no title

 通常アメリカの場合だと、小包などの荷物は玄関先に置いて配達終了となる。日本のように家の人に出てきてもらってサインをもらう必要はない。

 でもってこの配達員。小包を民家の玄関先に置いてすぐに立ち去るかと思いきや、じっとその場で立っている。

 それはちょっと怪しげにも見えるわけだが、実はこんなスイートな事情があったのだ。そりゃ待つわな。大の犬好きならば。

―あわせて読みたい―

いつも尻尾を振って出迎えてくれる老犬のために。郵便配達員が玄関に手作りのスロープをプレゼント(アメリカ)
配達員を待ちわびているのは人と犬だけではなかった。様々な動物たちが挨拶にやってくる運送車のある風景
保護施設の犬、配達員にロックオン。車に飛び込み飼い犬となる(アメリカ)
配達ルートにある家の飼い犬たちを抱き、笑顔で仲良し写真を撮影する超犬好き配達員(アメリカ)
かわいがっていた配達先の飼い犬の死を知った郵便配達員男性、犬が残した最後の願いを叶える(アメリカ)


"I take it my mailman is a dog lover "

不審な配達員?

 このスイートな映像はもともと海外掲示板に投稿されたものだ。投稿者の監視カメラは郵便配達員の姿をがっちりととらえていた。

 配達員は小包を玄関に投げ入れた。
 アメリカではいたって通常の方法である。

1

ただの超犬好きな配達員だった!

 だがその後が違っていた。そのまま立ち去るかと思いきや、配達員は家の前でじっと待っていたのである。

 彼が待っていたものは、そう!かわいらしい2匹のワンちゃんズ!

 犬の方も顔なじみなのだろう。ちぎれんばかりに尻尾を振って配達員の元へと駆け寄っていった。スーパーワシャワシャタイムが訪れた。

 配達員は2匹を全力でモフりまくる。

2

 こっちを撫でたらあっちも撫でて
 犬もすごくうれしそう。

3

 ひとしきり犬をワシャワシャしたらこの家の配達業務は完了。何事もなかったように彼は去っていくのであった。

 犬たちのなつきっぷりを見る限りだと、毎回こうやって親睦を深めていたのかもしれない。この家ではたまたま監視カメラがあったので記録されていたけれど、もしかしたら犬を飼っているお宅のほとんどで、この配達員は同じような行為をしているのかもしれない。

 犬好きならば配達員になるといろんな犬と巡り合えるから、日ごろのストレスも発散できて適職なのかもしれない。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52276026.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

目と耳が不自由な犬の為に裏庭へのドアを開けてみた。犬は隣家のバーベキューのにおいを楽しんでいた、その姿に関する海外の反応
聖職者が好きすぎる犬。ミサの最中に壇上に上がり神父さんの足元でジャレジャレ(ブラジル)
猫の身体能力ぱねぇ!ドアの枠上部から体を揺らして棚に飛び移り大成功
うわっ、食べないで!ビックリした!ジンベエザメに目の前でぱくりんちょされたダイバー
大きさは全然違うけど、お互いに惹かれあい、ぴったりひっついて離れなくなった2匹の保護犬物語(アメリカ)

―動画の紹介記事―

アクロバットな接近飛行がヒヤヒヤドキドキ!今年もブルーエンジェルスの編隊飛行がすごかった!(アメリカ)
聖職者が好きすぎる犬。ミサの最中に壇上に上がり神父さんの足元でジャレジャレ(ブラジル)
猫の身体能力ぱねぇ!ドアの枠上部から体を揺らして棚に飛び移り大成功
迫り来る巨大な触手!メキシコ湾でダイオウイカの泳ぐ姿の撮影に成功(米研究)
うわっ、食べないで!ビックリした!ジンベエザメに目の前でぱくりんちょされたダイバー
荷物を届け終わったのに家の玄関から立ち去らない配達員。それにはこんなスイートな事情があった。


(出典 news.nicovideo.jp)

荷物を届け終わったのに家の玄関から立ち去らない配達員。それにはこんなスイートな事情があった。 (2019年6月29日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
通常アメリカの場合だと、小包などの荷物は玄関先に置いて配達終了となる。日本のように家の人に出てきてもらってサインをもらう必要はない。でもってこの配達員。小包を ...
(出典:エキサイトニュース)



(出典 www.pawmygosh.co)


お留守番中の犬たちにとっても嬉しい訪問なのでしょうね。

<このニュースへのネットの反応>

犬が番犬の役目を果たしてねぇぇぇ!!


配達員「もふもふを補給したぜ!」




(出典 pics.me.me)