数百匹の捨て猫に救われた街、台湾の「猫村」を訪れる - CNN.co.jp
台湾北部にある猫村の「ホウトン」。到着した瞬間から、たくさんの猫たちの出迎えを受ける。 - (1/2)
(出典:CNN.co.jp)

【関連記事】
台湾には猫村『猴硐(ホウトン)』あり【動画】http://nekoyottoide.blog.jp/archives/11175987.html


(出典 taiwan-travel.jp)


猫がたくさんいて良くなった町、きっと素敵な人がいっぱいいるのだろうな(=^・^=)

1 みつを ★ :2019/04/06(土) 21:05:48.39

https://www.cnn.co.jp/travel/35135129.html
(リンク先に動画あり)

数百匹の捨て猫に救われた街、台湾の「猫村」を訪れる
2019.04.05 Fri posted at 17:00 JST

(CNN) 台湾北部にある猫村の「ホウトン」。到着した瞬間から、たくさんの猫たちの出迎えを受ける。
猫形の橋、歩道脇に置かれた餌入れ、猫をあしらった道路標識、猫カフェ。そしてもちろん、至る所で気ままにくつろぐ猫たちの姿。

新北市にあるホウトンは1900年代初めまで、台湾で最大の炭鉱の街として栄えた。しかし1990年に廃坑となってからは若者の流出が続き、人口は最盛期の6000人から100人程度にまで減っていた。

転機は2010年、猫を愛する写真家が、増え続ける捨て猫についてブログを書き始めたことをきっかけに訪れる。ホウトンは一躍有名になって猫好きのメッカになり、猫は住民の大きな収入源になった。

捨て猫たちは今、住民やボランティアが面倒を見ている。猫グッズの店や猫カフェも増え、地元自治体はこの機をとらえて村の活性化に乗り出した。
猫遊歩道が建設され、道路には猫の肉球をあしらった金属版が並び、2014年にオープンした猫情報教育センターは、建物の前に猫の高架式歩道橋がある。
(リンク先に続きあり)





4 名無しさん@1周年 :2019/04/06(土) 21:09:26.90

昔は猫たちが貧相で薄汚れてだけど、去年久しぶりに行ったら猫の待遇がだいぶ改善されてた気がする。


5 名無しさん@1周年 :2019/04/06(土) 21:09:36.90

行ったことあるわ
駅の改札口の前で猫が出迎えてくれた


13 名無しさん@1周年 :2019/04/06(土) 21:23:28.89

お~、寂れた炭鉱の町が
活性化するのはいいこっちゃ


19 名無しさん@1周年 :2019/04/06(土) 21:43:03.11

軍艦島も猫飼おう


20 名無しさん@1周年 :2019/04/06(土) 21:45:16.42

江の島もまあこんな感じだが


25 名無しさん@1周年 :2019/04/06(土) 22:08:43.52

近くの九フンは歩くの辛いくらいだしピンシー線の有名駅もアホほど人いるけどホウトンはそこまでじゃないな
猫結構いるけど臭いとかはないなし
ただほんと生活の場の中を歩く感じだから今以上に観光客増えたらたまんねえだろうなぁ
去年2年ぶりに行ったら店が増えてた


27 名無しさん@1周年 :2019/04/06(土) 22:23:02.12

穀物倉庫作ったら
恩返ししてくれそう


37 名無しさん@1周年 :2019/04/08(月) 14:45:04.96

夕張のパラレルワールド


40 名無しさん@1周年 :2019/04/08(月) 15:28:16.05

現実としては色んな問題もあるのだろうが、これはいい話だと思う
人間が生きる糧のために猫を可愛がり世話するなんて、動物園以外じゃ普通はおとぎ話の世界でしかあり得ないよ

末長く続くといいけど


41 名無しさん@1周年 :2019/04/08(月) 16:07:42.70

きちっと管理できるんかね
管理できたら楽園になるんだろうが