シャープは11日、ペット事業に参入すると発表した。第1弾として猫の尿の量や体重を自動計測し健康管理を助けるトイレ「ペットケアモニター」を7月30日に発売する。ペットの長寿化を受け、病気予防などへの関心が高まっている点に着目。2020年度にペット事業の売り上げを100億円規模にすることを目指す。

 ペットケアモニターはIoT(モノのインターネット)技術を活用し、猫が排せつした尿の量や回数、体重、トイレでの滞在時間を測り、シャープが管理するクラウドにデータを送信。人工知能(AI)が分析し、異常を検知すれば飼い主のスマートフォンに「先週より尿量が多い」といった分析結果を送る。

 ペットケアモニターは当面シャープの通販サイトのみで販売。本体価格は2万6784円で、健康管理サービス利用料として月額324円も必要だ。同社はこのほか、犬の体に着け心拍数などを測るウエアラブル端末の開発にも取り組んでいる。 

〔写真説明〕シャープが7月30日に発売する、猫の尿の量や回数を分析し健康管理を助けるトイレ「ペットケアモニター」=11日午後、東京都港区

シャープが7月30日に発売する、猫の尿の量や回数を分析し健康管理を助けるトイレ「ペットケアモニター」=11日午後、東京都港区


(出典 news.nicovideo.jp)

シャープ、カワイイ愛猫を健康管理するペットケアモニター | マイナビニュース - マイナビニュース
シャープは6月11日、飼い猫の尿の量や回数、体重などを計測し、クラウド上で記録・管理するトイレ型のペットケアモニター「HN-PC001」を発表した。7月30日に発売する。
(出典:マイナビニュース)


トイレの価格は2万5千円程度
アプリの利用料は月額300円程度