世界的に注目を集める路上芸術家・バンクシーの作品とされる絵の公開が25日、東京都新宿区の第1本庁舎2階都庁で始まり、多くの見物客でにぎわった。皇位継承に伴う10連休中も含め5月8日まで毎日展示される。絵は、臨海部を走る新交通システムゆりかもめ」の日の出駅(東京都港区)の近くの防潮扉で見つかった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

東京都庁に展示されたバンクシーらしき作品(右奥)=2019年4月25日午前9時58分、梅村直承撮影


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 www.at-s.com)


作品?落書き?

ま、すてきな絵ですからね。
都庁の壁にいっぱい描いてもいいのでは?

<このニュースへのネットの反応>

本物のワケないのによくやるよなぁ


バンクシーの作品のステンシルを使ってスプレーでいたずら書きしただけでしょう。


ウワア…恥ずかしすぎる…。公的機関がやっていいことではないし、バンクシーの技法ってやろうと思えばだれでもできるから大抵偽物なんだけどな…。


それ以上に公共物への落書きだからな。それを出来がいいからとか感銘を受けたからとかではなく「バンクシーのものらしいから」だなんてブランド志向丸出しのFushiana eyeでございますと大声で宣伝するかのようなダメっぷり


恥ずかしいわ


東京都においての落書きが合法と解釈されても文句言えないね。小池の思考は日本の法律より優先されるという事だよね。よく周りの人も許したね。


「グラフィティは行為は違法のため匿名にする必要があった」(インタビューに答えたバンクシーの言葉) 違法なものを公的に公開する浅はかさよ…個人的にグラフィティ(街中の落書き)は「汚い」と感じるから、あまり流行らさないでほしい


結局なところ器物損壊なんかに問われる可能性のある犯罪だよね?芸術とか美術はわからんしほとんど証拠が残らないから現行犯じゃないと逮捕も難しいのは分かるけど


著名人のものなら唾液ですらありがたく拝みそうな勢い。池袋暴走殺人といい、この国の法律は誰のためのものなんだろうか。


バンクシーだろうが落書きです消します。のほうが好感度上がっただろうに。


型紙使って短時間で仕上げてさっさと撤収出来るやり方だからな。 バンクシーが現れた当時はただの落書きで犯罪だった。 それは今も変わってないはずなのに何でこんな阿呆なことするんだろう…