猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ: 映画 テレビ ラジオ 芸術 小説


    フランス映画界にその名を刻む巨匠ジャック・ベッケル監督を父に持ち、自身も60年代から第一線で活躍をつづけるジャン・ベッケル監督が、ゴンクール賞受賞作家ジャンクリストフ・リュファンベストセラー小説を映画化した『再会の夏』(12月13日公開)。このたび本作から、劇中で重要な役割を担う“イケメン犬”の凛々しい姿を収めた場面写真を独占入手した。

    【写真を見る】フランス映画界の名匠も虜にした“イケメン犬”とは?

    本作は第一次世界大戦後のフランスの片田舎を舞台に、主人を待ち続ける一匹のイヌと勲章にまつわる、絶えることのない愛と信頼を描いたフランス版“忠犬”物語。戦争の英雄で武勲をあげたはずのジャック・モルラックは、留置所に収監され頑なに黙秘を続けていた。そんななか、彼を軍法会議にかけるか決めるためにパリからやってきた郡判事のランティエ少佐は、留置所の外で1匹のイヌが吠え続ける姿を目にする…。

    本作に登場するのは日本では珍しいボースロンという犬種で、現在軍用犬として活躍するドーベルマンの原種といわれている。忠誠心を持ち、顔良し・頭良し・体格良しのすべてが揃った、まさにドッグ界きってのイケメン犬種。しかも、劇中のほとんどのシーンを演じているイェーガーは、2016年に“フランスで一番美しいボースロン”に選ばれたイケメン犬の中のイケメン犬だ。

    2ヶ月半に渡る撮影期間、これまで何百本もの映画への参加経験を持つ調教師のピエール・キャデアックに預けられたイェーガー。彼のブリーダーであるギィ・ボヌフォアは「こんなに長い間、イェーガーを預けるのは不安だった。繰り返される撮影や塹壕や武器などの戦場の音、叫び声をあげる兵士たちにも耐えられる、タフな精神力が求められた。普通の犬なら不安で気持ちを遮断してしまう」だろうと当時を振り返る。

    それでもピエールの卓越した導きによって、戦場シーンの一部を除いて代役なしで演じ抜いたイェーガー。しかも一部のシーンで代役を務めたのはイェーガーの父であるカルマだったそうで、わずか2頭で撮影を乗り切るという、ボースロンのタフさと聡明さが顕著に現れた撮影となったようだ。ちなみに、撮影を通してボースロンの虜になったベッケル監督は、撮影後に1頭迎えようと考えたという逸話も。

    いまでも戦地で働くソルジャードッグをはじめ、警察犬や災害救助犬、盲導犬やセラピードッグ、オリンピック/パラリンピックの伴走ランナーに至るまで、イヌと人間の共生が広がっている現代社会。戦争で傷ついた人間たちに、愛と信頼を教えてくれる忠実なイヌの姿に、きっと誰もが心打たれることだろう。是非とも劇場で、その深い感動を味わってほしい。(Movie Walker・文/久保田 和馬)

    フランス版“忠犬”物語『再会の夏』から場面写真が一挙に解禁!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 tokushu.eiga-log.com)


    「戦場シーンの一部を除いて代役なしで演じ抜いたイェーガー。しかも一部のシーンで代役を務めたのはイェーガーの父であるカルマだったそう。」

    <このニュースへのネットの反応>


    (出典 pds.exblog.jp)


    (出典 saikai-natsu.com)


    (出典 i.ytimg.com


    (出典 pbs.twimg.com) 


    (出典 saikai-natsu.com)




    (出典 saikai-natsu.com)


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 psnews.jp)



    【『僕のワンダフル・ライフ』金曜ロードショー 観たよ】の続きを読む


    アニメ映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』の本編映像が公開された。

    9月28日から公開される同作は、『スノーマン』『風が吹くとき』などで知られるイギリス絵本作家レイモンド・ブリッグズが自身の両親をモデルに描いた原作を映画化するもの。1928年にイギリスロンドンで結婚した牛乳配達員のアーネストメイドのエセルが、戦争を乗り越え、戦後の新しい時代を生き、世を去る1971年までを描く。原題は『Ethel & Ernest』。エンディング曲はポール・マッカートニーが書き下ろした。

