猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    カテゴリ:猫情報 > 猫にもニュース


    cat-eyes-2944820_640_e

     1957年のことである。ある家族が、アメリカカリフォルニア州グレンドーラの夢のマイホームに入居した。

     ところが、この家で不可解なことが起こり、家族は大いに困惑した。

     家のどこかで、助けを求めて鳴いているような猫の声が、四六時中聞こえてくるというのだ。この事件は、新聞各紙でも事細かに報道された。

     猫が壁の中に閉じ込められていたら大変だ。

     この事件は警察、消防、専門家のみならず全米を巻き込んでの大騒動となった。そしてついにその正体が判明する。

     

    ―あわせて読みたい―

    知的障害を持った青年が冤罪で死刑となり「世界一幸せな(楽しそうな)死刑囚」と呼ばれるまでの物語(アメリカ)※追記あり
    元生物学者の家の地下から発見されたのはおびただしい数の異形生物の標本だった。マーリン幻獣博物館コレクション
    歴史的ミステリー。身元不明、正体不明で伝説となった5人の写真
    世にも奇妙なミステリー。2年前に亡くなって埋葬も済ませたはずの妻がテレビ番組に出演していた。
    ミステリーが加速する。謎めいた10の集団失踪事件

    家の中から聞こえてくる謎の猫の鳴き声

     この不可解な現象が起きたのは、ヴィンセントカルタ氏の新居である。謎めいた猫の鳴き声が家の中から聞こえてくるというのだ。

     昼夜問わずニャーニャー鳴く声は18日間も続いていた。だがその姿は一向に見えない。

    cat-3049098_640_e

    photo by pixabay

    全米を巻き込んでの猫探し大作戦


     もしかしたら壁かパイプの中に猫が閉じ込められているのかもしれない。

     カルタ一家は、警官、消防士、獣医、友人たち、果ては赤の他人までも巻き込んで、幻の猫探しに躍起になった。

     新築の真新しい浴室の壁は穴だらけ。猫の鳴き声がその辺から聞こえてくるというので、大工がバスタブの回りに穴をあけまくったのだ。

     だが猫の姿はどこにも見当たらない。

    1_e0

     「鳴き声が聞こえてくる場所が定まらないの。家じゅうから聞こえてくるのですもの。猫がパイプの中を歩き回っているのかもしれない。でも、日ごとに鳴き声が弱くなっていて、もう長くないかも」とユーニス夫人。

     猫がどこかの通風孔から入り込んで、そのまま壁の中から出られなくなったか?あるいは、近くにある渇いた井戸や、地中に埋めてある浄化槽に落ち込んた可能性もあるという。


    ーエルウッド"コールリーダー"紙の報道(1957年1月26日付)ー
    「もう限界だ」先月、妊娠3ヶ月の妻ユーニスと、11歳のヴィンセントジュニア、9歳のサンドラと共にこの家に引越してきたばかりのヴィンセントカルタ氏は言う。

    「あのニャーニャーいう鳴き声に頭がおかしくなりそうになっている」

     この鳴き声問題で困っていたのはカルタ家の住人だけではない。この家は、エスクロー(第三者を仲介させて取引の安全を担保する第三者預託)としてまだ第三者に預託されていて、建築請負業者のH. C. エリオットは、猫ミステリーが解決するまでは、工事費を受け取れないのだ。


     カルタ家のこの事件は、この頃には全国的に知られるようになっていた。

    ありとあらゆる手段を講じても猫が見つからない

     全国の新聞各紙が哀れな猫の悲劇をこぞって報道し、救出のためにありとあらゆる手段がとられたが、どれもうまくいかなかった。

    2_e0

    ロサンゼルスタイムス誌の報道(1月27日付)ー
    昨日は、カルタ家の幻の猫が鳴き始めてから21日目だった。

    ロス市警の科学捜査官でも、この謎めいた猫の所在を突き止めることができない。刑事のD・A・ウォルファーとM・J・リーは、X線装置やアンプを持ち込んだが、鳴き声の発信源がどこなのか、正確に突き止めることができなかった。

