猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ:動物の話題 > とりの話題


    no title


     先日、海外掲示板Redditハチドリにそっくりな花の写真が投稿され、ユーザーらの興味を大いにそそった。ハチドリはとても小さく、羽をはばたかせながら花の蜜を吸う愛くるしい鳥だ。

     その花の幹の部分はくちばしや顔に見え、黄緑色の花びらはまさに花の蜜を吸うハチドリそのもの。実はこの花、ハチドリが生息しない北オーストラリアに育つマメ科の植物だという。

     果たして、花が適応的進化を遂げたのか、もしくは単なる錯覚でハチドリに見えるのか?スレッド上ではRedditユーザーらによる討論が繰り広げられた。

    ―あわせて読みたい―

    圧倒的存在感のある異様な形状をした10の植物(閲覧注意)
    植物のなんちゃって能力が半端ない。何かの顔や形そっくりに擬態した17種の植物
    何目的だよ?ホラーすぎる造形をした10の植物
    植物は思った以上にハイスペックだった。植物による5つのコミュニケーション法
    なんという豹変っぷり!あのかわいいハチドリがクトゥルフ的なものに変身する瞬間
    花にもいろいろあるけれど、 1地域でしか見られない希少な9種の花

    この花は「グリーンフラワーバード」と呼ばれている植物


    1

     ハチドリに似ているこの小さな花について、Redditユーザーらの間で「生息地は?」「なぜ花が鳥のような形に?」などといった疑問が寄せられ、スレッドはたちまち議論の場と化した。

     そんな中、花の進化を研究しているという人物がコメント。この花は、北オーストラリアに生息しているマメ科の植物で、Crotalaria cunninghamiiで、「グリーンフラワーバード(green flowerbird)」または「リーガルフラワーバード(regal flowerbird)」とも呼ばれており、砂地によく育ち、砂丘やビーチ沿い、ノーザンテリトリーのモルガ地域に生息していることが判明した。



     この花の形がハチドリに似ているのは、そのユニークな構造ゆえだ。1つの花には5つの花弁がついているが、上部は特に大きくそれぞれの花びらが不規則に重なりあっている。

     とはいえ、写真を見るとわかるが、この花は特定のアングルのみ、つまり横から見た時だけハチドリに見える。

    2_e


     この花の存在について、スレッド上では次のような疑問が飛び交った。
    ・この花は「ベイツ型擬態」か?ミツバチの受粉を避けるためにこのような形になったのか?同じハチドリをおびき寄せるために進化したものなのか?

    ・この花は、本来そこに存在しないにもかかわらず、知ったパターンを心に思い浮かべる心理現象「パレイドリア」を観察者に引き起こしているのか。

    ・この花を見た観察者が、単なる見かけ上の類似物、シュミラクラ現象を経験しているだけなのか。

    なぜハチドリに似ているの?

     ほとんどのユーザーが、鳥に似たこの花の形は適応的進化の発達ではないかとコメントする中で、再び花の進化を研究しているユーザーがこのように指摘した。


    人間のために、花が鳥のように見せるという事実は適応的な進化とは呼べない。植物が、人間の目にだけ自分を鳥のように映るように見せかけても、何のメリットもないからだ。

    花が鳥のように見えるのは、花が積極的にそう見せようとしているからではなく、人間が花の中に鳥の形を識別しているというだけのことだ。

    またオーストラリアにはハチドリは生息していない。鳥を天敵とするミツバチにはこの花が鳥に見えることはなく、鳥も視覚が鋭く頭が良いためにこの花を鳥と間違えることはない


     その昔、この花は目の感染症の治療薬としてアボリジニの人々に使用されていたようだが、先住民たちが鳥に似ていることを理由にしてこの花を繁殖させ、観賞用園芸として取り扱っていたという証拠はないそうだ。

    Green_bird_flower_e


     結局のところ、人間以外の動物は花と鳥を間違える可能性はほとんどなく、単に人間から見た花の形が鳥に似ていたというだけで、ただの錯覚に似たシュミラクラ現象の可能性が最も高い。つまりは、トリックアートを見た時の経験と同じようなものというわけだ。

     にしてもハチドリそっくりだよね。こんな花を見かけたらうれしくなっちゃうな。ハチドリ好きとしては。

    ・鳥類最小級だが美しさは最上級、ハチドリの美しさを堪能しよう! : カラパイア

    References:Redditなど / written by Scarlet / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52276103.html
     

    こちらもオススメ!

