大切なペットが突然姿を消すと、簡単には諦められず「きっと見つかる」という希望を持ち続ける飼い主は決して少なくない。このほど2008年に行方不明になった猫が、奇跡的に飼い主のもとへ戻った。飼い主の決して諦めない気持ちと猫に埋め込まれていたマイクロチップの情報のおかげで、10年ぶりに再会が叶ったのである。『Metro』などが伝えている。

英ノーフォーク州グレート・ヤーマスに住むマーク・ソールズベリーさん(39歳)は、近くの農場から兄弟猫2匹を買った。しかし2008年のある日、いつものように庭に出ていた2匹を家の中に呼ぶと、1匹が戻ってこなかった。それ以来、白と茶色の子猫“ハリー”はプッツリと姿を消してしまったのだ。

マークさんは「きっとどこかの通りで今もうろついているのでは。もう2度と会えないのだろうか」と心配しながらも、やはり「いつかは見つかる」という希望を捨てることができなかった。グレート・ヤーマスからウェールズに引っ越したマークさんだが、折に触れてハリーに埋め込んであったマイクロチップの情報を更新し続けた。

それが功を奏し行方不明から10年経った今年、マークさんはついにハリーの居場所を知ることができた。ハリーは姿を消したグレート・ヤーマスから90kmほど離れたサフォーク州イプスウィッチにいたのである。

ハリーは野良猫だったのではなく、ある高齢男性のもとで飼われていたようだ。その男性が他界し、近隣住民がハリーの今後の世話を心配してイプスウィッチにある動物福祉慈善団体「Blue Cross(ブルー・クロス)」に連れてきたという。Blue Crossのスタッフがハリーを動物病院に連れて行くと、そこでマイクロチップによりハリーの元の飼い主の情報を知ってBlue Crossのメンバー、スージー・ウィンシップさんがマークさんに連絡した。

10年ぶりにハリーが見つかったという連絡を貰ったマークさんの驚きと喜びは当然だ。しかし連絡を貰った数日後には出張で日本へ旅立つ予定になっていたことから、マークさんはグロスタシャー州に住む母親キャロライン・クラークさん(63歳)に連絡し、キャロラインさんがマークさんの代わりにBlue Crossにハリーを引き取りに出向いた。

「息子から連絡を受けてハリーが見つかったと聞いた時は、信じられませんでした。戻ってきてくれて本当にうれしい。マークがハリーを飼い始めた頃、ハリーはまだ子猫だったんです。10年経った今も変わらず人懐っこくて可愛いわ。マイクロチップは本当に大切だと実感しました。ただ、通りを彷徨っている猫を見かけても野良猫だと早々に判断すべきではないと思います。ハリーのように飼い主がいて、行方不明になっているだけかもしれませんからね。」

現在、ハリーは引き続きキャロラインさんの家で飼われているようだ。このニュースを知った人からは「もとの飼い主のところへ戻れてよかった」「全ての猫にはマイクロチップをつけるべき」「亡くなった高齢者の男性、ハリーを動物病院へ連れて行かなかったのかな。獣医にマイクロチップを確認してもらえばもっと早くにマークさんのところに戻れたはずなのに」「健康状態がとても良さそうだから、きっと高齢者男性もハリーを可愛がっていたんだろうね」といった声があがっている。

画像は『Metro 2018年6月27日付「A lost cat has finally been reunited with his owners after ten years missing」(Picture: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)

《大阪地震》震度6弱の地震 もし避難になったら? ペットの飼い主が知っておくべきこと - ハフィントンポスト
ペットの同行避難は、動物愛護の観点だけでなく、放浪動物による人への危害防止や生活環境の保全という視点においても必要とみなしている。 環境省のガイドラインによれ ... ペットが迷子にならないための対策(マイクロチップ等による所有者明示). ・ドッグフードやペット関連の ...
(出典:ハフィントンポスト)


大切な家族を守るには、マイクロチップも必要かもしれません。