront.net)


    (出典 justsomething.co) 


    (出典 i0.wp.com) 
        
     






    no title

     アメリカでは、昔から、家主がいるいないにかかわらず、玄関先に荷物を置いていく「置き配」が通例となっている。

     置き配は合理的である反面、荷物を盗まれる危険性もあるわけだが、現在では監視カメラの普及により、盗んだ犯人はすぐにわかるようになっている。

     だがそれがいつも”犯人”の仕業であるとは限らない。カリフォルニア州サンペドロにある家では、Amazonで頼んだ荷物が玄関先に届けられていたのだが、それを盗んでいったのは人ではなくリスだったのだ。

    ―あわせて読みたい―

    心ある配達員による宅配便の届け方。アメリカ宅配便事情
    アメリカで横行する宅配便の置引き窃盗。それに対抗する装置を設置したところ、まんまと引っかかっていた犯人
    配達員さんへのサプライズ!玄関先で荷物を抱えて待っている配達員にリスのピョ~ンで、この笑顔!
    宅配小包を盗まれるのに嫌気がさした元NASAのエンジニア、自作でラメ爆弾を作り泥棒を撃墜!(アメリカ)
    アメリカでは、4分の1以上の配達人が配達途中で顧客の食べ物を盗み食いしていることが判明
    荷物をありがとう!玄関先に配達員へ差し入れを置いた女性、苦労が報われた配達員の喜びの姿が!(アメリカ)


    Sneaky Squirrel Steals Amazon Package In San Pedro (Caught On Camera)

     リスは大切なものを盗んでいきました

     リスはしれーっとこの家の玄関前と通り過ぎていったのだが横目で荷物があるのを確認していたようだ。

    1

     再び戻ってきて荷物を口にくわえ運び去っていった。

    2

     リスはその後、荷物を運びきれないと判断したのか、この家の周辺に放置したままにしていたそうで、それを発見した近所の人がこの家に届けにきてくれたという。

     いくら監視カメラがあっても荷物を持ち去られてしまった後では手の施しようがないこともあるよね。ましてや犯人ではなく犯リスだった場合には。

     日本でも通販大手Amazonが、在宅・不在にかかわらず荷物を指定された場所に置いておいてくれる置き配サービスをはじめたそうだが、荷物をきちんと届けたかどうか写真を送ってくれたり、盗まれた場合の補償もしてくれるという、日本ならではのきめ細かいサービス内容となっている。

     通販を利用する人は急増しているし、配達業者も効率化を目指していろいろがんばっているようだが、日本だと置き配に馴染みがないようだし、密集した住宅地も多いし、住宅事情も変わるので、アメリカスタンダードが日本でどれくらい受け入れられるのか、興味深くもある。田舎の一軒家とかなら置き配の方がありがたいかもね。

     うちの場合は宅配ボックスがあるから配送員の人が再配達しなくても大丈夫だし、アメリカで置き配も経験してたから玄関前に荷物を置かれることに抵抗はないけれど、初めての置き配はちょっと怖いと思う人がいるかもしれない。防犯カメラもなくて、ましてや高価なものだったら心配になるよね。

     でもドアツードアで荷物が届く利便性というのは誰かによって支えられているわけだから、ある程度のリスクも考えなくちゃなのかな。それほどまでに配達員の人手不足は深刻そうだし、どうしても嫌ならやはり自分で買い物に行くしかないかな。

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52285625.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    冬眠する哺乳類の遺伝的メカニズムが肥満や代謝異常の治療に役立つ可能性(米研究)
    なんだ?なんだなんだ?ザクザクと海氷を割りながらドローンを追いかけるシロクマ
    ロシアのアイドルキャット、ホシコさんとぬくぬくボックス
    ちょっと一息ついてみよう。シロクマの大群の中に1匹だけいる犬を探せ!
    タコ系パニック映画かと...タコがハクトウワシを襲う現場がとらえられる(カナダ)

    ―動画の紹介記事―

    なんだ?なんだなんだ?ザクザクと海氷を割りながらドローンを追いかけるシロクマ
    子供部屋の防犯カメラがハッキングされ、「サンタクロースだよ、親友になろう」と8歳少女を脅かす事案発生(アメリカ)
    ロシアのアイドルキャット、ホシコさんとぬくぬくボックス
    変形増殖連鎖する、超現実的アニメ職人Cyriakの最新作はテディベア、猫、羊が無限ループ「Circle World」
    タコ系パニック映画かと...タコがハクトウワシを襲う現場がとらえられる(カナダ)
    一度通り過ぎてまた戻る!置き配されたAmazonの荷物を盗んでいった犯リスの姿が防犯カメラに(アメリカ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 static.foxla.com)


