猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ: 動物の話題


    コメディ野生動物写真賞「仰天のラッコ」【写真】



    (出典 rensai.jp)


    ネットユーザーが選ぶ「ピープル・チョイス・アワード」部門に入賞したのは、ハリー・ウォーカーさんの作品「なんてことだ!(Oh, My!)」。


    (出典 www.traveller.com.au)


    (出典 static.boredpanda.com)


    (出典 images.7news.com.au)        
            



    (出典 petapixel.com)        






    Twitterで話題 『#マズル祭り』画像


    Twitterを賑わせた「猫の口もとω写真祭り」が、けしからん可愛さ Twitterを賑わせた「猫の口もとω写真祭り」が、けしからん可愛さ
    …tterでは猫のマズル(鼻先から口にかけて)のかわいさが話題に! 「#マズル祭り」というハッシュタグまで誕生し、数多くのマズル写真が溢れかえりました。
    (出典:ライフ総合(女子SPA!))



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    猫の鼻から口にかけてを「マズル」といいます。
    Twitterで「マズル祭り」が開催され、たくさんの写真が集まったようです(*^^)v

    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 www.nekobu.com)



    (出典 www.neko-jirushi.com) 



    (出典 i.pinimg.com) 



    (出典 pbs.twimg.com) 



    (出典 pbs.twimg.com) 



    (出典 pbs.twimg.com) 



    (出典 pbs.twimg.com) 



    (出典 pbs.twimg.com) 



    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com) 



    (出典 joshi-spa.jp) 



    (出典 pbs.twimg.com) 



    (出典 pbs.twimg.com) 



    (出典 www.neko-jirushi.com) 



    (出典 i.pinimg.com)



    (出典 joshi-spa.jp) 




    (出典 www.nekobu.com) 



    (出典 pbs.twimg.com) 



    (出典 i.pinimg.com) 



    (出典 joshi-spa.jp) 


           
     
        

    【Twitterで話題 『#マズル祭り』画像】の続きを読む


    天然記念物のヤマネ 神奈川西部松田町で発見【画像】



    (出典 www.townnews.co.jp)


    松田町西平畑公園内にある自然館裏側の遊歩道で10月8日、国の天然記念物に指定される木の皮でできたボール状のヤマネの巣が落下しているのが発見された。
     今回発見されたヤマネは丸まった状態で約5センチほど。
     同館で一時的に保護していたが、翌9日夕方頃には自ら跳ねるように再び自然に戻っていったという。







    そういえば、アオサギを正面から見たことないです【画像】



    (出典 gendai.ismedia.jp)


    アオサギ、羽を広げてすぐ近くを飛ばれると、大きさにギョッとします。
    群れをなして飛んでいる姿は壮観です。







    冬眠中のクマの巣穴に潜入したら眠っていなかった!≪ブライスキャニオン国立公園≫


    冬眠中のクマの巣穴に入ってみたら…、こっち来た!! 冬眠中のクマの巣穴に入ってみたら…、こっち来た!!
    …目覚めていたアメリカクロクマ、研究者に同行したカメラマンの驚きの体験記 やることは単純だった。電池を交換するだけだ。 だが、その電池があるのは、アメリカクロクマに着けられた首輪の発信器だった。場所は米…
    (出典:北米(ナショナル ジオグラフィック日本版))



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    米ユタ州。
    人里離れたキャンプ場付近で人とクマの衝突を減らす方法を模索している、米ブリガムヤング大学の野生生物学者ウェス・ラーソン。
    先端に麻酔の注射器具を付けた、伸縮できる1.8メートルの棒を手に巣穴にもぐるウェス。
    眠っていなかったクマになんとか麻酔を打ってしばらく待ったあと、再度巣穴に。
    その後にカメラマンの私が続く。
    「再び洞窟に入るウェスに、私は前腕と両ひざではいながら後に続いた。クマがもし攻撃してきても、私より先に噛みつかれるのは彼だと思うと、ほんの少し安心できた。 」

    【冬眠中のクマの巣穴に潜入したら眠っていなかった!≪ブライスキャニオン国立公園≫】の続きを読む

    このページのトップヘ