鹿児島県奄美大島で、環境省と地元自治体による「奄美大島における生態系保全のためのノネコ管理計画」(2018 年度~2027 年度)に基づき10年にわたる3000頭のノネコ駆除が7月17日から始まりました。計画によると捕獲されたは1週間で元の飼いや譲渡先が見つからなければ殺処分されます。これまで捕獲されたの中には、医による不妊手術済みのさくらねこ)もいて、地域飼い猫が山に迷い込んで捕獲されることが明らかになりました。
の譲渡においては「県が運営する迷子情報サイトでの開や里親募集は一切せず」「捕獲後1週間で元の飼いや譲渡先が見つからなければ殺処分」「譲渡希望者には所得明書、納税明書などの提出が必須」など、捕獲されたが生き延びるためのハードルは、など、他地域でノネコを譲渡している例とべても、かつて類を見ないほど高く、これはの生き延びる機会の損失になります。

ネコ管理計画の疑問点と問題点と提案 (どうぶつHP)
https://goo.gl/GLzC2P


 ※譲渡2日のノネコ  すでに人に慣れて甘えん坊 さはない。「あまみのねこひっこし応援団!」で新しい家族を募集中です。お問い合わせは NPO法人ゴールゼロ https://ameblo.jp/npogoalzero/

これまでに捕獲されたノネコ東京NPO法人ゴールゼロ沖縄NPO法人ケルビムなどの必死の努により殺処分ゼロが続いていますが、上記付帯決議8から逸脱した条件下では殺処分ゼロ継続は極めて困難です。
そこで、奄美無料不妊手術病院運営する益財団法人どうぶつと上記NPO法人らは奄美大島ねこ対策協議会(奄美役所内)に善をめる要請書を提出します。



要請書提出 【日時】 9月18日(火)9時 【場所】 奄美役所 2階 環境対策課
要請書は、担当者との予約が取れたため、直接お渡しさせていただきます。
要請書提出後、役所内にて記者会見を行います。ぜひ取材していただきますようお願いします。 

要請書の概要
1.譲渡希望者に義務付けられた提出書類が多い事により譲渡の機会を損失しています。鹿児島県動物愛護センターで実施している譲渡事業と同等にしてください。
2.飼い猫や地域さくらねこに入りノネコとまちがって捕獲されています。飼いが速やかに探すことができるように「鹿児島県迷子情報サイト」への掲載をしてください。

無料不妊手術

3、ノネコの駆除を行う前に、2003年を最後に15年間行われていない全体のクロウサギの生息個体数の調を行い、結果を開してください。


参照サイト
環境省 収容動物検索情報サイト 迷子にさせてしまったら」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/shuyo/if.html

鹿児島県迷子情報サイト
http://dogcat.pref.kagoshima.jp/Search/Search_jouto

4. 平成25年度に環境省が行ったノネコの譲渡会と同様の情報開及び譲渡会の開催をしてください。

無料不妊手術あまみのさくらねこ病院

あまみのさくらねこ病院 無料不妊手術 ボランティアのお問い合わせは 
https://goo.gl/92jAqp

から殺到する無料不妊手術の依頼に資が追い付きません。
あなたのを貸してください。
益財団法人どうぶつ
さくらねこ無料不妊手術のためのご寄付のお願い
https://www.kifukara.jp/form/doubutukikin/monthly/

署名サイト Change.org 世界遺産を口実に、奄美沖縄を安易に殺処分しないでください!
(ただ今、57323筆 10万筆までご協をお願いします)
https://goo.gl/FzFSG3

ネコ管理計画の疑問点と問題点と提案 (どうぶつHP)
https://goo.gl/GLzC2P


クロウサギの生息個体数調が最後に行われた2003年以降、奄美大島で行われたノネコの捕獲はわずか13頭(ノネコ推定生息数は600-1200頭)で、ほぼゼロといっても差し支えない程度です。これはつまり、2003年から2018年7月16日までの15年間、ノネコの駆除がほぼゼロにもかかわらず、クロウサギは増え続けています。つまり、3000頭のノネコ大規模駆除、殺処分は不要であるということを示しています。

配信元企業益財団法人どうぶつ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 blogimg.goo.ne.jp)


奄美大島の猫のニュース気になっていました。
捕獲して施設で一週間の間に飼い主や引き取りてが見つからない場合は殺処分というものでした。
あまりに恐ろしい、聞きたくない話でした。

でも、目を背けずに立ち上がっていた人たちがいたのですね。
私たちも、このニュースをもっともっと話題にして考えていかなければ。