猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ:動物の話題 > 犬の話題


    ワンちゃんと飼い主のハロウィーンパレードinNY『Tompkins Square Halloween Dog Parade』


    ワンちゃんのハロウィーンパレード、飼い主も大活躍!? 米NY ワンちゃんのハロウィーンパレード、飼い主も大活躍!? 米NY
    …「トンプキンススクエア・ハロウィーン・ドッグパレード(Tompkins Square Halloween Dog Parade)」が開催された。今年で…
    (出典:国際総合(AFP=時事))



    (出典 nyunews.com)


    幸せなワンちゃん家族がいっぱいで、こちらも幸せになれます(=^・^=)

    【ワンちゃんと飼い主のハロウィーンパレードinNY『Tompkins Square Halloween Dog Parade』】の続きを読む


    ≪ワンちゃんのあくび15選≫写真だけど、感染します。


    眠いのかな?犬のあくび写真15選
    眠いのかな?犬のあくび写真15選  livedoor
    (出典:livedoor)



    (出典 cdn.wanchan.jp)


    ホント、見ているだけで、眠くなる・・・







    no title


     オーストラリアというはいつだって々の期待を裏切らない。その大きな大地でダイナミックな事件を起こしちゃうミステリアスだ。

     オーストラリア、ヴィクトリア州にあるストラスダウ二―という町で、ゴールデン・レトリバーのアーシャがいつのまにかコアラを背負っていた。

     飼い、アーシャの様子を見に行ったところ、背中に野生のコアラが!

     を疑うようなにびっくりしたという。

    ―あわせて読みたい―

    お母さんいた!孤児となったコアラにぬいぐるみのコアラをプレゼント。ぴっとり抱き着くその姿がいとおしい。
    街を闊歩していたコアラ。少年にカメラを向けられ立ち止まり「こうですか?」のポーズ(オーストラリア)
    コアラにトカゲにウォンバット、オーストラリアに住む動物たちと片っ端から握手
    いかないでー!そばにいたいの。孤児となったカンガルーの子どもが人間に愛を求める(オーストラリア)
    幸せの伝道師。ニコニコ顔のクアッカワラビーに会いにいったら両手を広げて抱きついてきた!ああ感無量。

    コアラはある朝突然に

     日本の終わりを迎える今、オーストラリアの終わりを迎えている。

     真夜中だと5℃程度まで冷え込む寒い日もまだあるそうだ。それは確かにモフふわなものがしくもなる。

     あるのこと、アーシャの背中には、まだまだあどけないコアラ赤ちゃんがヒシっとしがみついていた。

     これには飼いもびっくり。

     「あの日の、夫が『ちょっと見てごらん!』というので見に行ったところ、ありえないが!アーシャの背中コアラ赤ちゃんがくっついていたんです。」とアーシャの飼いケリーさんはる。


    犬のアーシャは混乱


     「コアラを背負って横たわるアーシャは、何だかすまなそうな、混乱している表情をしており、申し訳ないけど思わず笑ってしまいました」とケリーさん。

     ゴールデン・レトリバーのアーシャは、何が起きているのかわからず、かといって振り落とすわけでもなく、異種の動物赤ちゃんに慕われ困惑していたようだ。

    koala-2 [www.imagesplitter.net]


     もしこの心優しくあたたかな背中にたどり着けなかったら、おそらくコアラ赤ちゃんは、寒さと外敵から身を守ることができなかったかもしれない。

     なぜ赤ちゃんコアラがアーシャの背中にしがみついたのか?

     原因ははっきりとわからないが、何らかの拍子に母さんコアラの袋から落下した赤ちゃんは、温かさとぬくもりをめてさ迷った結果、たどり着いた先が、眠っていたアーシャの背中だったのかもしれない。

     ケリーさんが撮影した、アーシャの背中で暖をとる赤ちゃんコアラの画像はFacebook開されるとく間に注されるようになった。

    無事に獣医のもとへ

     コアラはアーシャの背中から離れようとしないし、徐々にアーシャもコアラ情を抱くようになった。

     友情が芽生え始めた2匹を引き離すのはなかなか困難なことだったが、ケリーさんは、なんとかコアラを引き離し、動物病院へ連れて行き、健康診断をしてもらった。

    koala-5 [www.imagesplitter.net]


     現在赤ちゃんコアラコアラ専門の保護施設ですくすくと成長しているとのこと。野生でも十分に生活できるようになったら、自然に返すという。

     ケリーさんはこの一連の出来事に関して「こんなにもオーストラリアっぽい独特な出来事に遭遇できてとてもうれしく思います。が小さなコアラの命を救ったことを誇りに思っています。」とった。

     北半球にはいない動物がたくさんいるオーストラリアでは、今日もいろいろな異種間友情ドラマが起きているのかもしれない。

    written by kokarimushi / edited by parumo

    こちらもオススメ!

    動物鳥類についての記事―

    猫による犬への押し売りマッサージ。お代はクッション代わりになること。
    これでまたお散歩できるよ。足腰の弱った愛犬のためにカートをリメイク。
    我々が思ってる以上に知性が高いかもしれない5種の動物
    ここに決めた!写真屋さんに狙いを絞り、いつのまにか店飼い猫に。だが招き猫にもなり皆がハッピーに(アラブ)
    ペットも家族としての権利が認められる。離婚の際、人間の子と同様の方法で親権を決めるられるように(アメリカ)

    ―画像の紹介記事―

    これでまたお散歩できるよ。足腰の弱った愛犬のためにカートをリメイク。
    ここに決めた!写真屋さんに狙いを絞り、いつのまにか店飼い猫に。だが招き猫にもなり皆がハッピーに(アラブ)
    階段が登れない…だもんだから「俺を踏み台にして先に進め!」な子犬たち
    悲しいニュースばかりが目立つ世の中にユーモアを!クスっと笑える面白ポスターで人々を笑顔にするプロジェクト
    膝乗りペットにいかがかしら?アフリカの可愛い生き物「ディクディク」はホントに小さかった
    いつのまにかなつかれてた。犬の背中に野生のコアラがひっついていた件(オーストラリア)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    動物界のことは真相がわからずじまいになるのが常。
    でも、わかっていないのは人間だけなのさ(^^;)






    頭に腫瘍ができたワンちゃん、3Dプリンタ―に救われる。


    頭に大きな腫瘍ができたダックスフント。命を救ったのは、3Dプリンターだった
    頭に大きな腫瘍ができたダックスフント。命を救ったのは、3Dプリンターだった  ハフィントンポスト
    (出典:ハフィントンポスト)



    (出典 cdn.wonderfulengineering.com)


    3Dプリンタ―ってそんなこともできるの!?







    犬のサーフィン大会 カリフォルニア


    ボード操作はお手のもの、米カリフォルニアで犬のサーフィン大会 ボード操作はお手のもの、米カリフォルニアで犬のサーフィン大会
    …【10月1日 AFP】米カリフォルニア州ハンティントンビーチ(Huntington Beach)で9月29日、犬たちのサーフィン大会、第10回「サーフシティー・サーフドッグ(Surf City Sur…
    (出典:国際総合(AFPBB News))



    (出典 4.bp.blogspot.com)


    運動能力の高いかっこいいワンちゃん、たくさんいるんですね。
    誰でもできるわけではないよね、と運動音痴の人間は思うのですが(^^;)




    Makiko Tomita
    @mat00044

    @naoomura えなに犬のサーフィン大会もあるの??

    2018-09-22 15:16:09

    (出典 @mat00044)


    このページのトップヘ