cover_e0


 世の中には、エサや愛情を与えてくれる温かい家を持つことが叶わず、毎日のエサさえも満足に得られない野良猫たちがたくさんいる。

 温かい家庭で、優しい飼い主に可愛がられて暮らす猫は、本当に幸せものだといえるだろう。

 しかしメキシコに暮らすある1匹の猫は、いつも愛情を注いでくれる素敵な飼い主の女性宅以外に、なんと別宅を持っていた。これが人間なら大変なことだ。

 しかも別宅では別の名前まで付けられたいそうかわいがられていたという。その秘密を知ってしまった飼い主女性は、さすが猫好きと思えるような、理解ある行動に出た。

―あわせて読みたい―

彼女に隠された秘密:家庭を持ちながら毎月数回、別宅の愛人の家に通っていた猫の秘密が今明かされる!
いや、うち猫飼ってないんだけど…いつのまにか家の中に猫たちのいる風景
ちりんちりん「中に入れてちょーだいな!」と呼び鈴を鳴らす猫
愛猫を亡くして落ち込んでいたら、隣人の猫が毎日訪ねてくるようになった。もしかしたら慰めに来てくれているのかも

ピクシーと飼い主メアリーさんの出会い

 メキシコユカタンに住むメアリー・ロア・バーラさんは、灰色のオス猫ピクシーを飼っている。


 メアリーさんによると、ピクシーメアリーさん宅に初めて姿を現したのは今から2年ほど前で、野良猫だったらしく、当時は弱々しい子猫だったという。

 動物好きのメアリーさんに飼われ始めたピクシーは、弱っていた子猫からフレンドリーな猫へと成長した。


 そして最近では冒険心も高まり、ピクシーは街を探索するために家を空けることが多くなり、メアリーさん宅にはエサと愛情を求める時のみ戻ってくるという生活を繰り返していた。

 日本では外飼いの猫は推奨されていないが、これはメキシコの田舎の話であり、その地域では、猫の外と家の行き来は自由なのだろう。

 ある日、ふらりと戻ってきたピクシーを見たメアリーさんは、飼い猫がいつもと違うことに気付いた。

飼い猫ピクシーに秘密の生活が!?

 10月19日、久しぶりに戻ってきたピクシーを見たメアリーさんは、心なしか飼い猫がちょっぴりふっくらしていること、そしてメアリーさんが見たことのない首輪をつけていることに気付いた。

もしかしてピクシーには別宅があるのでは…。

 そう疑問を抱いたメアリーさんは、ある手段を取ることにした。

 メモをピクシーの首輪につけて、秘密を突き止めることにしたのだ。

この猫はピクシーといって、私の猫です。でもピクシーには帰る家が2つあるようですね。笑

 このように書いた手紙をピクシーの首輪に挟んだメアリーさん。


 ピクシーは、飼い主が秘密を暴露しようとしていることなど全く気付かず、いつものようにエサを食べると再び外に出て行った。


ピクシーは、別の名を付けられ別宅で飼われていた

 メアリーさんは、この出来事を自身のフェイスブックシェアした。飼い猫の秘密を暴こうとする飼い主の話は、ユーザーらから大きな注目を浴びた。

 そして、メアリーさんはついにピクシーの秘密を知ることになった。

 ある日、戻ってきたピクシーの首輪になんと返信のメモが挟まれていたのだ。そこには、このように書かれてあった。


ウチでは、この猫のことをワラチェと呼んでいます。ほんと、彼には2つの家があるようですね。初めまして。よろしく!

 久々に帰って来たピクシーがふっくらしていた理由がこれで判明し、メアリーさんは納得した。

 ピクシーはおそらく、この別宅先でとても可愛がられて世話をされているのだろう。

 自分の猫を勝手に飼い猫にしてしまった見知らぬ家族に対して不快感はまったくなかったという。むしろメアリーさんは別のメモに改めて自己紹介をし、その家族がピクシーを獣医に連れて行こうと考えているかもしれないと考慮し、最近自分連れて行ったことを記した。

こころ温まる物語がみんなの心を温める

 飼い猫が、実は別宅を持っていたというショッキングな秘密を知ったメアリーさんだが、ピクシーを見知らぬ飼い主とシェアすることをハッピーに感じているようだ。



戻ってきたピクシーに、「あなたの秘密を知っているのよ」と言いました。

家を持てない猫もいる中、2つも帰る家があり、たくさんの愛情を受けているピクシーはとても幸運な猫といえるでしょう。

きっと、もう1つの家族もきちんとピクシーの世話をしてくれるいい人たちなのだと思います。(メアリーさん)


 ユカタンの小さな地域で起こった優しい出来事は、地元メディアをはじめ海外ニュースでも伝えられ、メアリーさんの優しい心遣いは、ストーリーシェアしたユーザーらをほっこりさせると同時に笑いをもたらした。

 秘密が暴かれたピクシーは、優しい飼い主のおかげで、どうやら今後も別宅との2重生活を続けていくことができるようだ。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52284016.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

「窮鼠猫を噛む」とはまさにこのこと!猫に追い詰められたネズミ、反撃ののろしを上げた(トルコ)
「めんどくさいからこれじゃダメ?」介助犬のゴールデン、身体を拭くタオルを取ってくるよう頼まれたのだが……
動物園で生まれた赤ちゃんライオン、はじめて父親とご対面。父親は興味津々(アメリカ)
子猫がうとうとしている隙に...首輪の鈴をいじくりたおすインコ
見てよし、聞いて良し。生まれたばかりの子猫、三匹揃ってミルクちゅうちゅう。

―知るの紹介記事―

ついに嗅覚までも!分子構造を解析してニオイを嗅ぎ分けてしまう人工知能(AI)をGoogleが開発
リアルサバイバルホラー。世界一怖いお化け屋敷に10時間以上耐えられれば2万ドルの賞金をゲット(アメリカ)
幻の古代都市「マヘンドラパルバタ」の姿が明らかに。クメール王朝初期の碁盤目状に整備された首都(カンボジア)
子供の給食費を払わない親たちへの措置として、学校側が子供らにプロムや課外活動参加禁止を発表(アメリカ)
危険な男性に惹かれる女心。サイコパスの男性は女性の目に魅力的に映ることが判明(カナダ研究)
二重生活を送っていた猫。別宅では別の名前で呼ばれ、とてもかわいがられている事実がついに判明(メキシコ)


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 livedoor.blogimg.jp)


そういえば、昔近所の猫がうちに入り浸っていたことを思い出しました。
いっしょに年を越したこともあります。