偶然の産物――?

猫がカーテンにひっかけた無数の穴が、まるで星空のようだとツイッターで注目を集めている。

ちょっと座って鑑賞会でもしてみよう。


こちらはツイッターユーザー、こひなたさんの投稿。元は遮光カーテンだったというが、点状の小さな穴を見ることができる。サイズはまばらで、画面中央には、ちょっと大きいサイズの穴もある。数え切れないほどの穴に、光が点々としている。

「きれいだろ??ぜんぶ猫が爪でひっかけた穴なんだぜ」

とこひなたさん。そう犯人(?)は、あと2週間ほどで4歳を迎える、ペットの「さくら」くんである。

「幻想的なカーテン」「宇宙を感じる」「プラニャタリウム」「まるで星空」

リプライ(返信)欄には、星空のようだと、指さす人たちが。神秘的な星空を生み出した、さくらくん。投稿者のこひなたさんは、2019年12月9日、Jタウンネットの取材に、

「仔猫時代に出来た産物が今になってこんなに反応をいただけるとは思わず、びっくりしております。綺麗と言っていただけて、きっと猫もドヤ顔するのではないでしょうか」

と話す。カーテンへ登り降りしていたのは生後半年前後の間だけで、8日に投稿したカーテンの穴は、数年前に刻まれたもの。現在は爪切りもして登らなくなったという。

数年前に刻まれた無数の穴が、偶然の産物として注目を浴びるとは...。本当に綺麗で、さくらくんがドヤ顔する姿が思い浮かんでしまう。

幻想的だ...(画像はこひなたさんから)


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 news.biglobe.ne.jp)


思いがけない産物(^-^)