猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ: 動物愛護


     日本でも山間部を中心に人が熊に遭遇する事案がいくつも報告されているが、熊に遭遇して大けがを負いながらも、自力で熊を撃退した男性がいる。

     海外ニュースサイト『THE SUN』は6月11日ロシアに住む35歳の男性、ニコレイ・イルジットさんが、山で巨大な熊に襲われて、大けがを負ったと報じた。ニコレイさんは熊の舌を噛みちぎって熊を撃退したという。

     同記事によると、ニコライさんは、闇市場で売るシカやヘラジカの角の採取のために2人の友人とともに、山へ足を運んだところ、500㎏以上あると思われる巨大な熊と遭遇。ニコライさんは武器を一切所持していなかったので、熊に襲われないように、大声で叫び威嚇したそうだ。しかしその後、熊はニコライさんに突進してきたという。ニコライさんは、熊の顔にパンチをして抵抗するも、その甲斐なく熊に押し倒されて、脚に噛みつかれてしまった。

     ニコライさんは、熊が歯をむき出しにして噛み付こうとして来た瞬間、とっさに熊の舌の一部を噛みちぎったという。すると、熊は攻撃をやめて逃げていったそうだ。その後、ともに山を訪れていた友人が、その場しのぎの簡易担架を作り、山から一番近い村にニコラスさんを運んだ。さらに、その村から約150キロ離れた病院に運ばれて、ニコライさんは、やっと手当てを受けることができたそうだ。同記事には、手当てを受けた当時のニコラスさんの顔写真が掲載されているが、顔全体が腫れ上がり、緑色のあざがところどころにできた痛ましい姿だ。しかし、医師によるとケガは完治が見込まれているという。

     このニュースが世界中に広がると「熊の舌を噛み切るなんて信じられない」「ロシア人は野生の熊より強いのか?」「助かってよかったけど密漁は駄目だろう」などの声が寄せられた。

     ニコライさんが熊に遭遇してしまったのは、運が悪かったとしか言いようがないが、山に出かける以上、遭遇する危険性は少なからず誰にでもある。ニコライさんが襲われてしまった理由の1つには、熊と遭遇した時に叫んでしまったことが挙げられる。不幸にも野生の熊に遭遇してしまったときには、適切な対処をすれば襲われる可能性は低くなるようだ。

     環境教育や野生生物の保護活動に取り組んでいる『知床財団』の公式サイトによると、熊に出会ってしまったときは、落ち着くことがとにかく大切だという。自分と熊との距離が100メートル以上離れていた場合、静かにゆっくりとその場を去るのが適切だそうだ。万が一、熊との距離が20〜50メートルしかなかった場合、またはそれ以上に近い場合には、両手を上げて振り、穏やかな口調で話しかけながら静かに立ち去るべきだそうだ。走ったり、大声を出すことは禁物。これらの行為は熊を興奮させてしまうため、逆効果だという。

     山に行く以上、少なからず野生の熊に遭遇してしまう危険性はある。万が一に備えて、対処法を覚えておくといいだろう。

    記事内の引用について

    BEAR CHILLS Russian man ‘bites off brown bear’s TONGUE to escape savage mauling by half-ton beast
    https://www.thesun.co.uk/news/9266979/russian-bites-off-bears-tongue/

    知床財団
    https://www.shiretoko.or.jp/library/bear/bear2/

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    熊に襲われた35歳男性、熊の“舌を噛み切って”撃退 男性の致命的な失敗は… (2019年6月14日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    日本でも山間部を中心に人が熊に遭遇する事案がいくつも報告されているが、熊に遭遇して大けがを負いながらも、自力で熊を撃退した男性がいる。海外ニュース ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 contents.gunosy.com)


    命をとりとめたニコライは、免許なしで不法にシカの角を採取していました。
    危険な目に遭いましたが、今回の件では罰金を科せられることになるそうです。
    ニコライは、他にも、山林の規制地域で山火事を起こした疑いももたれているし、野生生物に危害を加えたことがあります。

