猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ: 動物愛護


    環境省によると、2018年では8千362匹の犬と、3万4千854匹の猫が殺処分されたといいます。

    引き取り手のいない野生動物だけでなく、中には飼い主が保健所に渡し、命を奪われた動物も存在します。

    姿かたちは違えど、人間と同じ尊い1つの命であることに違いはありません。しかし現実では、こうして多くの動物が悲しい末路をたどっているのです。

    『殺処分寸前に救われた犬猫』の写真展が開催

    「本当なら殺されていたかもしれない小さな命が救われ、ともに生きる」

    その尊さを多くの人に知ってもらうため、2010年から毎年実施されている『いのちつないだワンニャン写真動画コンテスト』。

    保護によって殺処分を逃れた犬や猫たちが被写体であり、幸せをつかんだ姿が写し出されています。

    会場で展示されている一部の写真を、飼い主のコメントとともにご覧ください。

    大阪府知事賞】

    「17年前の秋、我が家にもらわれてきたラン。庭に来たハトを捕まえたこともあるほど元気だったけど、今では寝ている方が多くなって……互いに歳を取ったけど、のんびりすごそう日向ぼっこでもして」

    【理事長賞】

    「我が家の仲良しにゃんは、みんにゃ保護猫。バラバラにやってきた子たちだけれど仲よしな大家族です。お外にいる、恵まれない環境にいるすべての子たちに温かいお家とおいしいご飯、優しい家族ができる、いつかそんな世の中が実現しますように」

    【審査員特別賞】

    千葉県動物愛護センターに生まれて数か月で兄弟犬と共に収容され、保護団体さんの手に無事にわたり、里親会でお兄ちゃんが抱っこして、この子がいい!と家族に。それから9年。パパさんやママさんとドックランでお友達とニコニコ

    会場では環境大臣賞、大阪府知事賞など、優秀作品を使ったカレンダーチャリティグッズが販売されます。

    収益金はすべて、写真展の開催元である公益財団法人『どうぶつ基金』で殺処分ゼロのための活動に使わるそうです。

    忘れてはならないのは、この写真に写っているのは無事に保護されたごく一部の動物ということ。収容期限が切れてしまい、殺処分される動物は今も多く存在します。

    多くの人が動物愛護に関心を持つことで、悲しい想いをする動物が1匹でも減っていくことを祈るばかりです。

    【いのちつないだワンニャン写真・動画コンテスト2019 入賞作品展】

    開催期間:2019年10月17~19日
    会場:大阪本町ガーデンシティ1階ロビー(大阪府大阪市
    時間:10~19時(最終日は17時まで)


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    環境省


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.petoffice.co.jp)


    【いのちつないだワンニャン写真・動画コンテスト2019 入賞作品展】

    開催期間:2019年10月17~19日
    会場:大阪本町ガーデンシティ1階ロビー(大阪府大阪市)
    時間:10~19時(最終日は17時まで)

    <このニュースへのネットの反応>

    【『本当は殺されていた命』の現在 「写真から伝えたいこと」】の続きを読む


    生駒市は、ふるさと納税によっていただいた寄附を活用して、野良猫

    避妊手術を行った猫(耳のV字カットが目印)

    の避妊・去勢手術の費用を市が全額負担する取り組みを10月1日(火)から開始。野良猫の繁殖を抑えて地域の環境被害を軽減しながら、殺処分ゼロを達成する「猫の殺処分ゼロの街いこま」を目指し、動物病院や地域ねこ活動サポーターと地域の皆様との協働による様々な取り組みを進めます。

    この取り組みは、市町村では生駒市が全国で初めてです。

    ■ 現状と課題
    猫は非常に繁殖力の強い動物で、毎年複数回、多くの子猫を産みます。また、屋外で飼っている飼い猫による予期せぬ繁殖や、遺棄・迷子などにより日々新たな野良猫が生まれています。
    生駒市内にも多くの野良猫がおり、フンや尿の被害、鳴き声、ごみあさりなど環境被害の相談が多く寄せられています。市内全自治会にアンケート127自治会中94自治会から回答)を行った結果、市内に生息する野良猫の数は270匹以上、野良猫による被害を受けていると回答した自治会が46自治会に及びました。
    地域環境の保全と無秩序な繁殖の抑制、関係者の負担軽減に取り組むことが喫緊の課題となっています。