    ―植物・菌類・微生物についての記事―

    サボテンの葉から安全な生分解性プラスチックを作る方法が発見される(メキシコ研究)
    自然に起きる500倍という速さで植物の絶滅が進んでいることが世界最大規模の調査で判明(英研究)
    バナナなのにバニラアイス味!未熟果は青色のその名も「アイスクリームブルーバナナ」は日本でも育てられるしネット通販で苗木が買える
    知ってた?世界のマカダミアナッツの70%はオーストラリアの一本の木によってもたらされたものだった
    なんというハングリーさ。サンショウウオもちゃんと消化できるもん!な肉食系食虫植物の実態が明らかに(カナダ)

    ―知るの紹介記事―

    テレパシーでゲームプレイ。頭で考えるだけでプレイヤーと協力し合いブロックを消す脳内テトリス(米研究)
    27分間の死。心停止から6回の蘇生を経て生き返った女性、意識が戻った直後に奇妙なメモ書き「あれは本当」
    心疾患の犬が良く食べていた16ブランドのドッグフードが公表される(アメリカ食品医薬品局:FDA)
    2日間で施設にいる猫全て、67匹の飼い主が決まる!収容キャパを超えた保護施設のアイデア・キャンペーンが大成功(カナダ)
    ハゲ治療最前線。ヒトiPS細胞から作り出した皮膚乳頭をマウスに移植し発毛させることに成功(米研究)
    緑色のハチドリかな。と思ったら植物だった!ハチドリそっくりに見えるオーストラリアの花「グリーン・フラワーバード」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    緑色のハチドリかな。と思ったら植物だった!ハチドリそっくりに見えるオーストラリアの花「グリーン・フラワーバード」 (2019年7月4日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    reddit/OctopusPrime先日、海外掲示板Redditでハチドリにそっくりな花の写真が投稿され、ユーザーらの興味を大いにそそった。ハチドリはとても小さく、羽をはばたかせ ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 i.epochtimes.com)



    (出典 st3.depositphotos.com)


    庭にハチドリ!!??と思ったら蛾だったことがありますが、こんなにいっぱいハチドリ型の花をつける植物、かわいらしいです。



    【ハチドリそっくり「グリーン・フラワーバード」】の続きを読む


    鳥にパンを与えることは、パンの発祥と同じくらい古くからある娯楽です。

    しかし、いくら鳥たちが喜んだとしても、彼らにパンを与えるべきではありません。

    鳥にパンをあげてはダメ?

    Redditユーザーllcucf80さんが、LifeProTipsコーナーに、鳥にパンを与えるべきでない理由について、少しややこしい意見を投稿し、論争を引き起こしました

    アヒルにパンを与えてはいけません。パンはアヒルにとって栄養になりません。体が太るだけで、飢えてしまいます。

    鳥用の粒餌や、冷凍のトウモロコシエンドウ豆を解凍したもの、オート麦、食べやすいように小さくちぎった野菜などは、アヒルの良い栄養源になります。

    しかし、パンはだめです。パンはアヒルにとって栄養にならないので、体だけ太って、飢えてしまうのです。

    言い換えれば、パンは栄養価が低いということです。

    パンはアヒルやガチョウのお腹を満たすかもしれませんが、健康な水鳥でいるための栄養は提供しません。人間が生涯、クルトンをかじって生きていくようなものです。

    生きのびられるかもしれませんが、健康に問題を抱えることでしょう。

    英国王室の白鳥を管理人はその意見に反対?

