0_e


 世界最大手のファストフードチェーンマクドナルド。現在約3万5000店を超える店舗が約120か国に存在する。

 各国の食文化に合わせてオリジナルメニューが存在するのも楽しくて、旅の途中、現地のマクドナルドにフラっと入ってしまうという人もいるだろう。

 そのマクドナルドが、今回スウェーデンに「世界最小のマクドナルド」をオープンしたそうだ。店舗名は「マックハイブ(McHive)」。ハイブとはハチの巣を意味する。そう、その店はミツバチ専用に作られたものなのだ。

―あわせて読みたい―

小さな存在だけど...ハチは人の顔を個別に認識できることが判明(国際研究)
殺虫剤で依存症?ミツバチが殺虫剤を好んで食べるようになることが判明(英研究)
ミツバチは仲間に衝突すると「おっと!」と声を上げる(英研究)
死んだハチのまわりに花びらを集めて置いていくアリたち。お葬式をあげている?闇の儀式?その目的は?
親はオス2匹。母親のいないミツバチが発見される。ハチの雌雄モザイクの不思議(オーストラリア研究)


McHive – the world’s smallest McDonald’s

ミツバチのために設計された、精巧なマックハイブ

 5月20日は「World Bee Day(世界ハチの日)」だ。その目的は、生態系に対するハチや他の花粉媒介者の役割を認識することにある。

 スウェーデンマクドナルドはこの日にちなんで印象的な蜂の巣を作るために、クリエイティブ・エージェンシーNORD DDBと協力し、ミツバチのための、ミニチュアなマクドナルド店「マックハイブ」を完成させた。

1_e6


 マクドナルドレストランがそのまま再現された外観は、非常に精巧な出来栄えだ。窓に貼られた宣伝用ポスターや、ドライブスルーの小窓、屋外席となるテーブルやベンチ、そして何よりマクドナルドのロゴである金色のアーチなど、全てが本物そっくりである。

3_e5


 しかし、店の中にはカウンターテーブル席などはなく、ハンバーガーやシェイクも販売されていない。内部は、ミツバチが蜜蝋(Beeswax)をたっぷり作ることができる木枠で満たされているのだ。

4_e3


世界ハチの日にちなんだ、スウェーデンのマクドナルドの取り組み


 ミツバチのための小さなマクドナルドは「世界最小」ではあるものの、何千というミツバチを収容するには十分な大きさだそうだ。

 スウェーデンマクドナルドは、このファストフード店に見立てたハチの巣「マックハイブ」を作っただけではない。「ハチの巣プロジェクト」と称し、他にも複数の店舗が、屋根の上にハチの巣を設置したり、ミツバチを引きつけるため敷地内の芝生を花壇に変更し始めた。

0_e


ミツバチ絶滅の危機が世界的な問題に


 ミツバチなど花粉を媒介する生物の役割と重要性を認識するための「世界ハチの日」も設定されているが、生息域の破壊、殺虫剤の影響、ダニの寄生、蜂群崩壊症候群などによる病気、気候変動が原因となって、驚くべきスピードで減少しているのが現状だ。

 花粉を運ぶミツバチなどの生物なしに人間の食糧の安全保障は成り立たない。国連ではミツバチや蝶など花粉媒介生物の約40%が絶滅の危機に瀕していると警告しており、これら生物に対する保護の重要性が訴えられている。

・ミツバチは人類にとってとても大切な役目を果たしていた。ミツバチが絶滅したら起こりうる10のこと : カラパイア

 今回、スウェーデンマクドナルドによるハチの巣プロジェクトは、人々がミツバチに巣作りを促すための創造的方法の1つとなった。

 ちなみに、このマクドナルドそっくりの「マックハイブ」は、5月21日ミツバチ保護支援の資金を集めるために競売に賭けられたという。

2_e3


written by Scarlet / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52274736.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

バンクシーがイタリアで開催中のヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展を皮肉った作品を動画で公開
とても甘い夢を見ているようだ。女性の太ももの間で眠る子猫
エイリアンとか何かやってる?彗星67P(チュリュモフ・ゲラシメンコ)から発生する奇妙な音の正体は?
マラミュートとスイカのコラボはいかが?夏を先取り!可愛いウォーターメロンボーイズ
「おいアレクサ!その曲はやめろ!」フランクシナトラの曲を流すと停止命令をするヨウム(アメリカ)

―昆虫・爬虫類寄生虫についての記事―

無脊椎動物で初。アシナガバチは論理的な思考ができることが確認される(米研究)
肝試しにもほどがある。顔にG将軍を乗せる「ゴキブリチャレンジ」が東南アジアで広がっている件(※ゴキブリ出演中)
第三の眼を持つヘビ。額に眼を持つミュータントヘビがオーストラリアで発見される(三つ目ヘビ出演中)
誰かが倒れている!消防隊員が助けようと思ったら巨大なワニだった件(アメリカ)
オスのヤスデの生殖器は光る。紫外線に照らされると蛍光色を放つため種の判別に役立つ(米研究)
世界最小のマクドナルドがスウェーデンにオープン!顧客はなんとミツバチたち!(※ミツバチ出演中)


(出典 news.nicovideo.jp)

世界最小のマクドナルドがスウェーデンにオープン!顧客はなんとミツバチたち!(※ミツバチ出演中) (2019年5月25日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
世界最大手のファストフードチェーン、マクドナルド。現在約3万5000店を超える店舗が約120か国に存在する。各国の食文化に合わせてオリジナルメニューが存在するのも ...
(出典:エキサイトニュース)



(出典 www.storypick.com)


5月20日は「World Bee Day(世界ハチの日)」

マクドナルドはスウェーデンに「世界最小のマクドナルド」をオープン。
店舗名は「マックハイブ(McHive)」。
ハイブとはハチの巣。
そこはミツバチ専用のマクドナルド。