    ■ 各種の取り組み
    1.ふるさと納税を活用した市の全額負担による避妊・去勢手術

    地域ねこ活動を行う地域ねこ活動サポーターなどの活動支援として、市が指定した動物病院で行う避妊・去勢手術の費用を市が全額負担します。

    事業の流れ

    (参考:地域ねこ活動、地域ねこ活動サポーターとは) 地域が主体となり、飼い主がいない猫の避妊・去勢手術を行ったり、手術後の猫について、餌やふん尿の管理,周辺美化などの一定のルールに基づいて管理し、一代限りで猫と共生を図る活動です。その活動のサポートアドバイスを行うボランティアサポーター8月31日現在、23自治会において32名)による支援をいただきながら進められています。

    2.地域ねこ活動サポーターの増員・地域の協力促進
    生駒市では、前述の手術を速やかに進めていきますが、手術後の猫を地域で飼育・管理するには、地域住民の協力や地域ねこ活動サポーターの力が不可欠です。
    そこで、生駒市では、ふるさと生駒応援寄附「殺処分ゼロを目指す 猫愛護コース」に集まったご寄付を活用して、以下の取り組みを推進します。
    (1) 地域ねこ活動サポーターの募集と活動支援
    地域ねこ活動サポーターの募集を行い、メンバーを増やすとともに、集まったサポーターの活動を支援し、野良猫の被害に悩む地域が円滑に地域ねこ活動に取り組むことができる環境整備等を進めます。
    (2) 猫の飼い方や地域ねこ活動に関する一層の普及啓発
    猫の飼い方や地域ねこ活動に関するパンフレットを作成し、サポーターや市による市民や自治会への説明、動物病院やペットショップへの配置など、一層の普及啓発を行います。
    (3) 捨て猫防止のための監視強化
    捨て猫に対する地域や市による監視を強化します。

    3. 市内動物病院との連携強化
    避妊・去勢手術に協力くださる指定動物病院との連携を進め、地域ねこ活動に対する普及啓発への協力をお願いします。

    4. ふるさと納税による支援募集の継続・強化
    生駒市で行う地域ねこの取り組みを広く全国に発信し、ふるさと納税制度を通じた全国からの支援を引き続きお願いしていきます。







    配信元企業:奈良県生駒市

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 petshop-hack.jp)


    生駒市は、ふるさと納税を活用して、「猫の殺処分ゼロの街いこま」を目指す。
    野良猫 の避妊・去勢手術の費用を市が全額負担する取り組みを10月1日(火)から開始。
    この取り組みは市町村では生駒市が全国初。

    <このニュースへのネットの反応>

    【全国初 ふるさと納税を活用して「猫の殺処分ゼロの街いこま」】の続きを読む


    梯子を組んで火災からアライグマ救出!【動画】インディアナ州


    火災からアライグマ救出の為に消防署がハシゴ➡︎素早く渡って無事【動画あり】 - HuffPost Japan
    見守っていた子供たちからは拍手や歓声があがったという。
    (出典:HuffPost Japan)



    (出典 i.pinimg.com)


    「命の安全と建築物の保存、この2つが火災の場における優先事項です。アライグマを救出するのために数分を割いてくれた仲間たちに感謝します」

    【梯子を組んで火災からアライグマ救出!【動画】インディアナ州】の続きを読む


     米カリフォルニア州ロサンゼルスで活動する動物保護団体「Hope For Paws」が、排水溝の中から子猫たちを救助する様子をYouTubeの公式チャンネルで公開し、話題となっています。

