1903bpgl_09

 アジア的には今年はぶた年なんだけど、日本の干支だといぬ年の次はいのしし年。実際に見たことがあるかないかは別にしても、イノシシって日本人にはわりと身近な生き物なんじゃないかな。

 だからイノシシの赤ちゃんがウリボウと呼ばれていて、ほんとにウリみたいに背中にシマシマがあって、ちっちゃくてべらぼうにかわいい生き物だってことも、なんとなく知ってるよね。

 知ってるけど、実際に動いてるところを目にする機会はないんだなあコレが……ってことで、こちらの動画をぜひ見てほしいんだ。



Cute Baby Boar Piglets!

 ドイツにある「リミット動物保護シェルター」では、怪我を負ったペットや野生動物を保護している。暮らしているのは、下半身や動かない犬や病気の猫、大型のリクガメなど。

 引き取り手がいなかったり、自然に帰せなかったりする動物たちのサンクチュアリとして、さまざまな種類の生き物を守り、育てているんだそうだ。

 そこにある日「イノシシ赤ちゃんを6匹保護してほしい」という電話がかかってきた。

1903bpgl_05

 母親の姿がなく、おそらく撃たれたのではないかということだった。

 そうして引き取られたウリボウたちは……ママと別れて落ち込むどころか、食べる、寝る、はしゃぎまわると元気いっぱい!

1903bpgl_03

1903bpgl_01

 その姿はまるで猫か、あるいはカンガルーのようなんだって。ビックリしたときは、宙に跳び上がるんだそうだ。

1903bpgl_06

 やんちゃなウリボウたちのママとして毎日面倒をみているのは、ベイビーという名前の犬。

1903bpgl_07

 六つ子たちにぴったりよりそう姿がいじらしいよ。

 ウリボウたちは男の子が3匹、女の子が3匹。寝てばかりの子もいれば、いつでもお腹を空かせている子がいたりと、それぞれとっても個性的なんだそう。

1903bpgl_08

 ママイノシシとははぐれてしまった6匹だけれど、みんなそろって暮らせるお家がみつかって、本当に良かったね。

 もちろん、ウリボウたちはあっという間に大きくなっちゃうわけだけど。マランダーでは以前、イノシシと犬の友情なんかもお伝えしているからさ。

 きっとこの子たちも、大きくなっても、犬ママやシェルターの仲間たちと仲良く楽しく毎日を過ごせるはずだって思っているよ。

written by momo

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52271905.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

グリーンピース・マッドネス。ダックたちがエンドウ豆を食べるのが高速すぎる件
雪の日にやってきた野良猫たち、心優しい人々の手助けを得て無事に里親が決まる。
ガス漏れをいち早く探知した犬。家から脱出して警察を家まで案内し家族たちを救う(アメリカ)
サイズ感はほぼ一緒。一体感がすごい、少女とウサギのラビングユー
ママの真似ならニャンでもしちゃう!顔を洗う母猫の真似っこする子猫

―動画の紹介記事―

VANs(ヴァンズ)のスニーカーは足で床に放り投げると必ず靴底で着地する!?海外ツイッター民が実験しまくる
グリーンピース・マッドネス。ダックたちがエンドウ豆を食べるのが高速すぎる件
変形し点滅する謎の飛行物体が撮影される(アメリカ)
雪の日にやってきた野良猫たち、心優しい人々の手助けを得て無事に里親が決まる。
一年でたった10日だけ。青紫の美しい花「ブルーベル」が咲き乱れるベルギ・ブリュッセルの森のファンタジーな風景
なんたってイノシシ年ですから。保護された六つ子のウリボウたち、犬ママに育てられる


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 www.tehcute.com)


Cute Baby Boar Piglets!

(出典 Youtube)


あっという間にママ犬ベイビーのサイズを超えそうだけど、ベイビー頑張って!!(=^・^=)

<このニュースへのネットの反応>

こんなにかわいいうり坊たちも、2年もすれば7/7トランプルクラスに成長するという恐怖