【元記事をASCII.jpで読む】

シグマの新レンズ「56mm F1.4 DC DN」が
あまりにも良すぎたので2週にわたってレビュー

 前回に続いて新しく買ったレンズシグマ「56mm F1.4 DC DN Contemporary」の話。シグマというメーカーが出しているミラーレス一眼用のレンズで、ソニーのAPS-CサイズのEマウント用とマイクロフォーサーズ用の2つをラインナップしている。レンズとしては同じなのでマイクロフォーサーズに付けた方がちょっと望遠になるわけで、マイクロフォーサーズのOM-Dをメインに使っているわたしには「望遠でF1.4のレンズ」として非常にありがたいのだ。

 しかも、大きさも重さも価格(約4万4000円)も手頃なので、バッグのスペース的にも体力的にも財布的にもあまり負担がかからないのがいい。最近、良いレンズがたくさん出てるけど、けっこう高くて重いのが多いからね。

 このレンズが欲しかったもうひとつの理由に「夜の猫を撮りたい」ってのがあった。何しろ夜は暗い。暗い中で撮るにはF1.4という明るさが大変ありがたいのだ。

 F1.4だと暗い場所でもシャッタースピードを上げて撮れるし、背景がほわっとボケるので、夜猫の背後にチラチラする街の灯りがより映える。

 たとえばこんな感じ。住宅街で見かけた子猫。背景はイルミネーションでもなんでもなく、単なる街灯の類い。

 よく猫を見かける場所ではあるのだが、冬に子猫である。以前このあたりの猫を撮っていたら、近所のおばさまが「この辺猫がいっぱいいるから、なんとか去勢しようとしているのだけど、何匹かまだ捕まえられていないのよねえ」と言っていたのだが、おそらくその中の1匹が生んだのだろう。キジトラとチャトラとシロがまじってる。

 兄弟猫もすぐ近くで発見。正確にいえば、この猫の後ろにある低いコンクリート塀の上に座ってたのだ。こちらはチャトラとシロ。何枚か撮ったけど、このポーズが気に入ったので採用。

 せっかくなので2匹一緒のもどうぞ。何度か見かけてるけど、この2匹はたいてい一緒にいるのである。

 そうなると気になるのは親猫なのだが、冒頭写真に写ってるのがたぶんそう。いつもこの2匹と付かず離れず、この日もわたしが2匹を撮ってたらすすすーっと現れたのだ。

 ん? でもこの親猫っぽいチャトラ、耳がカットされてる。このカットは去勢された印ではないか。子猫を産んでから去勢されたのか、実は親猫ではないのか、親猫に頼まれたベビーシッター猫か(いやさすがにそれはないか)、その辺はよくわからないけど、いつも数メートル離れた場所にいることが多いのは確かなのである。いつかこの辺りに住んでる猫好きおばさまにまた出会ったら聞いてみたい。

 ともあれこの2匹、無事にこの冬を越して、あるいは子猫のうちに里親が見つかりますように。

レンズが欲しかったもうひとつの理由
それは家のネコを撮ること!

 さて、このレンズが欲しかった理由はもうひとつある。家の猫である。家の猫って、いくらでも近づいて撮れるのだけど(飼い主が近づけなかったら問題だし)、逆にほどよく離れて撮るのが難しかったりするのだ。遊んでもらえると思ってトコトコとこっちへ寄ってくるから。

 その点、ちょっと望遠のレンズだと、少し離れた距離から撮れるし、背景が大きくボケるので写ってはまずいものも隠せるしでちょうどいいのである。かふかがソファの背もたれの上で、あらぬ格好でくつろいでるとこを撮ったり。

 仕事用の椅子の上を陣取って動かない大五郎を撮ったりとか。ちなみにうちの大五郎、写真を撮られるのが嫌いで至近距離でカメラを向けるとぷいと横を向いたり背中を向けたりしがちなのだが、このレンズなら……えっと、どういうわけか怖い顔で睨まれたけど、それは人間の感覚であって、猫的には睨んでるつもりはない、んじゃないかと思う。わからんけど。

 そんなわけで、夜の猫にも家の猫にも手頃な単焦点レンズはオススメである。デジタル一眼は買ったけど、まだ本体と同時に買ったズームレンズしか持ってない、って人はぜひ1本用意すべし。

Amazon.co.jpで購入



シグマの新型レンズ「56mm F1.4 DC DN」で夜の猫も室内猫もOK!


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 ascii.jp)


外の猫にも、家の猫にも、いいカメラがあると楽しいですね。