もし、イヌネコのように、ライオンで気軽に飼えるとしたら? 人に懐く遺伝子の領域の発見で、人に懐くマウスを生み出すことができました。ライオンクマなど、これまで難しかった動物畜化に可性を見出したこの技術についてご紹介します。

イヌなどが持つ人に懐く遺伝子の領域とは?

国立遺伝学研究所の研究グループが「イヌなどが人に懐く性質に関わる遺伝子領域について特定した」と発表しました。研究グループは、野生動物が人に懐きにくいのに対してイヌネコが人に懐きやすいこと、マウスは人が触れても逃げ出さないけれど、近寄ってもこないことに着し、「もしかしたら、人に懐くマウスを作ることができるのではないか?」と、研究を進めていました。

世界8カの野生マウスの中から、自ら人に近寄ってくるマウスを厳選して交配を繰り返した結果、人に懐くマウスを作ることに成功しました。さらに普通マウスと人に懐くマウスの遺伝子配列較することで、人に懐く遺伝子領域を特定することに成功したのです。

イヌより人に懐く野生動物がいるかもしれない?

この研究で、11番染色体上にある「ATR1」と「ATR2」という2つの遺伝子領域が、動的従順性、つまり「懐く」ことに関連しているということが判明しました。そこでイヌの遺伝子も解明したところ、9番染色体上に同様の遺伝子領域があることが分かったそうです。この研究結果によって判明したのは、イヌが「人類の最良の友」と言われる理由が遺伝子レベルの話であったこと。そして、今までは困難だった野生動物畜化に可性があることでした。

畜化、つまり動物で飼うには、人に懐くという性質が非常に重要。人に懐きにくいと考えられている野生動物の中にも、「ATR1」と「ATR2」の遺伝子領域を持つ動物がいる可性は十分に考えられます。もしかしたら、イヌより人になつく野生動物世界のどこかにいるかもしれません。

ライオンと一緒に暮らせる時代が訪れるかも?

例えば、ライオンクマといった野生の猛獣も、この遺伝子領域を持つ種類を厳選し、交配を繰り返すことで、人に懐く猛獣に育てることが可になるかもしれません。ここからさらなる研究を重ねることで、さまざまな野生動物と一緒に暮らせる夢のような時代が訪れるかもしれません。

生物学・化学など自然科学の基礎分野の科を学び、生物のもつ色々な形質がどのように子孫に伝わり、変化していくかを学ぶ「遺伝学」、優れた遺伝的な素質を持った個体を選び集めることで生産性の善の役に立つ「量的遺伝学」など、さらに専門的な分野を学ぶことができるのが生物生産学です。ライオンとふれあい、ペットとして飼える夢のある未来を想像し、実現に向けて学んでみるのもおもしろいかもしれませんね。

【出典】
Sience Portal|人になつく動物の遺伝子領域を解明 国立遺伝学研究所
https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/07/20170706_01.html

毎日新聞国立遺伝学研究所 動物が人に懐く遺伝子の領域特定
https://mainichi.jp/articles/20170717/k00/00e/040/206000c

日本経済新聞イヌが懐く遺伝子 遺伝研、マウスで領域特定
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO18483160U7A700C1CR8000/



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 dnaimg.com)


ペットには、大きすぎる・・・

<このニュースへのネットの反応>