    この投稿に対して、ユーザーTedwiththehatさんが、英国のThe Swan SanctuaryのFacebook投稿を引用しながら、強い反対意見を表明しました。

    引用によると、英国王室の白鳥を管理するDavid Barber氏は、どういう理由なのか、白鳥にパンを与えることを奨励しているようです。

    ここ数カ月、「パンやり禁止」キャンペーンマスコミによって大々的に報道され、白鳥にパンをあげるのが好きな市民を混乱に陥れています。

    キャンペーンの支持者たちは、パンは白鳥にとって悪い影響があるので与えるべきではないと主張しています。これは正しくありません。

    白鳥は何百年もの間、パンを与えられてきましたが、何の問題もありませんでした。たしかに、水草のような自然な食べ物と比べれば、パンは白鳥にとって最良の選択肢とは言えないかもしれませんが、重要なエネルギーにはなっています。

    パンは白鳥の自然な食餌を補完し、植物資源が乏しくなる長く冷たい冬を乗り切るのを助けてきたのです。

    ふーむ…。このあたりをもう少し掘り下げてみる必要がありそうです。

    パンを鳥にあげてはいけない理由

    1. パンは鳥の自然な食べ物ではない

    おそらくBarber氏は、飢えた鳥にパンを与えることを、何も与えないよりはましなことだと考えているのでしょう。

    おそらくですが…。

    だとしても、私たちの多くは、飢えた鳥を見分ける訓練を受けてはいませんし、ガチョウの群れがあなたの足元に殺到したからといって、彼らが飢えているとはかぎりません。

    ガチョウはただ、そこへ行けば食べ物にありつけることを知っているだけなのです。そして、そのことが、また別の問題を引き起こしています。

    それは、カナダ野生生物連盟が警告したように、鳥たちが採餌本能を失ってしまうという問題です。

    アヒルは、自然環境では、昆虫の幼虫や水生生物、小魚、両生類、種子や水生植物など、栄養価の高い食べ物を食べています。パンやチップス、ドーナツポップコーンクラッカーなどの食物は、栄養価がほとんどありません。

    定期的にエサを与えられているアヒル栄養失調になったり、仲間同士で攻激的になったり、採餌本能を失ったり、人間への自然な恐れを失ってしまいます。

    たとえ栄養的な問題が小さかったとしても(実際はそうではありませんが)、鳥に与えられる包括的な影響は決して良いものではありません。

    2. 食べ残しのパンも悪い影響を与える

    鳥が池や湖に住んでいて、頻繁にエサを与えられていると、別の問題が発生する可能性があります。

    クチバシについばまれなかったパンは大気中に蒸発したりはしません。清掃作業員もいません。食べ残されたパンは水の中に溜まっていきます。

    カナダ野生生物連盟は、このパンが藻の繁殖につながると指摘しています。ABC Radio Perthは、水中の栄養レベルが高まることで、土壌中に鳥類のボツリヌス中毒をもたらす細菌が繁殖するという、さらに深刻な状況をレポートしています。

    Belmont Councilの環境コーディネーター、Nicole Davey氏は、鳥にパンを与えることは水中の栄養レベルの上昇につながり、ひいては鳥類のボツリヌス中毒の原因となる土壌細菌の増加につながると述べた。

    「鳥が泥の中にいるカタツムリやワームを食べることで細菌に感染し、細菌が放出する毒素によって麻痺が生じ、最終的には死に至ります」と同氏は語った。

    鳥の食餌を混乱させるだけでなく、鳥の生態系や、そこに住む大小さまざまな生き物にも混乱をもたらすのです。

    3. 激しい競争がストレスになる

    鳥は、人間の足元でガヤガヤとわめきたてながら食べ物を摂取するようには進化してきていません。Mother Nature Networkが報告しているように、仲間同士でパンくずを奪い合うのは鳥たちにとってはかなりのストレスです。

