猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    2019年11月


    よくできました!!散歩のワンちゃん、ゴミ拾いをする【動画】



    (出典 i.ytimg.com)


    ほめられてうれしそう(*^^)v







    間違いなく無認可保育所ですが、まったく違う種の子どもまで、まとめて面倒見てくれています。 いまの時代に求められているのは、こういうことなんじゃないかという気さえしてくる、肝っ玉母さん猫。「ちょっと黄色がかった二足歩行が得意な猫」と認識しているようです。 こちらの動画は3匹のタビー柄の子猫を出産したばかりの母猫が、3匹のアヒルの孤児を養子にしてから6日目の様子。猫にもいろんな毛色や柄がありますし、1回の出産で複数の父猫の子を産むケースもありますし、猫にとってはあんまり違和感がないのでしょうか。確かに、モフモフだしホカホカだしヨチヨチだし、目を瞑って抱いてしまえば似たようなものかもしれません。 醜くないアヒルの子らも、まだ目も開かぬ子猫らも、そんな違いは気にするヒマもなく、6匹で寄り集まって組んずほぐれつ押しくら饅頭。自立の速度はアヒルの子のほうが速いようで、寝床から飛び出た雛を咥えて元の場所に連れ帰ったり、鶏の餌をついばみに行く雛たちのお尻を咥えて「あんたらも私のお乳を飲みなさい」と子猫と一緒に腹に抱えようとする、母猫のワンオペ育児を見ておりますと、世間のお母さん方の苦労が偲ばれる映像ではないはずなのに、そーいう思いがわいてくる次第です。 [AMAZING Cat Feeding Ducklings DAY 6/YouTube


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 ireland-calling.com)


    いうこときかないアヒルの子たちも、寝るときは猫ママのそばで丸まるのね。





    猫に毛布トリックしかけてみたけど……【動画】



    (出典 i.ytimg.com)


    「どうでもよろしゅおます」って感じかしら(^^;)







    変な顔するスイッチはここ【動画】



    (出典 i.ytimg.com)


    お鼻の片側にシワ寄せるのです(^-^)







    top

     動物の育児事情もさまざまだが、無償の愛で我が子を守り抜く母親の姿はいつみても人間の心を震わせる。アメリカ・モンタナ州で記録されていたのは、とんでもなく子だくさんなキツネお母さんが育児に奮闘する映像である。

     パラダイスバレーで暮らすアカギツネお母さんはたった1匹で13匹もの子どもたちを養っているのだ。

     アカギツネは基本は単独行動でも、冬にはたいてい一夫一婦のペアになり、共同で平均5匹の子育てをすると言われている。だが彼女は通常のキツネ世帯の2倍を超える数の子どもたちを抱え、すべてを1匹でこなすシングルマザーなのだ。

    ―あわせて読みたい―

    アルビノじゃないよ。真っ白だけどアカギツネ、ライライさんの成長記録
    やっぱキツネはかわいいんじゃ~!こんなにも違う!表情豊か、個性豊かなキツネたちの写真
    片足が折れ、ボロボロの状態で町をさまよっていた母犬。10匹の子犬たちを助けてくれる出会いを求めていた(スペイン)
    絵画的美しさ。アカギツネとロシアの美少女のファンタジーな写真
    リアル101匹わんちゃんでいっ!ダルメシアンが18匹の赤ワンを出産、世界最多記録に並ぶ(オーストラリア)

    Red Fox Mom Caring for 13 Babies All by Herself

    オスを事故で失いシングルマザーになった母ギツネ

     この動画は環境科学研究所に勤める自然写真家で、映画の製作者でもあるジュディ・レームバーグさんが2013年に記録したアカギツネ一家の様子だ。

     パッと見ずいぶん子だくさんみたいだし、こりゃ両親も大変や…と思いきや、なんと一家を支えているのは2匹ではなく、彼らの母親であるメスのアカギツネ1匹だけだという。

     観察していたジュディさんによると、以前この一家には父親のオスがいたが車にはねられ亡くなったという。彼らは車が激しく行き交う高速道付近で暮らしていたのだ。

     そのため、シングルマザーになった母ギツネが狩りと育児の両方をこなしていたが、狩りの際も決して子どもを放置せず、近場で行っていたという。

    top

    13匹のお乳争奪戦に母ギツネも振り回される

     しかも彼女はもう一つ問題を抱えていた。それは授乳にまつわる切実な悩みだった。アカギツネの乳首は通常8つ。なのにここには13匹もの子どもがいる。

     それでもしっかり者の母ギツネは全員がお乳を飲めるよう気を配っていた。

     お乳を求める子どもたちはかなり強引だ。いつも定員オーバーな争奪戦になるため、ピーク時は母親が振り回されることもあったという。

    スクリーンショット-(3437)

    育児中は日中も餌を探す冬のキツネたち

     野生のアカギツネが生息するアメリカンのイエローストーン国立公園によると、キツネは主に単独行動で夜行性。移動時も牧草地や森林の外れを歩くため、人目につくことはまずない。

     一方冬のキツネは活動時間帯が増え、夜明けや夕暮れ、昼間に動くこともある。また4月下旬~5月にかけメスが巣穴で子育てする時期になると、キツネたちは日中も姿を見せて子どもたちの成長に必要な餌を求めてせっせと探し回る。

    スクリーンショット-(3432)

    子ギツネたちは親離れ?

     キツネの育児は最長10カ月ほどで、成長した子どもは自立する。

     そして現在、強くたくましい母ギツネが率いていた群れはすでにこの場を去っていて、巣の跡だけが残っているという。

    スクリーンショット-(3433)

     ほとんどの時間を狩りに費やし、細身の体でたくさんの子どもを懸命に養っていた母ギツネ。そのひたむきな姿に感動する声も寄せられている。

     一家の行方はわからない。でもきっと彼女が全員を立派に育て上げたに違いない、そうであって欲しいと願わずにはいられない。

    References:laughingsquid / thekidshouldseethis / youtubeなど /written by D/ edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52285016.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    スーパー内で盗み食いをしていた黒リス、人間に大胆アタック!(カナダ)
    「ふざけんなこの紙こうしてやる!」飼い主さんの貼り紙に怒れるウサギが凶暴化
    自然界において広くみられる動物の同性愛的行動の理由。共通の祖先が性別に関係なく交配を行っていた可能性(米研究)
    キュートなカワウソと一緒に泳げる動物保護区がある(アメリカ)
    行方不明になった猫、5年後に2000km離れた場所で発見(アメリカ)

    ―動画の紹介記事―

    スーパー内で盗み食いをしていた黒リス、人間に大胆アタック!(カナダ)
    トラックが通過後、突如道路に出現した陥没穴。その穴に飲み込まれた母娘の車(ブラジル)
    「ふざけんなこの紙こうしてやる!」飼い主さんの貼り紙に怒れるウサギが凶暴化
    これは間違うわ。座ろうと思っても座れない、どっきり錯視椅子
    犬の共感力がすごい!松葉杖で歩く少年の後ろから同じように片足を引きずって歩く犬
    子だくさんなキツネのお母さん、1匹で13匹の子供の育児に奮闘中(アメリカ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 thekidshouldseethis.com)


    お母さんってすごいんです。





    このページのトップヘ