猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ:みーつけた > 犬 みーつけた


    corgis1_e_e

     家族でも友人でもルームメイトでも、同居しているうちにはいろんなことがあるもんである。仲良くできればいいんだけれど、どうしても合わない、ここだけは譲れない、そんな事態が出てくるはず。

     そんな時に、もう決裂して大ゲンカ!ってパターンになることもないとは言えないよね。今日の動画は中国で人気のコーギーのきょうだいなんだけれど、その激しいケンカの様子が話題になっていたので紹介しよう。



    Sibling Rivalry Of Chubby Corgi Dogs

     中国の首都北京にある、とあるお宅で飼われている2匹のコーギーは、仲が良いのか悪いのか。

    corgis2_e_e


     暇さえあればこんな感じに、大ゲンカをしているらしい。
    corgi

     静かな時間を過ごしていたとしても……。
    corgis4_e_e

     突然こうなる。
    corgi2

     どうやらお互いのオモチャを取り合ってのことみたいなんだけど、激しく吠え合うものの決して実際に手を出す…じゃないな、口を出して噛みついたりということはないんだそう。

     この様子を見た視聴者たちからは、

    ・兄弟なんでしょ? 仲悪いの?
    ・噛みついたりはしないらしいから、ただの遊びなのかな
    ・いや、きっとかなりのストレスがあるんだと思う
    この子たちにはもっと運動させるべき
    ・これはネット上でのケンカを象徴しているようだ

    などといった声が寄せられていたけど、マランダーを見てくれているみんなの意見はどうだろうか。コメント欄で聞かせてもらえると嬉しいよ。

    written by ruichan

    ※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52272176.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    世界で最もかわいい羊と評される「ヴァレーブラックノーズ」の白黒モフモフの世界
    猫の手は有能!洗面所の排水口に落ちた指輪を見事取り出した猫の職人技
    まるで忍者!大きな鳥の襲来に身を隠すアメリカコガラの動きがまるでオートマチック
    特別な任務の為、カナダからヘリコプターでアメリカに上陸した4頭のオオカミ
    店の看板猫で自閉症の少年の心の支えだった愛猫が盗まれる。その後犯人は猫を返しに来て謝罪する(アメリカ)

    ―動画の紹介記事―

    究極のリアリティ。人間に近すぎて、メイキング過程で思わず声を上げそうになる超現実的人形職人のテクニック
    世界で最もかわいい羊と評される「ヴァレーブラックノーズ」の白黒モフモフの世界
    猫の手は有能!洗面所の排水口に落ちた指輪を見事取り出した猫の職人技
    特別な任務の為、カナダからヘリコプターでアメリカに上陸した4頭のオオカミ
    川岸から川岸まで届くレベル!体長10メートル以上と思われる巨大アナコンダ(ブラジル)
    ケンカするほど仲が良い…のか?コーギーの兄弟喧嘩が激しすぎる件


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ケンカするほど仲が良い…のか?コーギーの兄弟喧嘩が激しすぎる件 - BIGLOBEニュース
    家族でも友人でもルームメイトでも、同居しているうちにはいろんなことがあるもんである。仲良くできればいいんだけれど、どうしても合わない、ここだけは譲れない、そんな…
    (出典:BIGLOBEニュース)


    噛みつかんばかりの激しい吠え合い。
    本当に噛んだりはしないのだそうです。

    二匹とも、いたずらっ子の瞳をしていますよね(^^♪




    Twitterで話題 がくこさんの実家のお寺の「こてつちゃん」と「なむちゃん」


    SNSざわつく“じゃれ愛”話題、2匹の保護犬飼い主「投稿見て幸せに暮らす犬増えれば」 - ORICON NEWS
    愛らしいペットの写真や動画がSNSで話題になるなかで、逆にはげしく暴れまわる犬の画像ばかりをアップし続けている(!?)がくこさんのTwitterアカウントが人気を博している ...
    (出典:ORICON NEWS)



    (出典 pbs.twimg.com)


    写真集も出るようです(^^♪

    【Twitterで話題 がくこさんの実家のお寺の「こてつちゃん」と「なむちゃん」】の続きを読む


    ネパールにてワンちゃんが人と「手をつないで」道路を横断!!