    盗まれた荷物は、恐らくその辺にあったのでしょうね(^-^)

    <このニュースへのネットの反応>

    【玄関ポーチ海賊 リス!!【動画】アメリカ】の続きを読む


    0_e2

     カナダ、オンタリオ州南部ミサンガのスーパーで起きた出来事だ。希少種である黒リスがスーパーの中に入り込み、売り場にあるクッキーを盗み食いしていた。

     その様子をスマホカメラで撮影していた女性だが、見られていることに気が付いた黒リスは、突然女性に向かってとびかかってきたのだ。

    ―あわせて読みたい―

    なぜアメリカにはどこにでもリスがいるの?リス増殖に関しての知られざる歴史的背景
    リスが狂暴化?次々と人を襲い病院送りにするキラーリス現る!(米カリフォルニア州)
    かわいいフリして実はやりおる。。。決して抱きしめてはいけない、実は危険な10の動物
    「おぉん?勝手に入ってくんなし!」リスが泥棒に体アタックル、見事撃退、無事逮捕(アメリカ)
    民家に押し入りクッキーを盗んだリス、警察官が駆け付け取り押さえようとしたところ、まさかの顔面アターック!!


    Squirrel attacks woman in Mississauga store

     倉庫スタイルの大型スーパークローズアウトキング」に入り込んだ黒リスはお目当てのクッキーケーキ?)に近づいていく。この時点で黒リスの存在に気が付いた買い物客女性はスマホ片手にその様子を撮影していた。

    1_e8

     ケーキの蓋を器用に開け、中のクッキーを食べる黒リス。
     人間でいうところの盗み食いってやつだな。

    4_e3

     と、ここで近くに人の気配がすることに気が付いた黒リス。撮影した女性に向かって大胆にもとびかかってきたのだ。

    5_e2

     映像はここで終了。ちなみに巨大スーパーゆえか、店員はリスが入り込んだことに全く気が付いていなかったという。

     事件の後このクッキーはちゃんと処分されたのことだ。


    Attack of the shoplifting squirrel!

     野生のリスはアメリカカナダではどこにでもいる生き物だが、様々な病原菌を持っているので、入り込まないよう注意が必要だね。

     ちなみにこのリスは、トウブハイイロリスが突然変異によりメラニンが増え黒くなった希少種だが、カナダバンクーバー周辺ではわりとよくいるそうだ。

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52284968.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    「ふざけんなこの紙こうしてやる!」飼い主さんの貼り紙に怒れるウサギが凶暴化
    自然界において広くみられる動物の同性愛的行動の理由。共通の祖先が性別に関係なく交配を行っていた可能性(米研究)
    キュートなカワウソと一緒に泳げる動物保護区がある(アメリカ)
    行方不明になった猫、5年後に2000km離れた場所で発見(アメリカ)
    犬の共感力がすごい!松葉杖で歩く少年の後ろから同じように片足を引きずって歩く犬

    ―動画の紹介記事―

    トラックが通過後、突如道路に出現した陥没穴。その穴に飲み込まれた母娘の車(ブラジル)
    「ふざけんなこの紙こうしてやる!」飼い主さんの貼り紙に怒れるウサギが凶暴化
    これは間違うわ。座ろうと思っても座れない、どっきり錯視椅子
    犬の共感力がすごい!松葉杖で歩く少年の後ろから同じように片足を引きずって歩く犬
    冬に備えて猫たちのおうちを作ったよ!ダルタニャンと仲間たちに豪華な冬の家をプレゼント
    スーパー内で盗み食いをしていた黒リス、人間に大胆アタック!(カナダ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    泥棒リスさん、無事に逃げおおせたかな(^^;)

    <このニュースへのネットの反応>

    これはリス映画くるで





    ri1_e


     リスにはエサの乏しい冬に備えて食べ物を集める習性がある。そして、集めた食べ物を種類や大きさで整理整頓して、ほかの動物に横取りしないように隠しておくのも特徴だ。

     その隠し場所にぴったりなスポットのひとつに選ばれがちなのが、自動車のボンネットの中である。

     特にアメリカでは、ボンネットを開けたらリスの隠した貯蔵品がぎっしり!なんてハプニングはけっこうあり、今年もそろそろ冬支度ということでまたまた起こってしまったようだ。

     今回、リスの整理整頓術に驚かされたのは、アメリカペンシルベニア州ピッツバーグに住むクリス・パーシックさんとホリーさん夫妻である。

     SUV車のボンネットを開けるとそこには・・・?

