猫よっといで 動物みんなよっといで~Come on CATSandANIMALS~

猫ちゃんたちをはじめ、いろんな動物たちのニュースや表情をあつめます。
ペットも野良ちゃんも野生の動物も。
有名人のペットにも注目していきます。
地球上のすべての生き物が幸せでありますように。

    2018年07月


    ぴあは「柴犬ゆうと猫のとろ」を2018年8月4日に発売する。

    兄弟みたいな2匹!

    インスタフォロワー20万人超の「ゆうとろ(柴犬ゆうと猫のとろ)」が本になった。"かまってちゃん"で甘えん坊、ちょっぴりビビりな"長男"ゆうと、寂しがりやでいたずら好き、オカン肌の"次男"とろ。一緒に育った2匹の、愉快でかわいい日々が見られる。

    犬と猫ながら2匹は驚くほど仲良く暮らしており、思わずニヤけてしまう表情や行動は、見る人を癒してくれそうだ。そんな2匹のプロフィール・出会い・成長のほか、オリジナル写真やエピソードも収録。犬猫どちらが好きでも一緒に楽しめる、ピースフルでハートフルな1冊だ。

    価格は1000円(税別)。<J-CASTトレンド>


    【関連記事】ゆうとろデビュー初書籍!!「柴犬ゆうと猫のとろ」(ぴあ)発売
    http://nekoyottoide.blog.jp/archives/11062774.html

    “長男”ゆう、“次男”とろ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    幸せなワンニャン、みんなを幸せにしてくれます(=^・^=)






     おねむかな? 子猫ちゃんたちのあくびの伝染をとらえた動画がInstagramで人気となっています。

    【子猫ちゃんたちの“あくびの伝染”がかわいい】

     保護猫活動をしているSheilaさんのお宅でまったりしているのは、キジ猫ちゃん3匹と、黒猫ちゃん1匹。おねむなのか、向かって左端のキジ猫ちゃんが、ふわぁ~っとあくび。

     するとあくびが終わらないうちに隣のキジ猫ちゃんもあくび、そしてその次は右端のキジ猫ちゃんもあくび……と、見事にあくびがうつっていきました。あくびがうつるのは人間だけじゃなかったんですね。

     その後しばらくじっとカメラを見つめていた子猫ちゃんたちですが、今度は右端、左端、真ん中のキジ猫ちゃんという順番でまたあくび! あくびする顔もかわいいうえに、3匹同じ顔で同じ行動をしているのがまた面白い!

     あくびをし終わった3匹の視線は、「あくびしないの?」と言いたげに前に寝ている黒猫ちゃんへ。あくびの伝染現象のベースになっているのは相手への共感や関心で、仲の良い相手のあくびほどうつりやすいそうです……。ってことは黒猫ちゃんは3匹に興味なし!? いやいや、黒猫ちゃんはよほど眠たいのか、途中から目が閉じてウトウト。あくびがうつる間もなく、眠りの世界へと誘われてしまったのでしょうね。

    ふわぁ~(あくび)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.downvids.net)


    こっちにもうつっちゃうね(=^・^=)



    【子猫ちゃんたちの“あくびの伝染” ふわ~、ふわ~、ふわ~……とうつっていく姿が面白かわいい!】の続きを読む


    あ゛あ゛あ゛…Twitter発『ネコ達の自由奔放すぎる姿』が面白い!


    ねこたち、毎日事件を増産しています。




    あ゛あ゛あ゛…Twitter発『ネコ達の自由奔放すぎる姿』が面白い!

    2018年07月08日(233767 view)

    自由気ままな姿がネコたちの魅力の一つ。Twitterを覗くと、様々な自由奔放なポーズや行動を見せるネコたちの可愛くて面白いショットなどが沢山ツイートされていましたのでまとめてみました。


    (出典 matome.naver.jp)






    近年まれにみる猛暑、海の動物たちが“涼”をお届け!
    (1)ずぶ濡れイベント盛りだくさん!
    (2)夕方ならではの生態やイベントでの夕涼みを促進!
    各地で記録的な暑さが続いている今夏、『横浜・八景島シーパラダイス』では海の動物たちが皆さまに“涼”をお届けするずぶ濡れイベント&夕涼みイベントを開催しております。

    水族館では、イルカやセイウチたちがお客さまに水しぶきのプレゼントを贈る、夏の暑さを吹き飛ばすずぶ濡れイベントが盛りだくさんです。
    イルカたちの迫力あるジャンプなどを目の前で体感し、全身で“涼”を感じられる「水かぶりシート」の登場や、シロイルカによる水かけ、水量400リットルの水が頭上から降り注ぐ「びっくりバケツ」など、シーパラならではのずぶ濡れ必至の演出が満載です。
    プレジャーランドでも水を楽しむエリアが登場し、お子さまから大人まで、この時期ぴったりのずぶ濡れイベントを体験することができます。