    パサデナの獣医は「21日間もエサがなければ、相当太った猫でもない限り、それほど長くは生きられないだろう」とコメントした。

    話はどんどん大きくなって、カルタ家以外にも、警官、消防士、獣医、動物愛護協会、配管工、大工、請負業者など、さまざまな人たちが猫の救出に乗り出し、全国から、それはさまざまな意見が寄せられた。

    「バスタブの後ろを調べてみましたか? 配管とか、屋根裏、地下、垂木などはどうでしょう?」

    ワシントンからわざわざ電話をかけてきたある女性は、自分の犬を貸し出すと提案した。「この犬は猫が嫌いなので、猫がどこにいるかすぐに見つけると思いますよ」

    8ヶ月前に海軍を退いたヴィンセントは、これでやっと引越し続きの生活が終わりになると家族に話していた。

    まずは、静かに穏やかに落ち着ける家を見つけるために、フロリダ、ニューイングランド、ミッドウェストなどを8000マイルも走り回って、やっと、ここグレンドーラに理想の家を見つけた。

    ヴィンセントはロス市の水道電力局に仕事を見つけ、去年の8月、この家の頭金を払った。

    「通勤には車で25マイル(40キロ)も走らなくてはならないが、構わなかった。家は山の麓にあり、近隣の環境もよく、本当に気に入ったんだ。この猫騒動が起こるまでは」

    カルタ家はこの家を出るつもりはなかったが、あと数日で、寄託が終了することになっているのに、猫騒動のせいで被った家屋の損害はかなりのものになっていた。

    ミセス・カルタは、このストレスが収まらないと、流産するかもしれないとまで医師に言われた。


    ニューヨークデイリーニュース誌の報道(1月28日付)-
    警察のX線技術者が壁を調べてみたが、猫と思われる姿をとらえることはできなかった。だが、鳴き声やゴロゴロいう音だけは相変わらず聞こえていた。

    カルタ家は全員で教会へ行って、この苦境を打開できるよう、神に祈った。

    ”囚われ猫物語”がついに終止符。鳴き声の正体が判明!

     全米を巻き込んで大捜索が行われていた「囚われ猫」
     だが、ついにその正体が判明する。

     ニャーニャーという鳴き声に聞こえたその音は、水道メーターが発していた音だったのだ。


    -オシュコシュ・ノースウェスタン紙の報道(1月28日付)-
    バーナビー建設という建築会社が、家をすべて壊して調べた後、再び新しい家を建てるのをタダでやってくれると申し出た。まさに救世主だ。

    しかし、この"囚われ猫物語"は思いもよらぬ形で終止符が打たれることになった。ヴィンセントカルタ家の幻の猫の正体は、音をたてる水道メーターだった! 

    突きとめたのは、音響技術者ロジャーアダムズ。

    高感度の音響探知機を使い、壁を注意深く調べて音をたどってみると、猫の鳴き声に聞こえたその音は、水道メーターが発している音であることがわかった。どういうわけか、本物の猫そっくりの音をたてていたのだ。

    3_e0

     この水道メーターは新しいものに取り替えられ、22日目にして、カルタ家を悩ませ、全米を巻き込んで大騒動にまでなったニャーニャー事件は解決した。

    "哀れな猫"がカルタ家の新居の壁の中で餓死してしまう前に、アダムズは土壇場でこの騒動に参戦した。

    「猫などいないのは確実ですよ。犯人は水道メーターでした。間違いありません。エサなしでずっと生きられる猫はいませんからね」


     とりあえずよかった。壁に閉じ込められて死にそうな猫はいなかったのだ。

     だが誰もが猫の鳴き声だと信じ込んでしまうほどに、その水道メーターの音は猫の鳴き声そっくりだったのだろうか?

     当時の音声記録がないのでわからないが、とにかく大騒動だったことは確かだ。

    4_e0

     「やっと普通の生活に戻れそうだ」ヴィンセントはそう笑ったそうだが、この事件は思い出深いものとなっただろう。

    References:Strange Company: The Mystery of the Meowing House/ written by konohazuku / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52272365.html
     

    こちらもオススメ!