    ―あわせて読みたい―

    想像を絶するレベルのドングリがアンテナの中に!!犯人はいったい??
    ひらめいた!ナッツを犬の毛に貯蓄しようとするリス
    リスの素材集め。ティッシュを頬袋に詰め込むことこの上なし
    リスが地球に挑んでいるかのようなポーズがあまりにもかっこよかったのでコラ職人がんばる
    リスもやさしくしてくれた人間のことを忘れない。負傷したリスを保護し無事野生に返したが、毎年必ず顔を見せにやってくる
    猫を肴にセクシーポーズでナッツを食べるリス


    Squirrels hided 200 nuts in car

    ボンネットを開けると200個以上ものクルミと雑草がぎっしり!

     クリスさんは先日、ノースランド公共図書館にいるホリーさんからの電話を受けた。車から燃えているような臭いがして異音もするのだがどうしよう?というのだ。

     そこで「ボンネットを開けてみて」と伝えて電話をきった。するとホリーさんからボンネット内部の写真が送られてきたのだが・・・200個以上ものまだ果実の状態のクルミの実と雑草がぎっしり!

    ri2_e


     どうやらリスが貯蔵庫代わりに使っていたらしく、バッテリーの下やラジエーターファンの近くなど、隙間という隙間にクルミが詰められていたのである。

     さらに、車を修理に出したところ、エンジンの下にもクルミが詰まっていたことが判明。その部分のクルミエンジンの熱で黒く焼けており、香ばしいニオイがしたという。リスの几帳面さたるやもうすさまじいわけである。


    クルミが落ちないな~と思っていたらリスがせっせと保存してた件

     ちなみにクリスさんが車を修理に出したのはクルミのせいではないらしい。

     リスがボンネットの中に入った際に燃料噴射装置のホースを引っ張ったか噛んだかしたらしく、加速すると車が揺れるようになりエンジン警告灯が点灯したためなのだとか。

     クリスさん夫妻は自宅にあるクルミの木を切ってしまうことを決意。いくらかかるのか業者に見積もりをお願いしたそうだよ。

     以前から「クルミがぜんぜん地面に落ちないな~」と思っていたそうだが、リスがせっせとボンネットの中に運んでいたんだね。

     リスとしてはガッカリだったかもしれないけれどこればっかりは仕方ないかなと思うんだ。

     アメリカではいたるところにリスがいる。もともとは人々が公園の娯楽を増やすために放ったものがどんどん増殖していった結果だ。


     なのでリスが食料の備蓄を始めるこの時期、アメリカでは車のエンジンルームを食料倉庫代わりに使用したり、寝床にするするリスが後を絶たないそうだ。

     猫も車のエンジンルームやタイヤの間に入り込んだりすることがあるため、ボンネットをバンバンと叩く「猫バンバン」が推奨されているが、アメリカの場合には「リスバンバン」も必要だな。

    ボンネットの中にまつぼっくりを備蓄された車

    A Squirrel Filled An Engine Bay With 50 Pounds Of Pine Cones

    ボンネットの中で眠っていたリス

    Squirrels In The Engine! || ViralHog
    written by usagi / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52283341.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    道路脇で救出された子猫、警察に届けられ署長が恋に落ちる。自らが飼い主となり署に勤務するように(アメリカ)
    これを投げて!彫像に遊んでほしくて木の棒を何度も渡そうとする犬
    ダルタニャンの暮らす庭に新入り現る!ラウドスピーカー猫にちょっぴり困惑気味の大家さんたち
    ロシアの調査船がセイウチに襲われて沈没。なぜ敵認定されたのか?
    ウシジマくん?牛にシマウマのシマ柄を塗ったところ虫除け効果が確認される(日本研究)

    ―画像の紹介記事―

    ずっと仲良しだった友が亡くなって1年経った今でも、相棒の為にベッドをあけて眠る犬(イギリス)
    夜は猫の時間だもの。カエルのぬいぐるみを配りながら家の中をパトロールする猫
    ダイバーたちのディズニーランド。世界最大の水中テーマパークがオープン!(バーレーン)
    いったい何が?砂浜の海岸が海に飲み込まれるという怪現象が発生(メキシコ)
    2人と2匹はいつもいっしょ!犬と猫と飼い主が織りなすやさしい旅の物語
    開けてびっくり!車のボンネットの中にリスが大量に食料を備蓄していた件(アメリカ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Squirrels hide 200 nuts in car

    (出典 Youtube)


    庭のクルミはみんなリスさんが収穫していたのね(^-^)

    <このニュースへのネットの反応>

    【車のボンネットの中には大量の備蓄食料【動画】(アメリカ)】の続きを読む


    4匹のリス、しっぽが絡まっちゃった💦【動画】



    (出典 bdn-data.s3.amazonaws.com)


    Squirrel King in Bangor, ME

    (出典 Youtube)


    大変!!
    このあとどうしたのでしょう??







    このページのトップヘ