猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ: 災害時の動物


    Twitterで話題『すべての犬をしまえ』


    「すべての犬を家の中へしまえ」 台風への対策を呼びかけるツイートが多くの人の共感を呼ぶ 「すべての犬を家の中へしまえ」 台風への対策を呼びかけるツイートが多くの人の共感を呼ぶ
    大型で非常に強い台風19号の接近を前に「すべての犬をしまえ すべての犬を家の中へしまえ」というツイートが話題になっています。 9月8日に投稿されたツ…
    (出典:ライフ総合(ねとらぼ))



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    ≪9月8日に投稿されたツイートは多くの人に共感され、4万件以上のリツイートと6万件以上の「いいね」を集める結果に(9月11日15時現在)。「犬小屋もしまえ」「猫もしまえ」といったバリエーションも誕生しています。≫

    【Twitterで話題『すべての犬をしまえ』】の続きを読む


    大型で非常に強い台風19号で、大きな被害を受けた東日本。台風上陸の前日から避難所設置を決定、開設する自治体も多く、また利用者も多かった。

    いまも被災地で救助活動や復旧作業が続く中、ネット上では避難所の「ペット同行」問題をめぐり、議論が交わされている。

    ダレノガレ「動物置いていくなんて選択肢ないな」

    2019年10月14日朝、「中1男子」というワードツイッターのトレンド欄に上がった。埼玉県川越市で浸水した自宅の2階から消防ボートで救助されたという中学1年生の男子生徒が「猫を飼っているので避難できなかった」と述べたという報道(14日朝・朝日新聞デジタル)を受けてのものと考えられる。

    男子生徒のケースが、避難所の受け入れ態勢によるものなのか、それとも別の原因かは現時点では不明だ。一方でネット上では、特に避難所へのペット同行について、さまざまな意見が飛び交っている。

    ペットNGの避難所も多かったようで胸が痛みます」
    ペットも一緒に避難できる場所作って欲しい」
    「ダメであれば予めダメと周知して欲しかった」
    アレルギーある自分からしたら避難所に犬猫がいられるのは困るかな」
    「動物が苦手な人のために、ペット不可な避難所は必要だと思う」

    動物愛好家であり、ペットを飼っているモデルのダレノガレ明美さんは12日、

    「避難所、動物ダメらしく...悲しい。動物は置いてきてくださいって...」

    ツイート。翌13日の投稿で、前出の中1男子と同様に、ペットと自宅に残る選択をしたことがわかる。

    「悲しいよね...動物置いていくなんて選択肢ないな...アレルギー問題やいろんな問題があるから文句言えないけど、私や家族は避難しないで家にいるのを選んじゃった」

    環境省「同行避難が基本」、一方で...

    ペットの同行避難については、2011年東日本大震災で問題視された。それを踏まえ作成された環境省の「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」によると、「災害が起こった時に飼い主はペットと同行避難することが基本である」。一方で、「他の避難者への迷惑にならないように努めなければならない」とも記載されている。

    避難所には動物が苦手な人や、アレルギーを持っている人もいることが想定される。ペットの受け入れ方については、最終的には各自治体や避難所に委ねられているため、「一回家族で行ってみたもののペットNGだった」「断られました」などという報告がSNSで出ていることからもわかるように、一部で混乱を呼んでしまったようだ。

    一方で、さいたま市広報課の公式アカウントは12日、ツイッターペットの同行避難を呼びかけており、飼い主から称賛を受けている。ツイートによると、ペット専用スペースを設けたようだ。迎え入れにあたり、ペットのケージ、食料などを準備するように促していた。

    避難所の「ペット同行」をめぐり、議論が交わされている (画像はイメージ)


    (出典 news.nicovideo.jp)



    細川直美「ペットも大事な家族」災害対策の課題を再確認 細川直美「ペットも大事な家族」災害対策の課題を再確認
    …ました」とつづった。 また、避難所によってはペット同行が禁止されている場所も少なくなく、「動物を連れて避難出来る場所を確認しておく事などなど……。今回…
    (出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))



    (出典 www.higashikagawa.jp)


    車があれば、駐車場でいっしょにいられます。
    我が家もそうでしたが、避難所へは入らず、駐車場にとどまっていた人がいっぱいいると思います。
    短時間ならこれでなんとかなります。
    (避難所へペット同伴が可だったかどうか確認しませんでした。)