    アヒルやガチョウは、十分な食料がある生息地を自然と見つけるものです。しかし、人工的にエサを与えていると、本来は十分な食料を提供できない場所に、過剰な数の鳥が集まってしまいます。

    また、自然にある食べ物は広く分散し、鳥たちは互いのプライバシーを守りながら食べることができますが、人工的な餌場では激しい競争により強いストレスを受けることになります。

    また、大量の鳥は大量のフンを生産します。

    これが、上記で説明した環境問題をさらに悪化させ、病気が広がるリスクを高めます。親鳥がひな鳥に食べ物のとり方を教えようとしても、パンくずに夢中になるあまり、正しい学習ができなくなります。

    つまり、自然が意図したように次世代が育たなくなってしまうのです。

    4. エンジェル・ウイングを引き起こす

    鳥、主にアヒルやガチョウでエンジェルウイングと呼ばれる羽の奇形が見られることがあります。

    この奇形の主な原因が、ジャンクフードやパンを与えたことかどうかについては、多くの議論がありますが、まだ十分な調査が行なわれていません。

    とはいえ、One Green Planetが報告しているように、水鳥のこうした奇形は、人間の居住地域の近くで幼いころからパンを与えられている鳥に、多く見られることがわかっています。

    エンジェルウイングの水鳥はたいてい、深刻な栄養欠失調に陥っています。

    空を飛べない鳥をつくり出すことに、一体どんな価値があるというのでしょうか?

    パンの代わりに与えるべき食べ物

    なかには、人間から食べ物をもらうことが当たり前になってしまっている鳥たちもいます。

    そうした鳥は、たとえその必要があっても、冬に南下することがありません。もっとも、世界中の野生生物保護団体がいくら止めても、野生動物にエサをやる楽しみを放棄するのは耐え難いのだとあなたは言うかもしれません。

    その場合、ペットショップで購入したエサを与えることができます。また、全粒トウモロコシオート麦を与えてもいいし、冷凍のニンジンやえんどう豆を解凍して与えてもいいでしょう。

    レタスなど食べ残した野菜があれば、食べやすいように小さくちぎって与えるのもありです。

    たとえそうしたエサを与えるのだとしても、どうか動物の環境のことを第一に考えてください。鳥にエサを与えているのは自分ひとりだと思っているかもしれませんが、あなたの後ろには長い列ができているのです。

    あわせて読みたい

    猛獣や野生動物に出くわしたら、思い出してほしい3つの約束事

    野生動物を餌付けしてはいけない理由

    Image: Igorsky/Shutterstock.com

    Source: Facebook, Reddit1, 2, 3), Canadian Wildlife, ABC, Mnn, One Green Planet

    Aimée Lutkin - Lifehacker US[原文



    (出典 news.nicovideo.jp)

    鳥にパンを与えてはいけない - Lifehacker JAPAN
    鳥にパンを与えることは、パンの発祥と同じくらい古くからある娯楽です。 しかし、いくら鳥たちが喜んだとしても、彼らにパンを与えるべきではありません。
    (出典:Lifehacker JAPAN)



    (出典 assets.media-platform.com)


    食べ残しのエサによって環境が悪くなることの方が重大なような気がします。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「鳥にパンを与えてはいけない」の?】の続きを読む



    鳥類は恐竜の子孫だとは言われているものの、我々が想像するものすごい恐竜のイメージからはかけ離れ、足元や羽など若干その要素が残る程度に留まっております。しかしそれは実はそう感じるだけであり、実際は「やっぱり恐竜だ」と思えるような要素は残っているようです。

    恐竜要素ありまくりのガチョウ

    ということで話題となっているのは「ガチョウ」。動物園にもよくいるあの「アヒル」に似たトリですが、実際遠くから見ると本当にアヒルのような可愛らしさはあります。ところが実際に近くで見てみると・・・


    えええっ!まさに恐竜・・・。

    実はこのガチョウの歯は、水草などを咀嚼するために使われるようで、哺乳類にあるような「歯」ではなく「歯舌」と呼ばれるもので、ギザギザのくちばしと言ったほうがよいのかもしれないわけです。

