tunacrabs0

 エビやカニといった甲殻類って、何考えてるかわかんないよね。そもそも何か考えてるのか? 感情とか知性とかってあるんだろうか。

 と思っているそこのキミ、もしかするとエビもカニも可愛いかもしんないじゃん、懐くかもしれないじゃん、などと思ってしまいそうになる動画が発見されたのでシェアするよ。



Curious Tuna Crabs are glad to meet a diver

 ダイバーの前にひょこっと現れたのはカニさんかな、エビさんかな。
tunacrabs1

 どうやらカニさんだったみたい。不思議そうにカメラを見ているよ。
tunacrabs2

 カニたちの前で手を広げてみる。ヒトデは好きかな? と、おやおや、カニたちはヒトデよりもダイバーさんの手に興味津々なよう。

tunacrabs3

 いっせいに近づいてきてグローブにタッチ。
tunacrabs4

「コレなに?」「アンタだれ?」「食べられる?」
tunacrabs5

 いっしょに遊んでほしかったのかな、それとも好奇心を満たしたかったのかな。あるいは美味しそうに見えたのかもしれないけれど、なんとも微笑ましくもかわいいカニたちとダイバーさんの触れ合いタイムであった。

 このカニたちはコシオレガニっていう種類なんだって。マグロなんかが良く食べるので、英語ではツナクラブって呼ばれているんだ。カニっていうよりはちょっぴりエビにも似てるよね。

 もっと遊ぼ!
tunacrabs6

 普段は深海に生息しているんだけど、エルニーニョなど異常気象の影響か、時には海岸に押し寄せてくることもあるらしい。こいつが大量に打ち上げられた様子は、以前カラパイアで特集したことがあるので、よければそちらの記事も見てほしいな。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

助手席には心強い相棒。安心して荷物運べますわ。宅配車の助手席にどてーんと座り目を見張らせる犬(イギリス)
仕掛けてきたのは犬なのに...なぜか強制退場させられる猫
子ウサギをかまいたい猫のそっと優しい肉球つんつん
巨大でモフモフ。リスのような尻尾を持ち、犬のような性格を持った猫(ノルウェー)
んじ~っ.... 飼い主に起きて欲しいハスキーのバラエティ豊かな表情と仕草がわかる5日間の記録

―動画の紹介記事―

死んだハチのまわりに花びらを集めて置いていくアリたち。お葬式をあげている?闇の儀式?その目的は?
仕掛けてきたのは犬なのに...なぜか強制退場させられる猫
風を食べて動く生命体のよう。キネティック彫刻の第一人者「テオ・ヤンセン」の今年の作品がすごかった!
子ウサギをかまいたい猫のそっと優しい肉球つんつん
ギャル曽根ならいけるのか?「カロリーゼロ理論」的にはカロリーゼロなのかもしれない9万kcal超のベーコンバーガーの作り方
なんて人懐っこいヤツらなんだ!ダイバーさん、コシオレガニに「遊んで!」と催促されてしまう


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 articleimage.nicoblomaga.jp)


カニたちがかわいく見える!!

<このニュースへのネットの反応>

かわいい……ちょっと未知との遭遇っぽくてかわいい……


なにこれ可愛い…。水族館のふれあいコーナーとかにいたらずっとサワサワしていたいww


沈んできた死体だと思ってよってきてんねんで


英語名ツナ・クラブっていうのか・・おいしそうな名前ね・・


餌だと思われてんじゃね?昔、ひさい・・・いや、やめておこう・・・