猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ: 環境


    ドミニカ国、2019年にプラスチックの使い捨て食器容器を禁止へ


    2020年にオリンピックをひかえる日本がやってこそ、世界にその必要性を示すことができるのに。

    【ドミニカ国、2019年にプラスチックの使い捨て食器容器を禁止へ】の続きを読む


    beautiful-1790701_640_e

     世界中の海のありとあらゆる場所に到達するなど途方もないことだ。

     だが最新の研究によると、人類はそこに近づきつつあるという。だがそれはそう嬉しいニュースではない。

     最近の研究論文によれば、地球の海のわずか13パーセントはまだ確かに野生だと考えられている。つまり人間活動から影響を受けていないということだ。


    ―あわせて読みたい―

    2100年、地球の海はまったく違う姿に変わっている
    海に投棄されたビニール袋が驚くほど少ない理由。微生物が進化を遂げ分解するようになった可能性(スペイン研究)
    地球上でもっとも汚染された25の場所
    地球上で最も汚染されていると言われている無人の孤島「ヘンダーソン島」(世界遺産)
    これはいったい?海の中から噴き出す真っ赤な液体の正体を探る(カナダ)

    人為的影響を受けている海

     オーストラリア・クイーンズランド大学のケンダル・ジョーンズ氏が地球の海の包括的データセットを分析したところ、海洋生態系の1億8900万平方キロ以上が人為的な影響(海運、肥料の流出、漁業)によって自然に機能できなくなっていることが判明した。

     残された海の自然はわずかでしかないが、海洋保護区に指定されているのはその半分未満でしかない。

     「懸念すべきことです。これらの影響がない海域も数多くの生態系の機能を担っています」とジョーンズ氏は話す。

     「影響のない領域を維持することは、その特定の海域の健康を守るだけでなく、海全体を維持する上でも重要です」

    landscape-1802340_640_e

    侵食されていく自然の状態を保った海

     南極や北極のような極圏は手付かずの海洋生態系が残された唯一の海に囲まれている。

     しかし気候変動による急速な氷の融解ならびに現在提案されている環境に甚大な影響を与えるかもしれない行為(北極における原油と天然ガスの掘削など)のために、この領域すら長くは安全ではないかもしれない。

     ジョーンズ氏によると、太平洋島嶼国(島国)付近の隔絶された領域がなければ、世界の沿岸諸国のほぼすべてに本当に自然な状態の海が残っていないことになるという。

     生物多様性の豊かさで知られる沿岸地域ですら、ダイナマイトを利用した漁業などの破壊的操業によって、その生態系は大きく改変されてしまった。

    iStock-638573632_e

    崩れゆく食物連鎖

     「爆発漁猟や海運がない場合でさえ、漁業による低レベルの人為的影響は生態系機能を大きく変化させることがあります」とジョーンズ氏は言う。

     こうした海域は生命がまったくいない水中の荒野という程ではないが、そこが本当に野生であるというには到底できないほどの人為的な影響が現れている。

     それは連鎖的に影響する。乱獲は食物連鎖の頂点にある捕食者を殺す。それがいなくなってしまうと、小さな魚が爆発的に増える。

     通常、そうした魚はサンゴ礁を食べて清潔さを保ってくれるが、増え過ぎた場合はサンゴ礁を傷つけ、破壊さえする。

     サンゴ礁は魚の住処を提供しているだけでなく、海岸線を嵐や洪水から守っている――そしてサンゴ礁はもちろん重要な観光資源でもある。

    thunderstorm-3440450_640_e

    プラスチックや投棄物による汚染も深刻

     プラスチック汚染といった、この研究では対象とされなかったが海の生物にとってより重要な要素もある。

     毎年800万トンものプラスチックが海に流れ込んでいることを考えれば、13パーセントという数字はまずまずなのかもしれない。

     国立海洋研究所のギャビン・フォスター(Gavin Foster)氏は、海に間接的に投棄されてるものについても懸念する。

     化石燃料の燃焼によって大気中に放出された二酸化炭素のおよそ25パーセントは海に吸収される。吸収された過剰な二酸化炭素のために、殻を持つ生物は硬い外殻層を形成できなくなり、また魚ですら嗅覚を失うことがある。

     最近『Earth and Planetary Science Letters』に掲載されたフォスター氏の研究論文では、太古の海で生きていた小さな化石化した貝殻を調査することで、数百万年前の海面のpHを割り出すことができたと述べている。

     もし現在の割合で二酸化炭素の排出が続くのならば、2100年までに海洋は1400万年間保たれていた酸性レベルを超えるだろうと予測される。その世界的な影響によって、現在までの残された海の野生は一層されてしまうことだろう。

     この研究論文は『Current Biology』に掲載された。
    References:popsci

    こちらもオススメ!