    また、暑さが和らぐ夕方には「フォレストリウム」にも心地よい風が吹き、カワウソやカピバラなどの動物たちも、お昼寝したりごはんを食べたり、昼間とはまた少し違った可愛らしい姿を皆さまにお見せいたします。
    夏の水族館は夕涼みがおすすめ♪
    • 動物たちと夏の暑さを吹き飛ばす!
      『海の動物たちのショー SEAPARA LIVE TV』
    『横浜・八景島シーパラダイス』の大人気コンテンツ「海の動物たちのショー」は、イルカたちのダイナミックなジャンプや、アシカ、セイウチたちによる楽しいパフォーマンスなど、多種多頭数の海の動物たちを間近で楽しめるエンターテインメントショーです。
    現在開催中の「SEAPARA LIVE TV」は、バラエティ・恋愛ドラマ・スポーツ・音楽といったさまざまなジャンルの番組に見立て、海の動物たちが出演するライブ・エンターテインメントショーです。
    今夏、ショーの演目の中でイルカとセイウチがお客さまに水を浴びせる演出が登場!ずぶ濡れ希望のお客さまを普段入ることができないステージへご招待し、より近くで動物たちを見ながらずぶ濡れになっていただきます。今年新たに登場した「水かぶりシート」では、お客さま自身にショープールの浅瀬部分に入っていただき、イルカのジャンプを思いっきり間近で水しぶきを体感しながらご見学いただくことができます。動物たちがお届けする涼と目の前で繰り広げられるパフォーマンスをご体感ください。
    • 動物たちと夏の暑さを吹き飛ばす!
      『ずぶ濡れパーティタイム』
    『ずぶ濡れパーティタイム』では、シロイルカやコビレゴンドウ(クジラ)による豪快な水しぶきのプレゼントやオタリア(アシカの仲間)によるホースを咥えての放水など、お客さまに向けて大量の水をプレゼントいたします。
    さらに、水量約400リットルの水が頭上から降り注ぐ「びっくりバケツ」や、シャワーによる放水、お客さま同士での水かけ合戦など、「ふれあいラグーン」は水浸しのずぶ濡れ必至の“ずぶ濡れラグーン”となります。
    屋根がなく完全屋外型のオープンアクアリウム「ふれあいラグーン」で、海の動物たちと涼しい夏をお楽しみください。
    • シロイルカとコビレゴンドウによるプレゼント!
      『スプラッシュタイム』
    『スプラッシュタイム』では、『ずぶ濡れパーティタイム』とは別に、シロイルカとコビレゴンドウによる迫力あるスプラッシュを皆さまにプレゼントいたします。シロイルカが口から吹き出す豪快な水吹きや、コビレゴンドウの尾びれによる水かけで、夏の暑さを吹き飛ばします。
    • プレジャーランドにも水を楽しむエリアが登場!
      『ウォーターパラダイス』
    プレジャーランドでも、期間限定で水を楽しむエリアが登場いたしました。お子さまから大人の方まで楽しめる、巨大スライダーやウォーターバルーン、そして最近話題のスタンドアップパドルボード(SUP)などを気軽に体験することができます。昨年からさらにパワーアップしたウォーターアクティビティをお楽しみください。
    • スリルと爽快感を楽しめるサーフコースター
      『ずぶ濡れリヴァイアサン』

    日本で唯一の海上を走行する大人気のローラーコースター「サーフコースターリヴァイアサン」がずぶ濡れ必至の夏仕様に!お客さまに狙いをすまして、コース上の3か所に設置されたウォーターキャノンからお客さまに直接水をかけ、サーフコースター本来の爽快感に加えて夏ならではのひとときをご堪能いただけます。

    <更衣室も完備!>
    濡れた衣服のお着替えと、お荷物を置いておくのに大変便利な更衣室とロッカールームをご用意しております。ベイマーケットでは衣服の販売も!ずぶ濡れになっても安心してお帰りいただけます。さらに、ドライヤーもご用意しておりますので是非ご利用くださいませ。


    • ペンギンたちがチョコチョコ可愛らしくパレード!
      『ケープペンギンの夕涼みパレード』
    チョコチョコぺたぺた歩く姿が可愛らしい大人気のケープペンギンたちが、夏の暑さが和らぐ夕暮れに、皆さまの前をパレードいたします。ペンギンたちが歩くコース沿いには提灯を設置し、まるで夕涼みを楽しんでいるかのよう。パレードのあとは、ケープペンギンとのふれあいや記念撮影をお楽しみいただけます。
    • 新規オープンしたエリアでの初の夕涼み!
      『フォレストリウムでの小動物夕涼み』
    7月12日(木)に新たにオープンしたアクアミュージアム4階の、水辺と森にくらす生きものを展示する「フォレストリウム」では、夕方になると心地よい風が吹き、辺りに植えられている木々が涼やかな陰を作ります。それぞれの動物たちも、太陽光が降り注ぐ日中とはまた違った行動を見せてくれます。
    コツメカワウソ
    3頭のコツメカワウソは暑さが和らいだ夕方になると、広い展示スペース内を縦横無尽に駆け回り、水中に入って得意の泳ぎを見せてくれたりと、新展示エリアの特性を活かした行動を見られることが多くなります。
    水の中を泳ぎ回ったあと、砂に体をすりすりこすり付けて水気を落とす姿はなんともいえない可愛さです。また、3頭で体を寄せ合って眠る姿が見られるかも...?

