no title

 4月26日ノルウェーの北極海沖で、胴体をハーネスを巻かれたシロイルカ(ベルーガ)を漁船乗組員により発見した。ハーネスにはアクションカメラGopro」のホルダーが装着されていた。

 シロイルカが発見された場所は、ロシアの海軍基地があるムルマンスクから415kmほど離れたインゲヤ島沖で、専門家らの間では、このシロイルカが「ロシア海軍に訓練されたスパイでは」という疑惑の声があがっている。

―あわせて読みたい―

それは禁断のシークレット。スパイに関する10の事実
かつてCIAはネコに装置をつけスパイ活動に利用しようとしていた。失敗しちゃったけど・・・「アコースティック・キティー」計画
プーチンの秘密兵器はリアル・ネイビー・シールズ。ロシアのアザラシ特殊部隊が発砲練習
第一世界大戦に動員された様々な動物たちの記録写真
ロシアの国境を守るために作られた、ロシア軍所属のハイブリッド・ウルフドッグ「ヴォルコソブ」

使い古されたハーネスを装着したシロイルカを発見

 漁船の周りを泳ぎ、時にぶつかるような泳ぎを見せていたシロイルカには、ハーネスがしっかりと付けられていたことから、通常の野生の状態ではないと察した乗組員らが、ノルウェー漁業局(Norwegian Directorate of Fisheries)に連絡した。


 駆け付けた同局の一員ヨルゲン・リー・ウィーグ氏らが、海に潜ってシロイルカからハーネスを外したところ、それは明らかに長い間使い古されており、留め金部分には錆が付着していたという。


 ハーネスには、GoProカメラホルダーも装着されていたが、カメラは付いていなかった。

 金属部分には英語ではあるが「Equipment St. Petersburg」という文字が確認でき、専門家の間ではハーネスはロシア製ではないかと推測されている。


 同局スタッフらは、シロイルカを解放する前にハーネスも含めて映像と写真に捉え、フェイスブックシェアした。


Beluga whale filmed harassing Norwegian boats could be 'Russian weapon'

ロシア海軍は海洋生物を訓練していたという事実

 ロシア海軍は90年代に入るまでは、水中兵器を探知させるためにイルカを訓練していた時期があった。現在でもそのようなことが行われているか否かについては明らかにはなっていない。

・クリミアで押収された軍用イルカ、プーチン大統領直属の部隊にすることを正式発表(ロシア) : カラパイア

 海洋生物学のオードン・リカルドセン教授は、ノルウェーの報道局に


シロイルカはとても知能が高い動物として知られています。海洋生物を優秀な犬のように訓練することは可能なのです。今回のシロイルカが、ロシアで訓練された動物である可能性は高いでしょう。

このシロイルカは2,3日続いて漁船に近寄り、口を開けて食べ物を求めていたようです。


と話している。

ロシア海軍側の言い分は?

 専門家らがこぞって「このシロイルカロシアスパイだ」と推測する中、ロシアTV局『Govorit Moskva(ゴヴォリト・モスクワ)』がロシア海軍に取材を試みた。ヴィクトル・バラネス大佐は、次のように語った。


確かに我々は戦闘要員としてはイルカを訓練していることは認めます。

しかし、我々が動物をスパイに使ったとして、それに携帯電話を添えて『ここに電話してください』というメッセージをわざわざ残すと思いますか? 


 結局、ロシア海軍ではイルカの保有を認めたものの、このシロイルカスパイとして利用しているこかどうかを明かすことはなかった。

 現時点では、このシロイルカが本当にロシア海軍のスパイか否かということについては、明確にはされていない。

アメリカ軍も海洋生物を特別訓練

 海洋生物を訓練し、人間に役立たせているのはロシア海軍だけではない。

 冷戦時代、アメリカ海軍カリフォルニア州イルカアシカなどの海洋生物に特別訓練プログラムを設置し、海底にある地雷などの危険物を探知させ、人々に危険を知らせる目的で使用していた。アシカ2000年代にも軍事訓練を受けているというニュースが報じられている

・テロリストをも拘束する、海軍兵士として訓練を受けるアシカ : カラパイア

 近年、動物愛護の動きが高まっている。人間の都合で動物を「危害が及ぶ状況」に置くことを懸念する声は大きい。とは言え人間は、動物実験しかり、使役動物しかり、いまだ動物たちに頼らなければならないのが現状だ。

References:cbsnews / theconversation/ written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52273870.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

めっちゃ撃ち込んどる!殺人容疑者の車とカーチェイスを繰り広げる警官、フロントガラス越しからの銃撃戦(アメリカ)
食べて撮影する簡単なお仕事です。中国で食事代行サービスがトレンドに。その理由とは?
女性の涙には無臭の化学物質が含まれており、男性のテストステロン濃度を下げる沈静作用がある(イスラエル研究)
CIAがついにインスタグラムを開始。最初に投稿されたミステリアスな写真が謎を呼ぶ
ファンタジーなお花畑できらっきらの笑顔を見せるアメリカ・テキサス州の警察官たち。SNSでブルーボネット・チャレンジ

―水中生物についての記事―

インド洋の深海でUFOみたいな謎の生物が発見される。ジャワ海溝初の有人潜水
一片のパンを池に投入。魚やカメたちの争奪戦の中、漁夫の利を得たものは?
危ない、逃げて!化学物質を放出し、仲間に危険を知らせる魚(カナダ研究)
魚や水鳥が減っていると思ったら・・・イギリスの湖でピラニアの死骸が2匹発見される。
ホホジロザメが最も恐れているシャチ。その姿をみただけでビビって退散してしまうことも(米研究)
ロシアの生物スパイ兵器なのか?胴体にハーネスを巻かれたシロイルカがノルウェーで発見される


(出典 news.nicovideo.jp)

ロシアの生物スパイ兵器なのか?胴体にハーネスを巻かれたシロイルカがノルウェーで発見される - ニコニコニュース
4月26日、ノルウェーの北極海沖で、胴体をハーネスを巻かれたシロイルカ(ベルーガ)を漁船乗組員により発見した。ハーネスにはアクションカメラ「Gopro」のホルダーが装着 ...
(出典:ニコニコニュース)



(出典 akm-img-a-in.tosshub.com)


≪人間の都合で動物を「危害が及ぶ状況」に置くことを懸念する声は大きい≫

人恋しくて近づいてきたのでしょうか。
自由を奪われていたのではないことを祈ります。


<このニュースへのネットの反応>



U's
@usskynat

スパイ説も?人気シロイルカの胴体に“カメラ”が https://t.co/gBKuTLFuoi #sm35059506 #ニコニコ動画  草生えるだろこんなん

(出典 U's on Twitter)

2019-05-02 14:04:43

(出典 @usskynat)

🐽とんすけ🐽
@Foy_land_love

@rainbow_oshi ロシアがね、 シロイルカ軍事用に使ってるかもってニュース 今のご時世、機械でいいじゃん 機会凄いじゃん 生き物を私利私欲に利用する人間ってなんなの 悲しい

2019-05-02 14:03:42

(出典 @Foy_land_love)