「介助犬の写真をアルバムのために撮ったよ」

数年前、アメリカバージニア州にあるスタッフォード高校アルバムが話題になったことをご存知だろうか。

話題になった理由は、生徒の個人写真が並ぶページにある。


一番左下に、ひょっこり顔を出しているラブラドールレトリバーの「アルファ」。

アルファは介助で、毎日、Ⅰ糖尿病を患う生徒に寄り添って通学していた。そんなアルファを生徒と一緒にアルバムに載せるというな計らいに、多くの人が胸を打たれたのである。

時が経ち、ほとんどの人はこのニュースのことを忘れてしまったかもしれない。

しかし先日、アルファのことを彷彿とさせるようなツイート投稿され、大きな反を呼んでいる。


私は学校専門のカメラマンなのだけど、今日、介助写真アルバムのために撮ったよ。

投稿は、Jillian Christine(@JillEngel_)さんという方である。

おとなし写真撮影に望んでいる介助の姿に対して、「ちゃんとネクタイしてるのがカワイイ」「なんてイイ子なんだ!」と、ポジティブコメントがたくさん寄せられていた。

介助は、人にとっての便利な具などでは決してなく、友人でありパートナーである。そんな世論が体現されたツイートだと思う。

参照元:Twitter[1][2]

「介助犬を卒業アルバムに」とあるカメラマンのツイートが大きな反響を呼ぶ


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 pbs.twimg.com)


粋なはからいだね