    車避難でない人は、ペットがすごせるケージを避難所へ運ぶ算段を普段から考えておきたいですね。

    今回の避難で思ったこと。
    ・普段から車に慣れさせておく必要がある。
    ・万が一の時のために、ハーネスをつけて避難したい。
     (うちは猫なので、車の開け閉めの時には注意が必要でした。)
    避難所へ入るつもりはなかったけど、車に大きなケージを積みました。
    車にいるだけなら、このケージは必要なかったかなと思っています。

    水害を避けての避難で、かつ数時間後に家に帰れたのですが、もししばらく帰れない事態になるのなら、大きなケージは必要かもしれません。

    災害の種類によっても状況は変わってくるので、様々なケースを想定して、準備する必要があるのでしょう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【避難所への「ペット同行」どうすればいい 環境省「同行避難が基本」】の続きを読む


    モデルプレス=2019/10/13】モデルのダレノガレが12日から13日にかけてTwitterを更新。関東に上陸した台風19号の影響により設けられた避難所で、ペット同伴を拒否されたことを明かした。

    【写真】ダレノガレ明美、イケメン兄と2ショット公開「すごい遺伝子…」「美男美女」とコメント殺到

    ◆ダレノガレ明美、ペット同伴不可の避難所に「悲しい」

    自身の家でも実家でも、猫とともに暮らしているダレノガレ。11日から台風対策を呼びかけ、「ペットも同じ家族です。ご飯の確保、普段外で飼っているわんちゃんもなるべく中に入れてあげましょう!安全な場所へしっかり!」とつづっていた。

    12日には「すごく不安です。実家の近くの川が溢れそうで…避難する場所がないみたいで…心配で心配で…」とツイート。その後、「避難所、動物ダメらしく…悲しい。動物は置いてきてくださいって…」と避難所からペットの同伴を断られたことを明かした。

    ペットを置いて避難することはできなかったため、自身も家族も避難せず自宅にとどまることを選んだそうで、「悲しいよね…動物置いていくなんて選択肢ないな…アレルギー問題やいろんな問題があるから文句言えないけど」と心境をつづっている。

    12日のTwitter上では、避難勧告が発令された地域の住民たちがペット同伴可の避難所情報を求めるコメントが多く上がっていた。(modelpress編集部)

    Not Sponsored 記事】

    ダレノガレ明美(C)モデルプレス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 news.nifty.com)


    12日は我が家も避難でしたが、避難所の駐車場に猫たちと留まりました。
    大勢の知らない人たちの中に連れていくより、家族だけですごした方が、猫たちも落ち着いていられると思います。
    一日だけだったからだけど、長期間になったらどうしたらよいでしょう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【ダレノガレ明美、ペット同伴NGの避難所に言及】の続きを読む


    カリフォルニアの山火事 ペットとの再会にSNSが活かされる【画像】


    SNSを駆使して愛猫と奇跡の再会! カリフォルニア最大規模の山火事を生き延びた両者に涙…… SNSを駆使して愛猫と奇跡の再会! カリフォルニア最大規模の山火事を生き延びた両者に涙……
    米カリフォルニア州北部にて発生した大規模な山火事により、最愛のペットとはぐれてしまった飼い主が、SNSを駆使して見事ペットと再会することができました! 炎の中を奇跡的に生き延びた両者のストーリーが、…
    (出典:ライフ総合(ねとらぼ))



    (出典 accuweather.brightspotcdn.com)


    SNSがあって良かったですね。
    全ての命が保護されて助かりますように。

    【カリフォルニアの山火事 ペットとの再会にSNSが活かされる【画像】】の続きを読む


    猫を災害から守ろう!猫飼いさん必見!『猫と一緒に生き残る防災BOOK』


    猫の命は自分が守る 『猫と一緒に生き残る防災BOOK』でいろんな準備をしておきたい 猫の命は自分が守る 『猫と一緒に生き残る防災BOOK』でいろんな準備をしておきたい
    愛猫を災害から守るための情報をまとめた書籍『決定版 猫と一緒に生き残る防災BOOK』が、12月10日に日東書院(辰巳出版グループ)から発売されます。
    (出典:ライフ総合(ねとらぼ))



    (出典 image.rakuten.co.jp)


    いざというときのために、知識は豊富なほうがいいと思います。
    情報をたくさん集めておきたいですね。

    【猫を災害から守ろう!猫飼いさん必見!『猫と一緒に生き残る防災BOOK』】の続きを読む

    このページのトップヘ