    ―歴史・文化についての記事―

    イタリアの古代都市遺跡「ポンペイ」の壁や通りのあちこちに石造りの息子スティックが。いったいなぜ?
    人間の頭蓋骨に宝石でモザイクが施されたアステカ族の宗教的装飾品
    ナイル川で発見された沈没船が、古代ギリシアの歴史家「ヘロドトス」の歴史書の正しさを証明(エジプト)
    日本は厳守、ベトナムは柔軟、インドの場合は・・・同じアジア圏でも国によって違う時間の感覚
    スティーブン・ホーキング博士の没後一周忌。その功績を讃える記念コインが発行される(イギリス)

    超常現象・心霊についての記事―

    その男は恐怖と共に現れ体が動かなくなる。ほぼ世界中の人が共通して見る悪夢「帽子男」の正体は?
    予知夢は本当に存在するのか?存在すると主張する科学者
    トラックの荷台後部ドアにあわや接触!その時、天使(霊)が知らせてくれて事故を免れたと主張する男性(トルコ)
    死んだ男性が生き返った!?お棺から死者の復活を演出する牧師(南アフリカ)
    またしても靴を履いた状態で切断された人間の足が・・・セイリッシュ海で15本目の足が発見される(ミステリー事件簿)
    鳴き声だけ聞こえてくるが姿は見えず。全米で大騒動を引き起こしたミステリー「囚われの猫」。その結末は?(アメリカ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    鳴き声だけ聞こえてくるが姿は見えず。全米で大騒動を引き起こしたミステリー「囚われの猫」。その結末は?(アメリカ) - ニコニコニュース
    1957年のことである。ある家族が、アメリカ・カリフォルニア州グレンドーラの夢のマイホームに入居した。 ところが、この家で不可解なことが起こり、家族は大いに困惑した。
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    「囚われの猫の鳴き声」が残っていたらよかったのに=^_^=

    <このニュースへのネットの反応>

    鵺みたいなものかと思ったら違った





    【動画はこちら】

    長崎県長崎市で撮影された動画が話題になっています。中島川に落ちてしまった猫。すると、スーツネクタイ姿の男性が現れ、スーツを脱ぎ猫を引き上げ救助しました。

    その場にいた記者が話を聞こうとしたところ、「大丈夫っす」と言って足早にその場を去っていったということです。

    動画には「皆がこのお兄さんのように、優しい人で溢れる世の中になればいいな」「猫を助けてくれてありがとう!」「素敵なニュース」「優しい!」など絶賛のコメントが寄せられています。

    まさに無名のヒーローです^^

    【動画はこちら】

    【長崎】川に落ちた猫、スーツ姿の無名のヒーローが救助し話題に!その後の謙虚な行動に「かっこいい」の声!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    はしごで震える猫、男性が颯爽と助ける 「大丈夫っす」そして足早に去る - ハフポスト日本版
    見守っていた人たちからは拍手が起こったという。
    (出典:ハフポスト日本版)

    【長崎】川に落ちた猫、スーツ姿の無名のヒーローが救助し話題に!その後の謙虚な行動に「かっこいい」の声! - ニコニコニュース
    【動画はこちら】長崎県・長崎市で撮影された動画が話題になっています。中島川に落ちてしまった猫。すると、スーツにネクタイ姿の男性が現れ、スーツを脱ぎ猫を引き上げ ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    かっこいい!!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【動画】川に落ちた猫、スーツ姿の無名のヒーローが救助!ひと言「大丈夫っす」と姿を消す!】の続きを読む


    猫ニュース!!京都市PR動画に猫『ウニ』起用!!謎の猫様「みゃーこ」役【動画】


    京都市PR動画、倉木麻衣さんと猫起用 まちの魅力、コミカルに 京都市PR動画、倉木麻衣さんと猫起用 まちの魅力、コミカルに
    京都市が、行政のPR動画の制作に力を入れている。第1弾は歌手の倉木麻衣さんが国立京都国際会館(左京区)や鴨川沿いなどを巡り、今年行われる国際博物館会議(ICOM)京都大会やまちの魅力をアピールした。
    (出典:京都(京都新聞))



    (出典 d2l930y2yx77uc.cloudfront.net)


    京都市がPR動画に、西陣の猫カフェの看板猫「うに」を起用。
    しっとりと、良い感じの動画です。

    【猫ニュース!!京都市PR動画に猫『ウニ』起用!!謎の猫様「みゃーこ」役【動画】】の続きを読む

    このページのトップヘ