自信喪失したインコが、飼い主さんのお母さんによるセラピーよってかわいらしく大変身する漫画が、Twitterに投稿され反響を呼んでいます。セキセイインコも褒められることで自信あふれるかわいい子に大変身するんですね!

【画像】マンガをすべて読む

 一束鳴十さんの家にやってきたセキセイインコの「ぴよちゃん」。おしゃべりが得意なイメージセキセイインコですが、ぴよちゃんは地べたでぐったりしたまま謎の言葉を呪いのようにつぶやいています。あれ、イメージと全然違うぞ……!

 ぴよちゃんはもともと一束さんのお姉さんの友人宅で兄弟と一緒に育ったインコ。その頃は明るかったぴよちゃんですが、元気が良すぎるがゆえに“インコ界のKY(空気読めない子)”と兄弟から扱われ、止まり木を追い出されてしまったそうです。

 ぴよちゃんはそのストレスから自分の羽を抜いてしまい、今では触られても微動だにしないようにまでなってしまいました。一束さんは「この子は長くないかもしれない」とまで思ったようです。

 そんなぴよちゃんを「なんか汚い子だねぇ」と言いながらも一番世話したのは一束さんのお母さん。そして1カ月後、ぴよちゃんは華麗に大変身したのです! 家にやってきたときは打って変わって、つやつやした羽と軽やかなおしゃべりを取り戻したぴよちゃん。とってもかわいいインコになりました。

 どうやら、とにかくおいしい食べ物をもらい、ひたすら褒められまくる“母セラピー”を受けて、自信あふれるインコらしいインコに復活したのです。その後、寿命を全うしたぴよちゃん。一束さんは時々「きっかけさえあればびっくりするほど変われる」ことを教えてくれたぴよちゃんのことを時々思い出すそうです。

 この漫画がTwitterで公開されると「癒やされました」「母は偉大」と、“母セラピー”の力を実感するコメントが寄せられ話題に。褒められることで自信を取り戻すのは人間にも通じるものがありますね。ちなみに一束さんはTwitterや自身のブログで、他のオリジナルの漫画を公開しています。

画像提供:一束(@Uj6vTKwYPA4zLfK)さん

ぐったりしていたぴよちゃんでしたが……


(出典 news.nicovideo.jp)

自信喪失でボロボロだったインコが100年に1羽のかわいいインコに!? “母セラピー”で復活したインコの漫画 - ねとらぼ
自信喪失したインコが、飼い主さんのお母さんによるセラピーよってかわいらしく大変身する漫画が、Twitterに投稿され反響を呼んでいます。セキセイインコも褒められることで ...
(出典:ねとらぼ)



(出典 pbs.twimg.com)


インコの社会もいろいろあるのですね。

<このニュースへのネットの反応>

何にでも言える事ですが、まず与える事が大事ですね。勿論、例外は存在しますが。


やっぱ声かけは大事だな


醜いアヒルの子かな?


誰か一人でも何があっても味方でいてくれると信じられる人がいる人は決して自殺なんてしないって言葉を思い出したわ


母は偉大なんやなぁって(中並感)


カーチャン…


味方が希望になるんですわ


セキセイインコって凄く性格がそれぞれ違うし、意思表示もするんだよね。こんな小さな小動物でも感情があるんだからどんな命も弄んだらいけないんだなぁ…て、つくづく思う


人間は脳が発達したかわりに複雑な感情を持つようになった。このインコくらいズタボロになったら1ヶ月じゃ立ち直れないだろう。