    ニコライの背景を考えると、クマは、彼の所業を戒めるために出てきたのではないかと思われるくらいです。
    舌を噛み切られたクマの方が、気の毒です。
    人間を襲ったということで、クマは狩られることになるそうですが、それもすべて、ニコライの罪に依るのです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【熊に襲われ、熊の“舌を噛み切って生還したが・・・【画像】】の続きを読む


    『Amazon動物保護施設支援プログラム』についてTwitterの反応


    アマゾンの『動物支援』が斬新! 施設を支援し、動物たちに幸せな生活を提供 - ニコニコニュース
    悲しいことですが、人間の勝手な理由で捨てられたり保健所へ預けられたりする犬や猫は後を絶ちません。行き場を失った動物たちを救う方法として、真っ先に思い浮かぶの ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 www.watch.impress.co.jp)


    捨てられたり保健所へ預けられたりして行き場を失った犬や猫を保護するための動物保護施設。
    このような施設で暮らす犬や猫が里親と出会うまでの間、十分な物資のもとで生活できるように支援するための取り組をAmazonがスタート。
    施設を選んで、寄付する品物を購入すると、その施設へ送られる。
    現在15の施設も今後増えていく予定。

    【『Amazon動物保護施設支援プログラム』についてTwitterの反応】の続きを読む


    サーカスに動物は使わない『ホログラムの動物が魅惑の曲芸』【サーカス映像】


    ホログラムの動物が魅惑の曲芸! ドイツのサーカスが最新技術を駆使し、本物の動物を守る ホログラムの動物が魅惑の曲芸! ドイツのサーカスが最新技術を駆使し、本物の動物を守る
    …1976年よりドイツを拠点に活動している「サーカス・ロンカリ」が、世界初となる魔法のようなショーを行っていると大きな注目を集めている。アリーナをホログラムの象や馬が駆け巡るそれは、ホログラムの動物たち…
    (出典:エンタメ総合(FINDERS))



    (出典 media.techeblog.com)


    This is Roncalli 2019

    (出典 Youtube)


    ≪ドイツのサーカス・ロンカリ≫
    1990年代、他のサーカスに先駆けて野生動物の使用を止め、国内の馬だけを使ってきた。そして最近、動物の使用を完全に辞めるという決定を下した。
    ヨーロッパの大部分、ラテンアメリカ、アジアを含む世界40カ国以上で、すでに動物を使ったサーカスが禁止されている。日本でも野生動物を使うサーカスに対して抗議活動が行われている。


    【サーカスに動物は使わない『ホログラムの動物が魅惑の曲芸』【サーカス映像】】の続きを読む


    「猫の街」広島市尾道市で


    「猫の街」で非情な行為 生きたまま、ごみ捨て場に 「猫の街」で非情な行為 生きたまま、ごみ捨て場に
    猫の写真集まで出版され、「猫の街」として知られる広島県尾道市。ある事件が起き、怒りの声が上がっています。くわしくは動画で……
    (出典:社会(テレビ朝日系(ANN)))



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    「では、生きたまま捨てなければいいのか」というようなことにならないように、命を慈しむ教育をしてほしいです。

    【「猫の街」広島市尾道市で子猫がゴミ集積場に捨てられる【ニュース映像】】の続きを読む


    口をケガした子牛、救助されてお母さんといっしょ【動画】


    Animal Aid~口をケガした子牛、お母さんの励ましですっかり元気に(2019年5月27日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース
    インドの街中でよく見かける動物といえば、やはり野良犬とウシである。必然的にAnimalAidが助けるのも、この2種類の生き物が多くなる。これから一年で一番暑い季…
    (出典:BIGLOBEニュース)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    口を怪我した牛がいると、AnimalAidがかけつけた。
    歯が折れて弱った子牛は、運ばれて治療を受ける。
    すてきなのは、母牛が探して連れて来られたこと。
    親子はいっしょにいるのが一番ですものね。
    子牛は元気になって、ミルクが飲めるようになりました。






    このページのトップヘ