9_e


 韓国の農場で暮らす小さなルーキーは孤児だった。母親情を知らないルーキーだったが、彼には特別な親友がいたから寂しくなかった。

 その親友はとても大きなメスのだ。体だけじゃない、情もすごく大きいんだ。そのは時に母親代わりになり、時に親友として、ルーキーといつも一緒に時を過ごした。

 だが別れの時がやってきた。

 経済的な理由からを売りに出さなければならなかったのだ。
 そして別れの時、飼いルーキーの思いの大きさを知ることとなる。

 ルーキーは涙を流して悲しんだのだ。

―あわせて読みたい―

引っ越しで置いて行かれたピットブル。シェルターで涙を流しながら飼い主が再び現れるのを待ち続けていた(アメリカ)
愛するものと引き離され、捨てられた悲しみからなのか?涙を流す犬の姿が人々の心を打つ(アメリカ)
【涙】器の中には深い愛情。1匹が先だった後も必ず半分餌を残し続ける、2匹の犬の物語。
親友を失い失意の犬の元にやってきたのは1羽のアヒルだった。種族を超えた新たな友情に町中ほっこり(アメリカ)
ミニチュア牛、犬と親友になった結果犬化が進む。牛である事実をすっかり失念。「自分犬やし?」



The dog in love with a cow..is forced to break up by its owner..

大好きだったメス牛がいなくなる日、その犬は涙を流した

 ひとりぼっちだったルーキーは、農場の家族に拾われた。そこで出会ったメスは、お母さん以上の情をルーキーに注いでくれた。

 いつも一緒だった。メスの懐の中に入ればルーキーは寂しくなかった。

1_e


 別れは突然やってくる。

 経済的理由から苦渋の選択を強いられた飼いたちは、メスを売ることに決めた。これからルーキーはメスに会うことはできなくなるのだ。

 ルーキーは涙を流して悲しんだ。

2_e

お願い、いかないで!最後まで牛のそばを離れないルーキー

 飼い不憫に思ったが、他に選択肢はなかったのだ。
 そうしてついにメスが引き取られていく。

 諦めきれないルーキーは、メスの鳴きを頼りに農場を飛び出した。

 メスがいる場所を突き止めたルーキーは、メスの周りを走り回った。「いかないで!ボクをおいていかないで!」

5_e

生きる希望を失ったルーシーだったが...

 だが、ルーキーの健闘もむなしく、から引き離され、連れ戻された。

 メスがいなくなってからというもの、ルーシーは生きる希望を失ってしまったようだ。それから一切食べ物を口にしようとしない。

 日がな一日舎の出入り口を見つめて過ごした。
 悲しそうに鳴くルーキー

 ところが...

 あのメスが返ってきた!
 ルーキーをあまりにも不憫に思った飼いは、メスを買い戻したのだ。

8_e


 もうどこにも行かないで!

 ルーキーは今までよりさらにメスから離れようとしなくなった。少しでもまたを離したら、どこかに行ってしまいそうで怖いから。

ImEWzQi_e


 こうしてまた一緒に暮らせるようになったルーキーとメス

 めでたしめでたしというところだが、ルーキー興味があるのは人間とウシばかりというのもよくないだろうと、飼いは今、ルーキーを他のとも仲良くさせようとしているという。

10_e


 動物たちの情の深さには本当に驚かされる。

written by いぶりがっこ / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52266975.html
 

こちらもオススメ!

動物鳥類についての記事―

違和感あったりなかったり。犬と猫の顔だけを入れ替えてみた7枚のコラ画像
布団もあたたまるし、子猫たちも温まるし。子猫6匹を布団に運び入れる猫母さん
世界で最も知られていない猫。不思議と謎につつまれたハイイロネコの巣穴が発見される
チーターもイエネコみたいにニャオニャオ鳴く。ただしハスキーボイス
なでくりなでくり、大好きキュッキュ!猫を猫可愛がりするアライグマ

動画の紹介記事―

布団もあたたまるし、子猫たちも温まるし。子猫6匹を布団に運び入れる猫母さん
世界で最も知られていない猫。不思議と謎につつまれたハイイロネコの巣穴が発見される
チーターもイエネコみたいにニャオニャオ鳴く。ただしハスキーボイス
なでくりなでくり、大好きキュッキュ!猫を猫可愛がりするアライグマ
これどんなローラーコースター?5層の高速道路が重なりあって8方向に向かう中国の巨大インターチェンジがすごい
大親友の牛が売られることに。悲しみで涙を流す犬だったが、それを見かねた飼い主が


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 i.ytimg.com)


動物たちも、心をもって生きています。
私たちは、彼らの仲間でいなければなりませんよね。