    ―知るの紹介記事―

    平面だと面積が歪みがちだから...グーグルマップが地図を球面化、ますますリアルに近づいた件
    飼うじゃなく探すでもなく貸して?「茶色の猫をちょっと貸してください」ツイッターで話題となった面白広告。その理由とは?
    ストレスや不安を抱えている人ほど悪いニュースにうまく対応できる(米研究)
    知性はIQ(知能指数)だけではない。人間の持つ知性は9つの種類がある。
    リアリティ追求型のコスプレが凄い。サンディエゴのコミックコンで際立っていたコスプレイヤー

    ―自然・廃墟・宇宙についての記事―

    雲が落ちてきた!?海水浴客でにぎわうビーチに巨大な「雲の壁」が出現(イギリス)
    今年は好機!三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」がやってくる!願い事を用意して12日は夜空にロックオン!
    バミューダトライアングルの謎に決着か? 失踪事件の一部は巨大な暴れ波が原因であるという新説(英研究)
    深宇宙から発せられた謎の強力なエネルギーを持つ電波を捕捉(カナダ)
    ダイヤモンドよりも硬い?宇宙由来の新しい鉱物が発見される(ロシア)※追記あり
    世界の海で野生の状態が保たれているのはわずか13パーセント(オーストラリア研究)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.swissinfo.ch)


    「残された海の自然はわずかでしかないが、海洋保護区に指定されているのはその半分未満でしかない。」






    プラスチックを噛むホッキョクグマ! ストロー規制だけでは済まない!!


    プラスチックを噛むホッキョクグマが撮影される。海洋汚染が北極圏にも?
    プラスチックを噛むホッキョクグマが撮影される。海洋汚染が北極圏にも?  ハフィントンポスト
    (出典:ハフィントンポスト)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    人間の暮らしが、動物の命を脅かすことがあってはならない




    北極熊豆知識bot
    @polarbeartrivia

    ホッキョクグマ生息国(カナダ、アメリカ合衆国、ノルウェー、ロシア、デンマーク)により、1973年に「ホッキョクグマの保護に関する国際協定」が締結されており、定期的に会議が開かれているクマー!

    2018-08-08 17:34:04

    (出典 @polarbeartrivia)



    動物の夜行性強まる 人間活動が原因


    動物の夜行性強まる 人間活動が原因、日本でも
    動物の夜行性強まる 人間活動が原因、日本でも  日本経済新聞
    (出典:日本経済新聞)


    動物たちにとって、人間は脅威にしかならないのは、悲しい・・・。




    ハピズー
    @hapizooooo

    >日本の北海道や栃木、長野両県にすむシカやイノシシも夜行性の生態に追いやられていた。動物の夜行性強まる 人間活動が原因、日本でも:日本経済新聞 https://t.co/UjSGbPOxhq

    2018-07-17 21:39:53

    (出典 @hapizooooo)

    みかんとひよどり
    @hiyodori5

    人間も夜行性になっているから更にかも。動物の夜行性強まる人間活動が原因、日本でも 米大調査: 日本経済新聞 https://t.co/qyGUa9qws9

    2018-07-17 20:26:35

    (出典 @hiyodori5)

    masaki♪〜日本を動物愛護先進国へ〜
    @Masaaakii1

    ここまで人間の影響がでるとわ、、、。#動物保護 #犬 #猫 #保護動物の夜行性強まる 人間活動が原因、日本でも: 日本経済新聞 https://t.co/F6YVwzeLQg

    2018-07-17 19:43:33

    (出典 @Masaaakii1)

    清水功哉(日本経済新聞)
    @IsayaShimizu

    人間の「脅威」から逃れるため、哺乳動物が夜行性を強めているとの研究結果 ーー 動物の夜行性強まる 人間活動が原因、日本でも 米大調査 :日本経済新聞 https://t.co/qMg1HF7JOQ

    2018-07-17 16:10:46

    (出典 @IsayaShimizu)

    あいままさふみ
    @iima1123

    動物の夜行性強まる 人間活動が原因、日本でも:日本経済新聞 https://t.co/Wadl8F6ODL「研究結果は米科学誌サイエンスに発表した」とあるので、画期的な研究成果の発表です。かつて恐竜が地上を支配していた頃、哺乳類… https://t.co/RwTeo4tIko

    2018-07-17 16:10:41

    (出典 @iima1123)

    maeda hiroaki
    @torisan3500

    狩猟やハイキングなどの人間活動によって、さまざまな哺乳類が夜間に活動するようになる現象が世界中で起きている。 via #日経新聞動物の夜行性強まるhttps://t.co/b1uFZxAiZs

    2018-07-17 15:57:03

    (出典 @torisan3500)



    ウナギがコカイン中毒!


    ウナギ、コカイン中毒の可能性、研究 ウナギ、コカイン中毒の可能性、研究
    絶滅危惧種のウナギがコカイン中毒になっているかもしれない。2018年6月に学術誌「Science of the Total Environment」に発表された論文で、その可能性が明らかになった。 …
    (出典:科学(ナショナル ジオグラフィック日本版))



    (出典 imagef.navi.com)


    下水とともに川や海に流れ込んだ薬物

    英国ロンドンの国会議事堂前を流れるテムズ川と
    イタリア、アルノ川のピサの斜塔付近は特に濃度が高い


    (出典 ita07.kaoridondon.net)     





    このページのトップヘ