    犬が車の往来が激しい道路を「人間のペット」を連れて渡る ネパール - Sputnik 日本
    ネパールの首都カトマンズを訪れた女性が、車の往来が激しい道路を犬と人間が渡る様子を撮影した。この男性と犬は、車が激しく往来する道路を珍しい方法で渡った。
    (出典:Sputnik 日本)



    (出典 cdn1.img.jp.sputniknews.com)


    ネパール、カトマンズで目撃された光景。
    往来の激しい道路を、人間と犬が手をつないで渡っていました。
    「危ないからちゃんと手をつなぎましょう」







     こちらのお宅のワンコは、飼い主さんにリードで引っ張ってもらうのが大好き! 今日もフローリングの上をすべるようにスーイスイ。ちょっと変わった趣味を持ったワンコをご紹介します。

    【画像:クネクネ曲がるワンコ】

     米ネバダ州のラスベガスに住んでいる、大型犬ながらもクリクリの目がかわいい女の子ワンコが、室内でリードにつながれてピカピカのフローリングの上をゆっくりとすべっています。一見、イヤイヤしてるように見えますが、引っ張られるのが楽しい様子。飼い主さんと一緒にちょっと変わった遊びを楽しんでいるところです。

     ワンコは微動だにせずフローリングを上手にすべっています。まるで背景を合成したかのようですね! ミュージックビデオにも使えそうなほど、背景だけがゆっくりと変わっていきます。

     意地でも体勢を変えないワンコ。室内をぐるりと一周しただけでは終わりそうにない雰囲気ですね。飼い主さんとワンコにしかわからない、ちょっと変わった遊びでした!

    ゆっくり進むんだワン


    (出典 news.nicovideo.jp)

    もう1回やってほしいワン! リードで引っ張られてイヤイヤごっこをしているワンコが面白い(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
    こちらのお宅のワンコは、飼い主さんにリードで引っ張ってもらうのが大好き! 今日.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    楽しそうですが、重そうですよねえ🐕



    【引っ張ってもらうのが面白いワン、イヤイヤしているのではありません【犬動画】】の続きを読む


    ヒマラヤ登山隊について来た野良犬、そのまま登頂に成功してしまう - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議
    ヒマラヤ登山隊の後にくっついて歩いていたネパールの雑種犬が、そのまま7129メートルを登り切り、山頂を制覇してしまった。 登山隊と仲良くなった地元の犬 米国シアトル ...
    (出典:IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議)



    (出典 www.outsideonline.com)


    ネパール・カトマンドゥを本拠地とする登山ツアーの企画・コーディネート会社「Summit Climb」を運営している、米国シアトル市在住のDon Wargowskyさん。
    ヒマラヤの山の一つメラピーク(標高6,654メートル)からの帰り道で、一匹の野良犬と仲良くなり、「メラ」と呼ぶようになった。
    メラはWargowskyさんの登山隊の後をついて回り、2018年11月9日にはバルンツェの登山にもついて来て、登山隊とともに山頂を制覇してしまった。

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/03/09(土) 13:35:47.18


    (出典 img.5ch.net)

    ヒマラヤ登山隊について来た野良犬、そのまま登頂に成功してしまう


    (出典 irorio.jp)


    ヒマラヤ登山隊の後にくっついて歩いていたネパールの雑種犬が、そのまま7,129メートルを登り切り、
    山頂を制覇してしまった。

    登山隊と仲良くなった地元の犬

    米国シアトル市在住のDon Wargowskyさんは、ネパール・カトマンドゥを本拠地とする登山ツアーの
    企画・コーディネート会社「Summit Climb」を運営している。

    登山隊のリーダーとしてあちこちの山に登っているWargowskyさんは、ヒマラヤの山の一つメラピーク
    (標高6,654メートル)からの帰り道で、一匹の野良犬と仲良くなった。

    Wargowskyさんや登山隊のメンバーが「メラ」と呼ぶその犬は、チベタン・マスティフとヒマラヤン・シープドッグの
    混血らしいメスの雑種犬。決して特別な犬ではない。

    それから3週間、メラはWargowskyさんの登山隊の後をついて回った。カトマンドゥのキャンプに滞在している
    時だけでなく、2018年11月9日にはバルンツェの登山にもメラはついて来て、登山隊とともに山頂を制覇してしまったという。


    (出典 imgur.com)


    (出典 imgur.com)


    バルンツェは、ヒマラヤ屈指の大氷河バルン氷河の奥にそびえる山で、標高は7,120メートル。エベレスト山ほどの
    高さはないが、登山の対象として人気がある。

    おそらくヒマラヤ登山した最初の犬

    ヒマラヤ登山に関する記録を1903年から収集・出版している組織「The Himalayan Database」のBilli Bierling氏によれば、
    ネパールにある山の山頂まで到達した犬はメラが初めてらしい。ユーモアを交えてこんなふうに言っている。

    ネパールにある山の頂きを極めた犬は、これまで聞いたことがありません。
    政府の許可無しにバルンツェに登ったことで、その犬がトラブルに巻き込まれないことを願っていますよ。

    彼によれば、メラが登った標高7,120メートルは、犬が到達した高さの最高記録になる可能性があるそうだ。

    https://irorio.jp/sophokles/20190308/518406/


    【野良のワンちゃん、ヒマラヤ登山隊についていき、そのまま登頂に成功する!】の続きを読む

    このページのトップヘ