    今回公開されたのは、エセルとアーネストの人生に寄り添うように存在する黒猫スージーの登場シーンスージーは、エセルとアーネストが年老いて息子レイモンドも成長していく中でエイジレスな存在として描かれている。

    『エセルとアーネスト ふたりの物語』 ©Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016


    (出典 news.nicovideo.jp)

    英絵本作家が綴る夫婦の40年『エセルとアーネスト』不思議な黒猫の本編映像 - CINRA.NET(シンラドットネット)
    アニメ映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』の本編映像が公開された。 9月28日から公開される同作は、『スノーマン』『風が吹くとき』などで知られるイギリスの絵本作家 ...
    (出典:CINRA.NET(シンラドットネット))



    (出典 www.cinemacats.com)


    ≪9月28日から公開される同作は、『スノーマン』『風が吹くとき』などで知られるイギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグズが自身の両親をモデルに描いた原作を映画化するもの。1928年にイギリス・ロンドンで結婚した牛乳配達員のアーネストとメイドのエセルが、戦争を乗り越え、戦後の新しい時代を生き、世を去る1971年までを描く。原題は『Ethel & Ernest』。エンディング曲はポール・マッカートニーが書き下ろした。≫

    <このニュースへのネットの反応>

    【英絵本作家が綴る夫婦の40年『エセルとアーネスト』不思議な黒猫スージーの登場シーン】の続きを読む


    クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の本編映像が公開された。

    公開された映像は、ブラッド・ピット演じるクリフ・ブースと、クリフの愛犬ブランディがトレーラーハウスで過ごすシーンフォーカスしたもの。クリフブランディに「鼻鳴らした? 鼻鳴らしたらメシ抜き」と忠告する姿をはじめ、クリフが煙草を吸いながら夕食を作る様子、皿に大量のドッグフードが載せられる場面、ブランディが尻尾を振る様子などが映し出されている。なお、ブランディは優秀な演技をした犬に贈られる『カンヌ国際映画祭パルムドッグ賞を受賞している。

    本日8月30日から公開されている『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、1969年ロサンゼルスを舞台に、ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を描く作品。タランティーノは製作、脚本、監督を務めており、脚本の執筆には約5年を費やしたという。ハリウッドで栄光を取り戻そうとする落ち目のテレビ俳優リック・ダルトン役をレオナルド・ディカプリオ、長年ダルトンのスタントマンを務めているクリフ・ブース役をブラッド・ピット、当時人気の新人女優だったシャロン・テート役をマーゴット・ロビーが演じる。

    『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ブラッド・ピットが犬に話しかける タランティーノ『ワンハリ』本編映像 - CINRA.NET(シンラドットネット)
    クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の本編映像が公開された。 公開された映像は、ブラッド・ピット演じるクリフ・ブースと、 ...
    (出典:CINRA.NET(シンラドットネット))



    (出典 i.ytimg.com)


    ≪公開された映像は、ブラッド・ピット演じるクリフ・ブースと、クリフの愛犬ブランディがトレーラーハウスで過ごすシーンにフォーカスしたもの。≫



    【ブラッド・ピットが犬に話しかける『ワンハリ』本編映像】の続きを読む


    イタリア映画界の鬼才マッテオ・ガローネ監督『ドッグマン』冒頭映像公開


    人と犬の息ぴったりの演技!『ドッグマン』冒頭映像公開 人と犬の息ぴったりの演技!『ドッグマン』冒頭映像公開
    …『ゴモラ』『リアリティー』など手掛けたイタリア映画界の鬼才マッテオ・ガローネ監督が放つ衝撃の問題作『ドッグマン』。この度、本作の冒頭を切り取った映像が到着した。犬の視線が指標となり、登場人物たちの行動…
    (出典:映画(cinemacafe.net))



    (出典 i.ytimg.com)


    ≪犬の視線が指標となり、登場人物たちの行動を目撃する様子を描いた本作。今回到着したのは、犬の存在が重要な役割を担うことを予感させる冒頭3分の映像だ。≫






    このページのトップヘ