police1


 イギリススタフォードシャー州警察の警察犬、スタッフォードシャー・ブル・テリア(以下、スタッフィー)のクーパーくん(2歳)のミラクル大出世ストーリーが話題になっている。

 野良犬として路上生活を送っていたところを慈善団体に保護され、そこから瞬く間にスタフォードシャー州でも一、二を争う大活躍の警察犬へと出世したらしい。

 イギリススタッフィーが警察犬となるのは初めてのことだそうで、「あのスタッフィーが!?」という意味でも注目を集めているみたいなんだ。

―あわせて読みたい―

人なつっこすぎて警察犬失格。だけど彼には天職があった。総督犬となったガベルの場合(オーストラリア)
苦しい闘病を続けてきた警察犬に苦渋の決断。安楽死を迎えるその日、大勢の警察官が犬を囲んで最敬礼(アメリカ)
すごいぞポンチョ!心肺蘇生法で警官の命を救う警察犬(スペイン)
ロッコよ、安らかに!犯人逮捕中に刺された警察犬が殉職。動物病院の前に並び追悼する警察官(アメリカ)
我が永遠の友へ。警察官が相棒の警察犬を眠りにつかせる前に綴った手紙に涙が止まらない

路上で暮らしていた犬が大活躍の警察犬に


UK's First Staffordshire Bull Terrier Police Dog Gets Tails Wagging

 野良犬だったところを英国動物虐待防止協会(RSPCA)に保護されてそこで7ヵ月間過ごし、今年3月にスタフォードシャー州警察の警察犬となったクーパーくん。

 麻薬や現金、銃器を探知するための特別な訓練を受けており、すでに約3636万円相当のコカインヘロインの探知に成功しているという。

 ハンドラーはティム・モスさん。クーパーくんをひと目見たときから気に入ったといい、

クーパーは本当に素晴らしい犬だよ。我々は固い絆で結ばれているんだ。彼のパートナーでいられることはとても誇らしい。施設に保護されていた犬が今や警察犬として本格的に活動している、これは驚くべき話だよ

と大絶賛だ。

police2


仕事も家族も手に入れて幸せいっぱい


 今やイギリスで最高の警察犬の1匹に数えられるクーパーくんは学校見学に招待されるなど人々と触れ合う機会も多く、スターになりつつある。

 クーパーくん独自のツイッターアカウントも開設されており、7800人以上のフォロワーを抱えている。

 それだけでなく、ティムさんとの仲をさらに深めた。ティムさん宅でティムさんの家族の一員として暮らすことになったのだ。

スタッフィーが警察犬になることに否定的な声も

 路上生活から一転、仕事も家族も手に入れた幸せいっぱいのクーパーだが、その一方でスタッフィーが警察犬として働いているという事実にショックを受ける人も少なくない。

 スタッフィーはもともと闘犬だった犬種だ。19世紀のイギリスで、牛と犬たちを闘わせる見世物「ブル・バイティング(牛いじめ)」用に改良されたのだ。

 そのため、現在でも興奮しやすく攻撃的な面が残っているとされ、あまりいい印象を持たない人々もいるようだ。

police3


なかなか覆せないステレオタイプな意見


 実際、ティムさんもスタッフィーの危険性について指摘されたことが何度かあり、その度に悲しい気持ちになるそうだ。

 ティムさんによると

クーパーのほかに飼っているベルジアン・シェパード・ドッグと歩いていると、人々は特に気にせず同じ歩道を歩くんだ。でもクーパーと歩いていると反対の歩道に渡ってしまう人もいる。飼い主がスタッフィーについての知識がないまま、ちゃんと躾をせずに飼うのが問題なんだよ

とのこと。

 周囲の否定的でステレオタイプな意見を覆そうと頑張るティムさんだが、なかなか大変なようだね。

 きっとクーパーくんの活躍がそういった誤解を払拭するのにも役立ったりするのかもしれないね。

References: Metro / Twitter / YouTubeなど / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52268099.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

パーフェクト!賢い犬の連携プレイでドアを開けて中に入ってドアをまた閉めるまで
家に入れてほしそうにこちらを見ていた猫、入れてみたら出産した件
財務部門に勤務するオフィス猫が最小のコストで最高のパフォーマンスを発揮していた件(アメリカ)
家中のサンダルがすべて食いちぎられていた!犯人は誰?と追及する飼い主に対する2匹の犬の反応
野良子猫を愛でる動画を撮っていた撮影者、やっぱり飼い主になっていた

―知るの紹介記事―

野良犬だったスタッフォードシャー・ブル・テリアが優秀な警察犬になって大活躍(イギリス)
科学者がまた体を張った。自らレゴブロックを飲み込み無事に排泄されることを確認。平均1.71日で排泄される(英研究)
装飾用に加工された人間の頭部。「干し首」という文化とその作り方
心停止後も脳は機能していて、人は自分が死んだことを知る(米研究)
長く見続けると3か月以上も目に残像が残る錯視「マッカロー効果」
野良犬だったスタッフォードシャー・ブル・テリアが優秀な警察犬になって大活躍(イギリス)


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 static.thisisinsider.com)


きっと誰もが認める警察犬になっていけるよ。

<このニュースへのネットの反応>