    カピバラ
    水に入ってのんびり夕涼みをしたり、陸に上がってごはんを食べる様子を見ることができます。森のこみちエリアでごはんを探し歩いてもぐもぐ。時には同居するフラミンゴにマッサージをしてもらい、気持ちよさそうにうとうとする姿も。
    • 風を感じながらクライミングにチャレンジ!
      『青空クライミング ロックンロック』
    7月12日(木)にオープンしたクライミング施設「ロックンロック」は、約6m、約8m、約10mの高さや角度がそれぞれ異なるウォールとタワーにて、高度感やスリル感、達成感を気軽にお楽しみいただけます。
    夏の日差しが和らぐ夕方から夜にかけては、心地よい風を感じられる絶好のクライミングタイムとなります。
    • 夕涼みからの夜空を彩る大迫力のオリジナル花火ショー!
      『花火シンフォニア』
    『横浜・八景島シーパラダイス』の「花火シンフォニア」は、コンピュータにより花火と音楽、照明がシンクロした、シーパラダイスのオリジナル花火ショーです。
    楽曲とそれに呼応して輝く花火たちは、夏の夜空を舞台に、まるで踊るかのように鮮やかな軌跡を描きながら「踊り、きらめき、飛び跳ね」、見る人すべてを花火シンフォニアの世界へと引き込んでいきます。
    夜空に打ちあがる色とりどりの花火と海面に揺らぐ花火の影光が合わさり、海に囲まれた島ならではの巨大パノラマで繰り広げられます。
    開業25周年となる今年は、水族館の枠を超えてさまざまな取り組みを行ってきたシーパラにちなみ、ポップス、ロック、ダンスなどのジャンルの音楽を組み合わせ、さまざまな表情の花火をお楽しみいただけるプログラムをご用意いたしました。
    今年の夏も毎週土曜日とお盆期間を中心に開催いたします。太陽が沈み過ごしやすくなった夜に、シーパラの夏を彩る風物詩をご自身で体感し、最高の夏の思い出をお作りください。
    絶好の観覧ポジションからゆったりと花火をご覧いただける特別観覧席も各種ご用意しております。


    ■お客様のお問い合わせ先
    『横浜・八景島シーパラダイス』
    TEL : 045−788−8888
    URL : http://www.seaparadise.co.jp

    配信元企業:株式会社 横浜八景島

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 prtimes.jp)


    海の動物たちが“涼”をお届け!

    <このニュースへのネットの反応>




    香川照之が“カマキリ先生”となり、熱い昆虫愛を語る「香川照之の昆虫すごいぜ!特別編 実録!完全変態」(7月30日月曜 朝9:00-9:30 NHK Eテレ)。

    【写真をみる】“カマキリ先生”子供もたちのために奮闘中!!

    今回は、昆虫が幼虫からさなぎを経て成虫になる現象“完全変態” を送る。

    香川は番組の見どころとして「幼虫からさなぎ、そして美しい成虫に至るさまを全部見られるってことですね。そして、それらを手でさわった感触をお伝えできるということ」と語る。

    また、昆虫が好きになった!という子どもたちからの声に「うれしいですね。今の子たちが、ゲームに夢中になって、その中でボスキャラを倒すのに一生懸命になるのもいいとは思うけど、やっぱり人間が作ったものではなくて、自然が、天が作ったものに夢中になるということをやってほしいなと。それは虫でなくてもいいんです。魚釣りでも動物を飼育することでもいいかもしれないし、お花をめでることでもいいかもしれない。そういう夢中になる体験をたくさんしてほしいですね。」と本物の“先生”のようなコメントも。

    シリーズ第7弾となる今回、香川は「続いてますね~。最初はひっそりとやるはずだった番組が、なんか大騒ぎになっていて、ありがたいけど、ここまで続くとは思わなかったですね。まあ一応、カマキリにいくまでは、っていう思いもありますし、まだまだお伝えしたい教訓もあるんです」とシリーズの継続にも意欲をみせた。

    しかし、番組内では美しい“完全変態”を成し遂げる昆虫を探す際には「オレはニセの先生だよ」といじける場面も。カマキリ先生は、子どもたちに“完全変態”を伝えることができるのか。(ザテレビジョン)

    カブトムシの幼虫を捕獲し、満足そうな笑顔を浮かべる香川照之


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    カマキリ先生!!

    <このニュースへのネットの反応>

    この番組、辛いこと全部忘れて、香川さんの熱意に昆虫すげーってなれて大好きや。




    このページのトップヘ