    【画像:救助された子猫たち】

     同じロサンゼルスで活動する猫の救助団体「Cats At The Studios」から、排水溝の中に取り残されている子猫たちの救助を依頼された「Hope For Paws」の職員たち。「Cats At The Studios」のメンバーは、母猫も保護するために仕掛けを作ったりしていたのですが残念ながら現れず……まずは子猫たちの救助をすることとなりました。

     現場に到着すると確かに母猫は見当たらず、子猫たちだけがその場にいることが確認できました。まずは職員たちはマンホールの穴から入って救助しようと試みますが、人間を怖がる子猫たちは隅にかたまり、小さな声ながらも威嚇の鳴き声をあげていました。そのけなげな表情に心を打たれます。

     これ以上怖がらせないように、と職員たちは話しかけながら時間をかけてゆっくりと、1匹ずつそっと抱きかかえ、キャリーの中に移していきます。幸い子猫たちは逃げることはなく、無事に全員救助することに成功!

     そしてやはり母猫も保護しようと考え、子猫たちが入ったキャリー排水溝の奥に置き、その前にエサを置いたケージを設置。母猫が子猫たちを求めてやってきたらケージに確保するというトラップを作りました。子猫たちはおとなしくしていたのでYouTubeで猫の鳴き声を流し、1時間ほど待ちましたが……残念ながら母猫は現れず。

     ひとまず子猫たちを施設のほうへ連れ帰ってから数週間後、保護された5匹の子猫たちは安全な里親さんのところですっかり元気に過ごしていました。おもちゃにはしゃいで遊ぶ幸せそうな姿に子どもらしいかわいらしさを感じます。

     母猫は別のトラップで保護活動を継続し、救助・保護出来次第「Cats At The Studios」のメンバーが報告することになっています。どうか無事に見つかって、子猫たちと一緒に新しい家族のもとへ行けることを心から願っています。

    小さな体で懸命に威嚇(いかく)する姿に胸がしめつけられます


    (出典 news.nicovideo.jp)

    排水溝の中に取り残された子猫たちを救助! 5匹で身を寄せ合って警戒する姿が痛々しい (2019年8月17日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    米カリフォルニア州ロサンゼルスで活動する動物保護団体「HopeForPaws」が、排水溝の中から子猫たちを救助する様子をYouTubeの公式チャンネルで公開し、話題となっ ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ママも早く保護されますように。

    <このニュースへのネットの反応>

    【Hope For Paws【動画】排水溝の中に取り残された子猫たちを救助!】の続きを読む


    【動画はこちら】

    トルコイスタンブールで、幸運な子猫が清掃員の男性に救われ話題になっています。大雨が降ったトルコイスタンブールの路上で、子猫が溺れてぐったりとしていました。

    そんな子猫の姿を見たメティン・ケスキンさんは子猫に人工呼吸を行い、獣医の元へと連れて行きました。

    子猫は今は動物保護センターへ連れて行かれ、ケスキンさんは「今はとても健康です。私もとても嬉しい。今では元気な子猫になりました」とコメントしています。

    ケスキンさんは当時の状況を振り返り語ります。「私が子猫を見つけた時、子猫は息をしていませんでした。心臓マッサージをし、人口呼吸をすると、子猫は弱く鳴きました。私は自分にできることが出来て幸せです」と。

    優しい男性に見つけてもらって本当に良かったです^^

    【動画はこちら】

    大雨で溺れてぐったりしてしまった子猫。清掃員の男性が必死に人工呼吸と心臓マッサージをする姿が話題に!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    大雨で溺れてぐったりしてしまった子猫。清掃員の男性が必死に人工呼吸と心臓マッサージをする姿が話題に! - ニコニコニュース
    【動画はこちら】トルコのイスタンブールで、幸運な子猫が清掃員の男性に救われ話題になっています。大雨が降ったトルコのイスタンブールの路上で、子猫が溺れてぐったり ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    こんな愛であふれた世界になってほしいですね(=^・^=)

    <このニュースへのネットの反応>

    【大雨で瀕死の子猫に人工呼吸【動画】トルコ】の続きを読む

    このページのトップヘ