ニューヨーク郊外にあるOrphaned Wildlife Centerでは、母親を失った小グマを保護しています。同施設がYouTubeに、とてもほっこりするクマさんのブラシング動画開しています。

【動画】クマのブラッシング

 職員のスーザンが近づくのを見て、クマさんはクゥーンと鼻にかかったで鳴き出します。ブラシングを始めるスーザン。スーザンが顔に手をやると、首を持ちあげてゆったりと身を任せます。スーザンのことを母親のように慕っているんでしょうね。

 一ブラシングが途切れると、クマさんは自分からころりとあお向けになってしまいました。「おもやってよ~」と、思い切り甘えちゃっています。太股の裏側、わきのあたり、しまいには腕をすりすりしながら「ここもやって」とアピール

 ブラシングマッサージの途中で、何度か見つめ合いながら顔をなでられています。このときが、一番幸せそう。

 Orphaned Wildlife Centerは野生動物の保護を的として活動しています。そのため、ここで飼育されている子グマは大きくなると野生に戻らなければなりません。このクマさんも、いずれはスーザンとお別れするときが来るのでしょう。それを思うと少し悲しいのですが、限られた時間の中につまったせいいっぱいの情が、クマさんの一生を温かく照らすことでしょう。

気持ちよさそう


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 i.ytimg.com)


Don’t you brush YOUR bears?

(出典 Youtube)


本当に、「ク・マ・さん」って感じですねー。