    ただこの光景はなかなか見ることがないので、改めて彼らの口の中を見るとゾットするわけです。


    動物園・花鳥園などに行く際にはぜひともこのガチョウの歯を見てみてください。



    画像が見られない場合はこちら
    子供が逃げ出すほど「衝撃的過ぎる」ガチョウの真実の写真が話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    子供が逃げ出すほど「衝撃的過ぎる」ガチョウの真実の写真が話題に - 秒刊SUNDAY
    鳥類は恐竜の子孫だとは言われているものの、我々が想像するものすごい恐竜のイメージからはかけ離れ、足元や羽など若干その要素が残る程度に留まっております。
    (出典:秒刊SUNDAY)



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    鳥のくちばしの中に「歯」みたいなものがあるとは想像していませんでした。

    <このニュースへのネットの反応>

    【ガチョウの真実【画像】】の続きを読む


    ライチョウが繁殖期 縄張り見回り争いも 乗鞍岳 - 朝日新聞
    国の特別天然記念物ライチョウが長野・岐阜県境の乗鞍岳で、繁殖期を迎えている。 雪解けが始まった乗鞍岳の標高2500メートル以上の高山帯。真っ白い冬羽の首筋 ...
    (出典:朝日新聞)



    (出典 www.asahicom.jp)


    絶滅させてはいけません。

    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/04/26(金) 22:06:51.70

    ライチョウが繁殖期 縄張り見回り争いも 乗鞍岳

     国の特別天然記念物ライチョウが長野・岐阜県境の乗鞍岳で、
    繁殖期を迎えている。

     雪解けが始まった乗鞍岳の標高2500メートル以上の高山帯。
    真っ白い冬羽の首筋付近に黒い羽根が交じったオスが、
    縄張りをめぐり岩の上や高さ約30センチのハイマツなどに紛れ、
    周りを警戒していた。ほかのオスが近づくと、羽を広げ飛びかかって
    追い出していた。

     つがいとなったライチョウは、5月下旬にメスが産卵を始め、
    6月下旬ごろからひなが孵化(ふか)する。7月には、運が良ければ、
    ひなを連れて歩きまわるライチョウの親子の姿を登山道からでも
    観察できる。

     保護活動を行ってきた中村浩志・信州大名誉教授によると、
    ライチョウの数は1980年代には約3千羽いたが、
    現在は約1700羽までその数を減らしているという。
    環境省の「レッドリスト」に、近い将来絶滅する可能性が高い
    IB類に指定されている。


    朝日新聞デジタル・杉本康弘(4/26(金) 20:15配信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00000085-asahi-soci

    【写真】繁殖期を迎え、縄張りの見回りをするライチョウの雄
    =2019年4月20日午前8時16分、長野・岐阜県境の乗鞍岳、
    杉本康弘撮影

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【乗鞍岳 ライチョウが繁殖期 縄張り見回り争いも【写真】】の続きを読む


    野鳥のシマエナガがかわいすぎ SNSで話題


    かわいすぎる野鳥“シマエナガ”がSNSで人気…顔文字で“愛”表現、専門アカウントに聞く魅力 - ORICON NEWS
    「雪の妖精」の愛称で親しまれる野鳥・シマエナガが、かわいすぎるとSNSで話題になっている。シマエナガは北海道に生息するエナガの亜種で、体長は14cmほど。フワフワ ...
    (出典:ORICON NEWS)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    シマエナガの様子がアップされている、ウェブサイトやSNSもチェック!
    ウェブサイト:http://shimaenaga.jp/(外部サイト)
    Twitter:@daily_simaenaga(外部サイト)
    Instagram:https://www.instagram.com/boku_shimaenaga/(外部サイト)
    Facebook:https://www.facebook.com/simaenaga/(外部サイト)

    【野鳥のシマエナガがかわいすぎ SNSで話題】の続きを読む

    このページのトップヘ