空き家に犬が!

空き家

が空き家の窓から覗いていると”Stay Rescueof St. Louis”に通報が入りました。

なんとそこに2週間も犬はジッととどまっているということでした。

入り口

いったいどこから犬が家の中に入り込んだのでしょうか?

き家は窓もドアも閉まっていました。

探し回った結果、唯一開いている場所が。。。

それは地下室の窓でした。

その窓が破れて開いていたのです。

はきっとそこから中へ入り、上にあがっていったのでしょう。

救助者もそこから入るしかありませんでした。

中へ入った救助者は犬を探して上にあがります。

2階の階段の上に犬はいました。

ソーセージ

救助者は犬に優しく話しかけながら徐々に近づいていきました。

ソーセージを犬に与えながら距離を縮めていきました。

大丈夫だよ。いい子だね。階段の下に降りるのが怖いの?
大丈夫だよ。どうしてここにずっといるの?」

リード

救助者は犬にリードを付けようとします。

リードを付けたいのだけどいい?
あなたをここから出してあげたいの。
一緒に行ける?」

階段

そしてリードを首にかけました。

は一瞬暴れますが、すぐにおとなしくなりました。

再びソーセージを与え、犬を落ち着かせます。

そしてしっかりとリードを固定させ、階段を降り始めました。

脱出

地下室のあの窓の下まで連れてくることに成功しました。

「おいで。大丈夫だからね。誰もあなたのことを傷つけたりしないから。
ここから出る準備はできてる?この場所にもうお別れを言って。
ここはあまりいい場所ではないわ。いい?用意はできてる?
抱っこするからね。」

脱出

そしてついに。。。

最後に

初対面の犬を救出するのは、とても勇気がいることです。

なぜなら噛まれる可能性がゼロではないからです。

そのリスクがあるにも関わらず彼らは臆することなく優しく犬に接しました。

そして、犬を助け出すことに成功しました。

彼らはこれからこの犬の里親探しを開始します。

ひたすら犬が幸せに過ごせるように、動物愛護ボランティアたちは、日々、勇気ある活動を続けています。



(出典 news.nicovideo.jp)

空き家に犬が2週間も閉じ込められたままでいると通報が! - ニコニコニュース
空き家に犬が! 空き家 犬が空き家の窓から覗いていると”Stay Rescueof St. Louis”に通報が入りました。 なんとそこに2週間も犬はジッととどまっているということでした。
(出典:ニコニコニュース)



(出典 pbs.twimg.com)


”Stay Rescueof St. Louis”による犬の救出。
2週間も空き家にいた犬が助け出されました。
長い間寂しかったのでしょう。
助けれたワンちゃんの表情が心もとなさそうです。

<このニュースへのネットの反応>

動画見るに、散乱してるゴミからDQNの溜まり場にもなってたっぽいかな?ガリッガリに痩せて可哀想だのぅ… おとなしくていい子でよかったね、助けてもらえて